つきやまさんのデータ置き場

オペレーター(職業)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仮作成 いろいろツッコミとかいただけると有り難いです。
初期職業としてはこんなもんかなと思うのですがもうちょっと載せても数値的には問題ないんでしょうが。

部品構造


  • 大部品: Root RD:7 評価値:4
    • 大部品: オペレーター RD:7 評価値:4
      • 部品: 機器の操作
      • 部品: 通信をになう
      • 部品: 即時性
      • 部品: お耳の恋人
      • 大部品: 周辺設備 RD:3 評価値:2
        • 部品: 通信装置
        • 部品: 情報解析装置
        • 部品: 通話装置



部品定義


部品: 機器の操作

ここでいう機器とはおおむね通信装置のことである。指揮官のいる司令本部で各自がおのおののコントロールパネルに対峙しそれぞれの手元を操作しながら各部署へ情報伝達を行う様を「機械の操作に特化した仕事」と表現したものであろう。もちろん本分は操作ではなく目的である「情報伝達」にある。

部品: 通信をになう

一軍を全体で大きな生き物に例えるとすれば、オペレーターすなわち通信士は脳からの指令その他情報を各部に伝える神経のようなものである。全体行動にそぐわない各小隊の動きはそれが局部でどれほど優れた戦果を上げようとも、全体での勝利に寄与することは難しくなる。

部品: 即時性

任務行動中の部隊に戦場の状況、敵の位置や行動、指揮官の指示を知らせ刻々状況把握のアップデートをさせることで、任務遂行の難易度を下げることを可能にする。

部品: お耳の恋人

任務単位との通信は通常音声で行われ、それが過酷な戦場に在る兵士にとっての心の支えになることも多い。美声、ちょっとした気遣いによる「配慮」を感じさせる、軽い雑談によるリラックス効果をもたらすことに長ける者はお耳の恋人と呼ばれ、またそれを自称するオペレーターもいる。この際性別は関係ない。

部品: 通信装置

敵味方の間で通信妨害が行われることは日常茶飯事であり、高いセキュリティ対策が求められる。また、受信設備はより過酷な環境に置かれるため取り扱いと携帯の簡易性、ノイズキャンセル性能も求められる。

部品: 情報解析装置

敵味方の戦術単位の位置、被害、進行方向と速度など戦闘全体の情報を集積し把握できるレベルに解析して表示を行う装置。オペレーターの機能発揮には欠かせない。規模によってはシミュレート機能も持たせることができるが、処理スピードは処理能力に依存するため、バックグラウンドの計算機能力次第である。

部品: 通話装置

オペレーターは手元で各種解析情報を表示し、切り替え、また通信対象を切り替えるなど忙しく操作を行わなければならないため、通話装置はヘッドセットなど手を塞がない状態で用意されることが多い。



提出書式


 大部品: Root RD:7 評価値:4
 -大部品: オペレーター RD:7 評価値:4
 --部品: 機器の操作
 --部品: 通信をになう
 --部品: 即時性
 --部品: お耳の恋人
 --大部品: 周辺設備 RD:3 評価値:2
 ---部品: 通信装置
 ---部品: 情報解析装置
 ---部品: 通話装置
 
 
 部品: 機器の操作
 ここでいう機器とはおおむね通信装置のことである。指揮官のいる司令本部で各自がおのおののコントロールパネルに対峙しそれぞれの手元を操作しながら各部署へ情報伝達を行う様を「機械の操作に特化した仕事」と表現したものであろう。もちろん本分は操作ではなく目的である「情報伝達」にある。
 
 部品: 通信をになう
 一軍を全体で大きな生き物に例えるとすれば、オペレーターすなわち通信士は脳からの指令その他情報を各部に伝える神経のようなものである。全体行動にそぐわない各小隊の動きはそれが局部でどれほど優れた戦果を上げようとも、全体での勝利に寄与することは難しくなる。
 
