WAD差し替え


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





Auto Injectuwad Injectorを用いた差し替え

必要なもの

  • Homebrewが起動可能な環境(*.elfが起動できる環境)
  • FileSystem Dumper
  • Auto Injectuwad Injector
  • common-key
  • 差し替えるファイル(ROMや*.dol等)

1.

Auto Injectuwad Injectorと同じディレクトリにWADファイルと
差し替えたいROMやdolファイルそしてcommon-key.binを用意します

2.

Auto Injectuwad Injectorを起動します
Console Modeから任意に選択
PickRomとPikuWadからそれぞれファイルをクリックして選択
Custom Injected Channel Titleに任意の文字を入力
※日本のWiiではこの項目は反映されません
最後にStartを押すと完了です
以下のファイルが作成されます
000000**.app
HB-*.*.wad
InjectorLog.txt
sha1out.txt
title.cert
title.tik
title.tmd

3.

実行時エラー '5':
プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。
このようなエラーが出る事があります
その場合は
*_inject.bat
が作成されていると思うので実行してください



VC(バーチャルコンソール)のROM差し替え

必要なもの

  • Homebrewが起動可能な環境(*.elfが起動できる環境)
  • FileSystem Dumper
  • Virtual Console Extractor
  • WAD Installer
  • ショッピングチャンネルで購入したVC
  • 差し替えるROMファイル
  • バイナリエディタ
  • SHA-1ハッシュ値を計算できるツール

1.ファイルの準備

まずWADパッキングするためのファイル群
********.APP
TITLE.TMD
TITLE.TIK
TITLE.CERT
を準備します
00000005.APPのSHA-1ハッシュ値を調べTITLE.TMDをバイナリエディタで開き
アドレス2A8-2BBと同一である事を確認しておきます

2.00000005.APPの展開

Virtual Console Extractorを使い00000005.APPを展開しromを探します
まず00000005.APPをVirtual Console Extractorと同じフォルダにコピーし
Virtual Console Extractorを実行します
00000005.APPと入力しエンターを押すと展開が始まります
romという拡張子のないファイルがあるはずです
それがVCのROMファイルとなります

3.00000005.APPからromの格納されているアドレスを探す

00000005.APPとromをそれぞれバイナリエディタで開き
romの先頭バイナリ何桁かを00000005.APPから検索します
見つかったらアドレスをメモしておきます

4.00000005.APPにROMを上書き

3でメモしたアドレスから差し替えるROMを上書きします
この時差し替えるROMは00000005.APPに格納されていたromよりもサイズが小さくなければいけません

5.TITLE.TMD内のSHA-1ハッシュ値を書き換える

1で確認したTITLE.TMD内の00000005.APPのSHA-1ハッシュ値を書き換えます
TITLE.TMD内のROM差し替え前の00000005.APPのSHA-1ハッシュ値を
ROM差し替え後のSHA-1ハッシュ値に書き換えます

この時必要であればチャンネルIDも書き換えます
チャンネルIDはTITLE.TMDとTITLE.TIK内にある4文字のアルファベットと数字です
それぞれを任意の同じ文字列に書き換えるとチャンネルIDを変更できます

6.WADファイルを作成する

通常通りWADファイルを作成します
途中でエラーが出る場合5の作業でミスをしています
後はこの作成したWADファイルをインストールするだけです




Injectuwadを用いた差し替え

必要なもの

  • Homebrewが起動可能な環境(*.elfが起動できる環境)
  • FileSystem Dumper
  • common-key.bin
  • Injectuwad
  • VCなどのWADファイル
  • 差し替えるファイル(差し替えたいSNES・N64・TG16のROM、homebrewのdol)

1.

保管庫などからDLしたInjectuwadを解凍し、
出てきたフォルダをC:\などに移動。
Injectuwadとおなじディレクトリに、WADファイル、差し替えるファイル、common-key.binを入れる。
このとき、ディレクトリやWADファイルの名前は、簡単にしておくとよいです。

2.

コマンドプロンプトを起動して、Injectuwadのディレクトリに移動(例:cd c:\injectuwadv2.3\)
次のように入力します。
injectuwad [差し替えるファイル名] [WADファイル名] [モード指定] n
モード指定には、
  • 1 SNES(スーファミ)
  • 2 N64
  • 3 TG16
  • 4 Homebrew(dol)
のいずれかの数字を入力してください。
(例:injectuwad zelda.z64 mario.wad 2 n)

3.

wadtoolが起動されるので、
“Decrypt”選んで、WADファイルを選択します。
この作業には少し時間がかかり、ソフトがフリーズするように見えますが、
作業は続いているので、待っていてください。(あまりにも遅いのならフリーズしてるかもしれませんが・・・)

作業が終われば、wadtoolに情報が表示されます。
このとき、Injectuwadのディレクトリに、
複数のInjectuwadv2.00*.desというファイルがなければ、C:\などに出ていたりするので、
Injectuwadのディレクトリに移動させてください。

Injectuwadのディレクトリにdesファイルがある状態になったら、wadtoolを閉じてください。
コマンドプロンプトに戻って、作業が進行されます。

4.

文字がたくさん出てきた後、bannertoolが起動されます。
バナーが必要な場合は設定してください。(必要ない場合はそのまま閉じてよいです。)
チャンネル名はここで設定できるのですが、日本のWiiには対応していないようです。

設定が終わったら、bannertool閉じてください。
コマンドプロンプトに戻って、作業が進行されます。

5.

“All done!”と表示されれば完成です。
「VC-*****.wad」などのファイルができていると思うので、これをWiiにインストールすればよいです。

カウンタ

今日: -
昨日: -
合計 -

更新履歴

取得中です。

最近のリンク元

申し訳ありませんが、recent_ref プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。