※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

備忘録[2006-03-18]


第二希望AF

ポイントの管理

ポイントの自己管理

  • 締め切りの時間に管理者が告知。「今いる人は○点です」
  • 告知に従って自己管理。サチコメにも記載。

ポイントの扱い

  • 希望時の優先順位判定には、前回取得までのポイントを使用。
  • 第二希望取得時にクリアされるポイントは、当日分も含む。

当日のポイント管理

  • [決定]突入前に、管理者が該当ジョブごとに希望を聞き取り。
  • [決定]各自挙手し、自己ポイントを報告する。
  • [決定]管理者は報告ポイントの正誤チェックを行う。
    • ある程度は管理者側の負担軽減になる。

希望者がいないAFの取り扱い

基本的な考え方

  • 第二希望を取り入れても、希望者がいないAFをどうするか。
    • 少しでも需要のあるところにAFを流したい。
  • [結論]当面はフリーロットとする。
    • 現行では無闇なロットを控えてもらっており、有効に機能している。
    • フリーなAFがどの程度発生するか未知数。
    • 複雑にしすぎると、管理しきれるか疑問。周知も困難。
  • [結論]第二希望制度を導入してから様子を見る。
    • 問題になりそうであれば、改めて検討。

ロットの権利

  • 当日第一または第二AFを取得した者もロット可能。
  • 新規参加者の初日であってもロット可能。
  • 当日フリー分を取得した者はどうするか(議論無し)

システム的に制限を行う場合の参考例

  • 余剰AFはフリーロット。
  • 取得者は、2pt程度のポイントを払う。
    • 無闇なロットの抑制機能となる。
  • AF取得等により、当日ポイントがない場合
    • その場合に限り、借金ポイントを認める。
    • 借金の上限や、回数制限等は要調整。
  • ポイント消費を嫌って誰もロットしない場合は、流し。

遅刻によるポイントの格差

  • リアル事情で、毎週どうしても20時集合ができない場合の取り扱い
    • 第二希望のポイントがたまりにくい。
    • モチベーション低下につながるのではないか。
    • ルール変更に伴って脱退もあり得る。
  • [結論]リアル事情の遅刻者が不利になることはやむを得ない。
    • そもそも20時集合が原則。
    • 定刻に集合してもらうことを促す意味もある。
    • 第二希望AFは、あくまでご褒美。

ポイントの管理責任者

  • [結論]ポイント管理は、ゆいとさんが中心。
    • 軌道に乗ったら、いずれは適任者に引き継ぐことも必要か。
  • [結論]出席状況の記録補助はVが行う。
    • 第一順位はWrx。以下、部隊内でフォロー。
    • ログ(SS等)をゆいさんに提出。
    • ゆいさんが次回の裏までに整理。
  • [結論]第二希望のとりまとめはHが行う。

導入スケジュール

  • 次回裏までに草案決定。
  • 3/25には草案発表。
  • 4月からの導入を目指す。

その他

LSリーダーについて

  • カイルさんがリーダーに復帰したことを知らないメンバーもいそう。
    • 混乱を招く恐れあり。
  • [結論]再来週以降、全体で周知。部隊でもしっかり周知を。

新規募集について

  • 新規加入の希望あり。現在は新規募集を行っていない。
    • 正確には、過去のメンバー。
    • 判断はLSリーダーに一任でよい。
    • [結論]加入おk。

Pの組織改正

  • 部隊内で責任者を明確にすることは必要だが、責任が集中すると負担大。
  • Pの部隊リーダーを廃止。
  • 当面、カイルさんがPの仕切り役。
  • 補佐役を数名専任。
  • 実質的な仕切りは、補佐役が行う。

ザコ処理の手順

  • [結論]将来的には、2系統のザコ処理を目指す。
    • S,Pの人数が多いことが条件。
    • 2ターゲッター制を念頭に置いて準備しておく。

修正などありましたらどぞ|・ω・|

  • 結局、リアル都合による遅刻救済はしないことにしたんでしたっけ?カイルさんがなにか案があるような話があったような気もします -- ちょびん (2006-03-20 13:46:55)
名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー