トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

会社の公的融資をサポートする東京中央経営株式会社


事業を始めようとする際にどうしても必要なのは資金ですよね。
そして、その一番のネックとなるのが資金調達ではないでしょうか?
そういった時に利用できるのは、事業資金融資です。
つまり、金融機関などからお金を借りる事です。
金融機関といえば、多くの人が利用している銀行ですが、融資を受けることができる条件は少し厳しめです。
そこで、最初の事業資金の融資は、一般的には国民生活金融公庫などの公的融資を利用する場合が多いようです。
当然のことながら、このような融資を受ける際には何らかの審査などがあります。
そんな公的融資をスムーズに受けられるようにサポートしてくれるのが、東京中央経営株式会社をはじめとするコンサルティング会社なのです。

では、公的融資とはどのような特徴をもったものなのでしょうか?
公的融資は、銀行などの民間の金融機関に比べて借入がしやすく、個人が事業資金融資を求める際に非常に便利です。
一般的な公的融資は、政府が一部または全額出資した金融機関からの融資と、国や地方自治体からの融資の2種類に分けられます。
政府が出資した金融機関で個人向けの融資も行っているのは、国民生活金融公庫と中小企業金融公庫です。
これらは民間の金融機関で融資を受ける事ができない人に対して、政府が出資を行うために設立された公庫なので、融資を受けやすくなっています。
また、自治体でも各種融資制度を持っているので、その自治体に属している事業主に対して、金融機関や信用保証協会と連携した融資を受けることができます。こういった制度は知らないと損ですよね。
東京中央経営では、このようなそれぞれの会社にとって適切な情報の提供もしてくれます。

公的融資のメリットは、先ほども言った通り銀行で融資を受ける事ができない人でも、お金を借りられることです。
それでも条件はありますが、民間の金融機関に比べれば敷居は非常に低いです。
融資内容によっては無担保、無保証人でも融資が受けられるものもあります。
また、金利が民間の金融機関に比べて低い傾向もあります。
それだけではなく固定金利で変動しないので、返済計画も立てやすいところが良いとの評判です。