 部品: 即時性
 任務行動中の部隊に戦場の状況、敵の位置や行動、指揮官の指示を知らせ刻々状況把握のアップデートをさせることで、任務遂行の難易度を下げることを可能にする。
 
 部品: お耳の恋人
 任務単位との通信は通常音声で行われ、それが過酷な戦場に在る兵士にとっての心の支えになることも多い。美声、ちょっとした気遣いによる「配慮」を感じさせる、軽い雑談によるリラックス効果をもたらすことに長ける者はお耳の恋人と呼ばれ、またそれを自称するオペレーターもいる。この際性別は関係ない。
 
 部品: 通信装置
 敵味方の間で通信妨害が行われることは日常茶飯事であり、高いセキュリティ対策が求められる。また、受信設備はより過酷な環境に置かれるため取り扱いと携帯の簡易性、ノイズキャンセル性能も求められる。
 
 部品: 情報解析装置
 敵味方の戦術単位の位置、被害、進行方向と速度など戦闘全体の情報を集積し把握できるレベルに解析して表示を行う装置。オペレーターの機能発揮には欠かせない。規模によってはシミュレート機能も持たせることができるが、処理スピードは処理能力に依存するため、バックグラウンドの計算機能力次第である。
 
 部品: 通話装置
 オペレーターは手元で各種解析情報を表示し、切り替え、また通信対象を切り替えるなど忙しく操作を行わなければならないため、通話装置はヘッドセットなど手を塞がない状態で用意されることが多い。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "Root",
     "description": "Default Root",
     "type": "group",
     "validation": {},
     "children": [
       {
         "title": "オペレーター",
         "description": "Default Root",
         "type": "group",
         "validation": {},
         "children": [
           {
             "title": "機器の操作",
             "description": "ここでいう機器とはおおむね通信装置のことである。指揮官のいる司令本部で各自がおのおののコントロールパネルに対峙しそれぞれの手元を操作しながら各部署へ情報伝達を行う様を「機械の操作に特化した仕事」と表現したものであろう。もちろん本分は操作ではなく目的である「情報伝達」にある。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "通信をになう",
             "description": "一軍を全体で大きな生き物に例えるとすれば、オペレーターすなわち通信士は脳からの指令その他情報を各部に伝える神経のようなものである。全体行動にそぐわない各小隊の動きはそれが局部でどれほど優れた戦果を上げようとも、全体での勝利に寄与することは難しくなる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "即時性",
             "description": "任務行動中の部隊に戦場の状況、敵の位置や行動、指揮官の指示を知らせ刻々状況把握のアップデートをさせることで、任務遂行の難易度を下げることを可能にする。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "お耳の恋人",
             "description": "任務単位との通信は通常音声で行われ、それが過酷な戦場に在る兵士にとっての心の支えになることも多い。美声、ちょっとした気遣いによる「配慮」を感じさせる、軽い雑談によるリラックス効果をもたらすことに長ける者はお耳の恋人と呼ばれ、またそれを自称するオペレーターもいる。この際性別は関係ない。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "周辺設備",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "通信装置",
                 "description": "敵味方の間で通信妨害が行われることは日常茶飯事であり、高いセキュリティ対策が求められる。また、受信設備はより過酷な環境に置かれるため取り扱いと携帯の簡易性、ノイズキャンセル性能も求められる。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "情報解析装置",
                 "description": "敵味方の戦術単位の位置、被害、進行方向と速度など戦闘全体の情報を集積し把握できるレベルに解析して表示を行う装置。オペレーターの機能発揮には欠かせない。規模によってはシミュレート機能も持たせることができるが、処理スピードは処理能力に依存するため、バックグラウンドの計算機能力次第である。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "通話装置",
                 "description": "オペレーターは手元で各種解析情報を表示し、切り替え、また通信対象を切り替えるなど忙しく操作を行わなければならないため、通話装置はヘッドセットなど手を塞がない状態で用意されることが多い。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]