メッキ磨きの失敗談


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイクいじりが好きな友人の話ですが、
メッキ、それもクロームメッキをカスタムパーツなどでよく使っている、すごく輝くメッキが有りますよね。
で、メッキって、バイクや車を外とかにおいているとメッキが白くぶつぶつした汚れみたいのが浮いてきます。

で、ワックスつけて思い切り磨いていたんですが、それは駄目なんだそうです。
メッキの皮膜を剥がしてしまうことになるんだそうです。
たしかに、それで、クロームメッキの汚れは落ちなかったそうですから。

あとから知ったんだそうです。
クロームメッキは、磨くというよりもコーティングするような感覚でケアしないと駄目だそうです。

よくクリーナーやワックスでそのサビのようなものを取ろうとしていたんですが、間違いでした。
クロームメッキって、トラックやバイクなんかのパーツに使われているし、きれいです。

ホイールにも使われていたりします。で、こういう情報って、知っておくと全然違いますよね。
メッキはコーティングすることで、ステンレス並みになるともいいますからね。

ってことで、メッキングというのがクロームめっき磨きにはおすすめだって教えてもらったんです。
参考:http://www.xn--w8jvkf4fygg6fzf4546e.com/