wicketのタグ一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<wicket:link>

<head>内で
<wicket:link>
    <a href="...">hoge</a>
    <img src="..." />
    <script src="..."></script>
</wicket:link>
 
中のリンクを自動的に処理してくれる。自分自身へなら、リンクをはずす。

<wicket:panel>

Panel作成時に、panelとして再利用する範囲を指定する。

<wicket:fragment>

Fragmentとして使う範囲を指定する。

<wicket:child>

Pageを派生したときに派生クラスの<wicket:extend></wicket:extend>の内容が展開される位置を指定する。

<wicket:message>


<wicket:remove>

HTML生成時には使いたくない部分を指定する。
<wicket:remove>で囲まれた範囲は、ページのHTML生成時には出力されない。

<wicket:head>

Panelを作成しているときやページを派生したときなどで、<head>要素に出力してほしいものを指定する。
例:パネルで
<head>
 <wicket:head>
 <link ... />
 <script .../>
 </wicket:head>
</head>
 
などとすると、このパネルを使用するページの<head><wicket:head>で囲んだ部分が追加される。

<wicket:header-items />

<wicket:head>で指定したものが展開される位置を指定する。6.15+から。

<wicket:enclosure child="制御されるid">

制御されるIDのコンポーネントの可視状態によって、<wicket:enclosure>で囲んだ範囲が見えるかどうか制御される。