あらすじ

カナミ、レイヴンとして、すくすくと上達中!
ミッションはレンナからのOKが出てからでないと禁止。
牧場のPCに謎のメールが着信。何か依頼が入っているようだった。

第十話 罠

「え、依頼を受けた?!」
レンナは驚いた。自分の許しも無いのに、カナミが依頼を受けてしまったからだ。
それは、ある一通のメールが原因だった。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

From:レイヤード○○シティガード
To:寺杷

こちらレイヤード○○シティガード。我々の町に、謎の生物兵器が侵入している。
幸い生物兵器の進入に気づくのが早く、住民はシェルターへと進入し、被害者はゼロだ。

だがしかし、生物兵器の攻撃力は高く、奴らの吐く酸はシェルターの装甲さえも溶かそうとしている。
我等も撃退しようと奮闘したが、彼らを無力化する事はかなわず、仲間も数名殉職してしまった。

我々は奴らを許す事はできない。だがしかし、我々ではどうする事もできない。
そこでレイヴンに彼らの駆除を依頼する事にしたのだが、
我々の町からはあなたのガレージが一番近い事もあり、あなたに依頼をする事にした。

緊急の依頼だ。
頼む、我々を、そして我々の町を救ってくれ。

成功報酬:50000C

――――――――――――――――――――――――――――――――――

カナミはそのメールに目を通すと、いてもたってもいられず、
すぐにレイヴンズアークのレンナへ通信を通すと、出撃してしまった。
「どうして私の許しが無いのに!」
レンナはカナミに激昂を飛ばす。
『ごめんなさい。でも、何もしないなんて出来なかったの。これを見て。』
そこで初めてレンナは、カナミ宛ての依頼メールの内容を見る。
さすがのレンナも、これにばかりは口を出すことができなくなった。
「仕方ないわね、、。だけどこの依頼、レイヴンズアークを通してないわね。」
レイヴンズアークを仲介しない依頼、それはレイヴンズアークへの裏切りを意味する。
だがしかし、○○シティのガードはアークを介する時間もなく、仕方なくカナミに直接依頼を申し出たようだった。
「私も鬼じゃないわ。この事は、アークには黙っておいてあげる。」
アークを裏切るという事は、カナミはアークからの粛清対象になり、
アークの全レイヴンから首を狙われる状況になる。レンナはカナミにそんな立場になってほしくなかった。

カナミのAC、INNOCENTが作戦領域に到達する。
「メインシステム、戦闘モード起動します。」
カナミがこの音声を聞くのは、試験の時に続き、二度目だ。
ついに本当の実戦、カナミはそう思うと、試験の時の恐怖がこみ上げてきたが、
人々を早く救いたいという気持ちが、恐怖に対して一歩踏み出そうという勇気を湧かせていた。
「護衛対象を最優先に行動して。護衛対象はこれよ。」
レンナがINNOCENTにMAPデータを送信する。
INNOCENTの頭部COMがMAPデータを受け取り、オートMAP機能がそれを保存していく。
すると、コクピットのディスプレイに街の地図が映り、DEFFENCE TARGETという印がシェルターに表示される。
カナミはそれを確認すると、すぐさまACを移動させ、シェルターへと向かう。

シェルターの前には、何匹もの生物兵器が散乱していた。
『なんなの、、これ?』
カナミが生物兵器の姿を見て、思わずつぶやく。
「AMIDA。キサラギの生物兵器よ。」
レンナがそれの正体をカナミに教える。
カナミはどうしてレンナがそんなものを知っているのか疑問に思ったが、
先に街を救わなくてはと、AMIDAへ攻撃を開始した。

「キシャァァ、、、ン」
AMIDA達はカナミのACに抵抗したが、
さすがにACには分が悪かったようだ。みるみるその数を減らしていく。
だがしかしその時、まったくの予定外の事が起きる。
「北に熱源を確認。ACのようね。アークの機体ではないわ。何をしに現れたのかしら、、。」
レンナはすぐさまそのACへと連絡をとる。
「現在、我々レイヴンズアークのレイヴンがこの領域で作戦行動を行っています。
 あなたにそれを妨げる意思が無いのなら、直ちにこの領域から離脱してください。」
、、、返事はない。
レンナが続けて警告を呼びかけるが、そのACはついにINNOCENTに向かって発砲してきた。
「どうやら交戦の意思があるようね。無理に相手をする必要はないわ。
 残り少ないAMIDAを先に倒して、すぐに帰還しましょう。」
『わかりました。』
カナミは了解すると、ビルの陰に隠れながら器用にAMIDAを駆除していく。
数秒後、特に被害もなく、AMIDAを全て駆除する事に成功した。
「やるわね。すぐにここから離れましょう。」
カナミがそこから離れようとすると、敵ACはシェルターに攻撃をし始めた。
『なにやってるの?!』
カナミは怒りの声をあげた。すると、
「貴様が私と戦わないというのなら、私はこのシェルターを破壊するまで。
 貴様に拒否権は無いのよ。」
返事があった。どうやら、女のようだ。
『どうしてそんな事を?』
カナミが女に問いかける。
「貴様の実力を見たいだけ。ま、見るだけでなく、殺すつもりでもあるんだけどね。」
そう言うと、敵ACは再び襲い掛かってくる。
カナミはやむを得ず、応戦した。

INNOCENTの武器の弾と、敵ACの武器の弾が交差していく。
二機のACは互いにほぼ同じ機動性をほこり、距離を縮めもせず開きもせず、
一定の距離での撃ち合いを展開していく。
「なかなかやるわね。でも、このままだと私の勝ちね。」
女が自信満々の言葉をカナミに投げかける。実際、カナミは今圧倒的に不利であった。
近~中距離において抜群の効果を発揮する武器、アサルトライフルが敵ACには二丁。
INNOCENTが装備していたのはそれに対してエネルギーマシンガンだった。
近距離では他の追随を許さないマシンガンだが、敵に距離を離されると圧倒的に無力になるのが弱点であった。
そして、敵ACの機動性はINNOCENTとほぼ同じかそれ以上、距離を詰める事はできなかった。
女が高笑いをあげながら、INNOCENTに銃弾を浴びせていく。
『どうしたら、、。』
四苦八苦しながら回避していると、カナミはあるものに気がついた。
『あれは、、。』
カナミはすぐさま、退避行動をとる。
「逃がさないわ。」
そんなカナミを女が追いかける。
「逃げても無駄よ。逃げ切れるはずがないし、隠れられる場所もないわ。」
女の言葉どおり、この街にはビルは多かったが、隠れる場所はまったくと言って無かった。
ゲートはいくつかあったが、ゲートを戦闘中に開ける余裕もなく、
ビルの陰は回避には使えても完全に逃げ切るのには効果が無かった。
「いつまでそうしているつもり?!イラつくわね!!」
『今だ!!』
INNOCENTが急に振り返り、あらぬ方向へ弾を飛ばす。
「なにをしてる、、、ッ?!」
女が気づいた時には既に遅く、工事中のビルが、支える柱を破壊され敵ACの上へと崩れて行く。
ビルの残骸は敵ACの脚部を捕まえ、敵ACはうつぶせに倒れる形となり、背中を完全にカナミに捉えられてしまう。
『勝負あり。』
カナミがエネルギーマシンガンの銃口を敵ACのコクピットへ向け、投降を女に呼びかける。
「殺せ!でなければ、私はお前を殺す!!」
女は、カナミが一番されたくない返事をしたのだった。

沈黙がいつまで続いただろうか。カナミには永遠に感じられただろう。
だがしかし、その動揺を女は見逃さなかった。
「甘いわね!」
女のACは上半身だけを背中に向け、両腕のアサルトライフルをINNOCENTに連続で発砲。
発射された弾はINNOCENTの右ひじの関節部分に直撃し、そこから下が吹き飛んでいく。
「右碗部破損。」
INNOCENTが衝撃を受けた反動で体勢が整わぬうちに、敵ACはブースターでビルの残骸から脱出しながら、
アサルトライフルの弾をコンスタントにINNOCENTに当てていく。
みるみる削られていくINNOCENTの装甲。
APが10%を切り、もはや戦闘不可能に近いダメージを負ってしまう。
「カナミちゃん!」
レンナはカナミに大声で呼びかけるが、どうやら気絶しているようだった。
「これでトドメね。」
女のACがアサルトライフルの銃口を、INNOCENTのコクピットへ向ける。
さきほどの状態から、完全に立場が逆転した。
「さようなら。」
アサルトライフルから銃弾が放たれる。

その瞬間、どこからともなく何かが飛来、発射された弾を遮る。
それは、AC用のエクステンションシールドのようだった。
レンナがINNOCENTから送られてくる映像を確認すると、そこには重量二脚の漆黒のACが立っていた。
「なんで邪魔するんだよ!!」
女がそのACへ通信を送る。どうやら女の仲間らしかった。
「感染体No.00、No.02の安全を確認したら、No.02と共にすぐに帰還しろ。余計な行動はするなよ。」
彼らへと送られた命令のような通信が、レンナにも聞こえてくる。指揮官だろうか。
「レイヴンズアークのオペレータへ。今回の依頼の件については彼女がやった独断行為である。
 我々が行った契約違反行為ではない故、申し訳ないが、水に流して欲しい。」
どうやらカナミの受けた依頼は、ACに乗っていた女が仕掛けた罠だったようだ。
それを水に流せとは、なんとも虫の良い話である。
だがしかしカナミとレンナもアークに対して秘密裏に行ったミッションであった為、彼らを追及する事はできなかった。
「チッ、、悪運の強い奴ね、、。」
女は不機嫌そうにそう言うと、漆黒のACと共に帰還していったのだった。
「助かったみたいね、、良かった、、、。」
レンナは安心し、ホっと胸をなでおろした。

「気がついた?」
カナミが気がつくと、そこは寺杷牧場の自室のベットだった。
レンナが介抱したらしく、いつの間にかカナミは包帯を巻かれ、パジャマを着ていた。
「なんとか生きながらえたわね。」
『あの、、どうして、、、。』
カナミはレンナに自分が生きながらえた理由と、その後の事を聞いた。
あの依頼はカナミに対しての罠であり、報酬は受け取れなかった事、
そしてそもそもあの場所は、人類がレイヤード時代に地殻変動を理由に閉鎖された区画で、
○○シティなど元から存在していなかった事が後にわかった事。
『そっか、、騙されちゃったんだ。』
カナミはなぜそんな事を自分がされたのかが、まったくわからなかった。

「さて、カナミちゃんも もう大丈夫そうだし、私はそろそろアークの本部に戻るわね。」
レンナはそう言うと、その場を立ち去ろうとしたが、カナミはレンナの服の袖を掴み、それを阻んだ。
『あの、行かないで、、。』
カナミはレンナの腕にしがみつく。
「どうしたの?」
『一人になると、怖いから、、。』
今回の戦闘は、カナミにとっての本当の初めての実戦だった。
それも、本気で自分を殺そうとしてくる相手と戦い、死ぬところだった。
カナミは戦闘が終わった今、その時の恐怖が蘇ってきたのだった。

レンナは、すっかり弱弱しくなったカナミを、そっと抱き寄せた。
「やっぱりまだまだ子供ね。」
レンナが思わずそう言うと、カナミはレンナの胸に顔をうずめ、恥ずかしそうにそれを否定した。

夜は更けていた。今日は帰れないかな、とレンナは思った。
カナミを脇にかかえ、レンナが言う。
「何か、お話してあげようか。かなみちゃん。」
カナミは今まで知りたかったレンナの事を、聞こうと思った。
『レンナさんの昔の話が聞きたいな。』
「昔って、レイヴンの頃とかの?」
『うん。いろいろ。』
レンナは少し困った顔をしたが、再び優しい顔になり、語り始めた。
「私はね、キサラギの幹部の娘だったんだ。」
『キサラギって、あのキサラギ?』
「そう。
 だけど私は、キサラギのやり方、父のやり方が気に入らなかった。
 だから、家出をしてしまったんだけれど、その時レイヴンに拾われてね。
 私と彼は、恋仲になった。だけど彼は殉職してしまったの。
 後から知った事だけど、運命って皮肉ね。彼は、キサラギの専属レイヴンだったんだって。」
そう語るレンナの瞳は、悲しみに満ちた色をしていた。
多くは語らなかったが、壮絶な人生であった事、どれだけそのレイヴンを愛していたかを、瞳が語っていた。
「彼だけ死んで、ACだけが残ったわ。それからは、かなみちゃんと似てる。
 私は、彼の生きた証をこの世から消したくなくて、彼の名と彼のACでレイヴンを続けた。
 MTに乗ったことも無かった私だけど、なんとか生き残ってこれたわ。
 ただ、生き残っていく事はできても、借金が増えていき、ついに、、。」
『ついに?』
そこでレンナの語るペースがいったん止まったが、再び語り始めた。
「ついに、この身をとある研究機関に売り渡さなければならない状況になったの。
 そこで私は、強化人間手術というものの実験を受ける事になったわ。
 だけど、私は手術を受けずに済んだ。
 なぜならその研究機関はキサラギの傘下で、父の管轄だったから。
 私は大嫌いな父に命を助けられ、借金はキサラギが払ってくれたわ。
 その代わり、私はキサラギ専属のレイヴンへなる事になった。主にしたのは、とある研究所の警備。
 でも、私はその研究所でしていた研究や実験の内容を知らなかった。」

「専属になってから、三ヵ月後くらいかな。
 その研究所でしている事を知る機会があった。
 していた実験の内容は、生物兵器や細菌兵器の研究。
 その時AMIDAのプロトタイプと、ある細菌兵器の書類を見ることが出来た。
 私はそれを見て恐ろしくなって、研究所を破壊したわ。人道的に許されないから。」

「だけど、私は、その研究所を破壊した時、取り返しのつかないヘマをしてしまった。
 後悔しても後悔しきれない。数多くの人が犠牲になってしまったわ。
 私はその責任の重圧から、普通の生活が出来なくなり、レイヴンを続けられなくなった。死のうかとさえ思った事もある。」

「けれど、そんな時だった。レイヴンとしての経験を活かして、オペレータをやってみないかと、アークに誘われたのは。
 そして私はオペレータになり、今の私がいる。」
レンナは長い話を終え、深いため息をついた。
「ごめんね、退屈な話だったでしょう?」
レンナがカナミのほうを向き話しかけると、カナミは眠ってしまっていた。
「あら。いくら退屈だからって、そこまで、、。」
『んん、、。』
カナミが反応する。
レンナはカナミが起きてるのかと一瞬思ったが、どうやら寝言のようだった。
『レンナさん、、お姉さんみたい。』
無垢な寝顔でカナミは、幸せそうに言う。
「私だって、、妹が出来たみたいなんだから。」
レンナはそんな、カナミを抱きしめ、言う。
『お父さん、、私は大丈夫だよ。』
どんな夢を見ているのだろう、笑顔だが、カナミの頬から涙が一筋流れる。

レンナはその涙を指でそっと拭き、カナミを布団の中に入れ、部屋を出る。
カナミはその日の任務が、これから自分が巻き込まれていく運命の序章だとは、まったく気づいていなかった。
そして、レンナが一つの決意を、その時固めていた事にも、、。


続く





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー