「総評/進撃の巨人」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

総評/進撃の巨人」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *タイトル基本データ
 
 **作品番号
 AOT
 
 **エクスパンション
 |セット名|セット番号|エキスパンション形式|セット枚数|備考|
 |[[進撃の巨人]]|S35|BP/TD|100&br()+TD限定20||
 |[[進撃の巨人 Vol.2]]|S50|BP|100||
 
 *特徴
 社会現象を巻き起こした大人気漫画のアニメ版がWSに進撃。
 
-特徴[[《兵団》]]を中心とした人類側のカードプールと、特徴[[《巨人》]]を中心とした巨人のカードプールに綺麗に分かれており、先に発売された[[テラフォーマーズ>総評/テラフォーマーズ]]とよく似た構成になっている。どちらを組んでも特徴の縛りに悩むことはまず無いだろう。
-また色分けは黄色はエレン・アルミン、緑はリヴァイ、赤はミカサが中心になっている。青のカードプールは巨人が完全に独占しており、もはやお約束というべきか枚数制限を無視したカードも収録されている。
+特徴《兵団》を中心とした人類側のカードプールと、特徴《巨人》を中心とした巨人のカードプールに綺麗に分かれている。
+また色分けは黄色はエレン・アルミン、緑はリヴァイ・ハンジ、赤はミカサ・クリスタが中心になっている。青のカードプールは巨人が完全に独占しており、定番の枚数制限解除カードも収録されている。
 
-《兵団》側はレベル0にサーチ集中の[[“城壁の彼方”エレン]]のほか、移動効果を持つ[[“切り拓く未来”ミカサ]]、[[“オカ研会長”朱音]]互換の[[“第104期訓練兵団”クリスタ]]が収録されており序盤の安定性は非常に高い。
-レベル0~2のアタッカー候補も各色にわたって優秀なものが収録されているので選択肢の少なさに悩むことは無いだろう。
-レベル3は近年のブースターにしては珍しく種類が少ないものの、チェンジ対応でCIP回復を持つ[[“運命への抗い”ミカサ]]やクロックから[[《兵団》]]のキャラをリアニメイトできる[[“運命への抗い”リヴァイ]]など、強力なものが揃っている。
+《兵団》側にはイベント[[対巨人戦用『立体機動装置』 ]]を始めとして、[[“切り拓く未来”ミカサ]]など、原作の立体機動装置を再現したバトル回避・[[移動]]効果を持つカードが多く収録されている。現環境ではキャラのリバースを条件とするカードが多く存在するので、これらに対して優位に立ち回れる。
+レベル3は数こそ少ないが、詰めから回復まで強力な効果を持つものが揃っている。
 
-また[[《巨人》]]側もカードプールこそ少ないもののこれまでの枚数制限解除デッキと異なり、しっかりレベル3が収録されているので十分に実用的なデッキを組むことができる。[[“立ち塞がる脅威”巨人]]のおかげで比較的手札も維持しやすい。
-特に[[“巨大な体軀”超大型巨人]]は豪快な効果を持っており、他のデッキとはひと味違ったゲームが楽しめるだろう。
+巨人側は高パワーを誇るカードが多く収録されている。
+また青中心のカードプールであることから、アタック封じ・ソウル減少を持つカードも多く、強固な盤面を築くことができる。
+
+Vol.2の追加では、前弾のカードとシナジーを持つカードが多く収録された一方で、新たなレベル3も複数収録されており、デッキ構築の幅が広がった。前弾に比べると効果の対象に縛りが課せられたカードも多いので注意したい。
+《巨人》側は青に加えて赤にもカードプールが拡大。
+新たにレスト集中や詰め能力を持つカードも登場したので、《兵団》側とも遜色のないデッキ構築が可能となった。
 
 *主なデッキタイプ
 **[[【兵団デッキ】]]
-人類側を中心としたデッキ。
-上記の通り各色に優秀なカードが存在しているので幅広いデッキタイプが考えられるが、どのレベル3を採用するかによって使う色が分かれるだろう。
+特徴《兵団》を持つ人類側を中心としたデッキタイプ。幅広いカードプールから多種多様な構築が可能である。
+
+**【巨人デッキ】
+特徴の《巨人》を持つ巨人側を中心としたデッキタイプ。
 
-**【巨人軸】
-巨人側を中心としたデッキ。
+----
 
-*コメント欄
 #comment_num2(log=コメントログ【総評進撃の巨人】001,num=20)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。