※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アリアの歴史

 精霊を『アリア』と呼んでいたのは、古代での事。

 アリアは、大地のものであり純粋なエネルギーである。
 それは確かに優れたものだが、崇め奉ったところで何があるものでもない。
 枯渇すれば大地は枯れ、増えれば大地は潤うが、だからといって神ではない。

 ニュークリアスは、その頃に用いられていた兵器である。

 しかし利便すぎる道具たちは破壊を招いた。

 大地は荒れ、更にアリアの枯渇により枯れ果て、人は絶滅の危機に瀕した。

 彼らはこのような事態が招かれる事は二度とないようにと、
 アリアが大切に扱われるための仕来りを決めた。

 時代が流れると共に、それがいつしか『信仰心』という名の規制に
 利用されるようになり、宗教と化すようになった。

 その宗教を行う者だけがアリアを使う事を許され、人を支配するための力を得た。


適合とコンタクト

 『コンタクト』という名のその儀式は、アリアを体内に取り込んで己の力とするものである。
 それは、アリアを喰らうニュークリアスと、実際の所は全く変わらない。

 ニュークリアスの適合者も、神官も、アリアを取り込むため
 それに相応する精神力が必要となってくる。
 精神力の足りない者は、発狂するか廃人となってしまう。

 特にニュークリアスは、アリアのエネルギーを何倍にも増幅させる回路を持っているため
 必要とされる適合力は、神官たちの何倍も必要となる。

 帝国兵に存在するレプリカたちは、増幅回路が甘くなっている。
 そのため、ニュークリアスほどの適合力は必要とされず、
 専用のドラッグさえ常用すれば誰でも適合することができる。
 ただし、肉体に掛ける負担は大きく、ドラッグ常用者はいずれも短命な運命だ。