1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:26:15.56 ID:GwpZ4pWh0
久々に          \ /
             ⊂(〔二⊂⌒`⊃
               ('(゚∀゚∩  1000だよ!
                ヽ  〈
                 ヽヽ_)

前スレ
【アーマード】卑猥ちゃん’s【コア】
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1158394266/
特にルールは無いようです。今のところ雰囲気的には、
・新参レイヴンも歓迎。特定作品・シリーズにこだわった話はしていない。
・皆優しげ。今のところぶつかり合いとか、殺伐ムードは無い。
・愛機晒し歓迎。晒す時は、画像つきがとても喜ばれます。
・イラストやネタ絵、SS投下歓迎。
・午後9時~午前1時頃、たくさんのレイヴンが集まっているみたい。たまにものすごい静寂。

テンプレ>>2-4


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:26:35.71 ID:IpLhRILE0
2げっと

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:26:46.30 ID:GwpZ4pWh0
避難所1: ARMORED CORE外伝 ナインブレイカー・マグナ2
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/comic/2933/1141454716/
本スレが落ちたり、スレ立てが困難な際に移動する避難所。

避難所2:コテ溜まり(「ARMORED CORE外伝 モチニャント餅猫」by VIP)
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/4306/
餅猫が管理してるBBSの避難所。餅猫と戯れたい時にどぞ
SS避難所、VIP杯ACFFレギュ議論&連絡板、大会避難所もあるよ!(あるよ!

茶室: バーギコ「アーマド・コアについて語ろう!」
ttp://uzeee.orz.hm/bargiko/bargiko.php?type=anime&id=1126270571629
レイヴンがよく集まってます。多い時は10人以上。たまにガイジンさんがきます。謎。

お絵描き茶室: VIPACお絵かきガレージ
ttp://www.takamin.com/oekakichat/user/oekakichat3.php?userid=238212
お絵かきチャット や ら な い か

不定期垂れ流し:アモーラジオ
ttp://203.131.199.131:8000/nexus.m3u
主にACのサントラ垂れ流し。高い確率でカオス。時々別ゲーが流れたりするよ。

VIP杯 ARMORED CORE FOMULA FRONT 大会 - FF大会詳細はコチラ。
ttp://www.geocities.jp/shinzanraven/acfftop.html


    \ /    三
   (〔二〕)   三   まだテンプレ
     < \   三


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:27:35.88 ID:9dNtdPneO
>>1
乙!………AMID…なんだって?

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:27:58.41 ID:GwpZ4pWh0
まとめサイト(新): vipac @Wiki
ttp://www9.atwiki.jp/vipac/
VIP板ACスレまとめの更新停止に伴い、新しく誕生した新まとめサイト。


画像をUPできるうpろだ
ttp://www.vipper.org/
ttp://www.uploda.org/

携帯やPCから画像の投稿・閲覧が可能なうpろだ
ttp://pita.st/
ttp://kjm.kir.jp/

動画を簡単に見せることができる所(要会員登録)
ttp://www.moviecaster.net/

大容量のファイルをUPされるのによく使われるあぷろだ
ttp://woolup.ddo.jp/
※アップローダーへリンクされている文字が小さいので注意!
 TOPの下のほうにある、-MENU-の横にあります。

    \ /
   (〔二〕)   まだテンプレ
 Σ / >


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:28:38.12 ID:GwpZ4pWh0
 ~頻出パーツ呼称リスト~
核腕         → CR-WA75MSP
レンコン       → CR-WA69BZ
九月         → LH09-COUGAR2
土星         → G03-ORCHID
巻貝         → CR-E92RM3
電池         → SAISUI・JIREN
魚雷         → CR-WB82MGT
コンテナ       → WB29M-ECHIDNA
主砲/ライウン砲 → CR-WBW98LX
緑ライフル     → CR-WR73R2
隊長リニア     → CR-WR93RL
マガスナ/連砂  → WH02RS-WYRM
ガトマシ       → CR-WH79M2
ポリハン      → CR-WH69H
熱ハン       → CR-WH79H3
リボハン      → CR-WH01HP
神バズ       → CR-WH05BP
カルサワ      → CR-WR98L
ダガー        → CR-WL88LB3
春鳥         → WL14LB-ELF2
青春         → CR-WL06LB4
淫天使       → OP-INTENSIFY(AC3・ACSL)

キキッ!

) <以上テンプレ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:28:56.83 ID:n+DAtioTO
>>1


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:29:13.27 ID:PgYR+b0B0
乙するつもりなど元よりない

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:29:36.31 ID:IpLhRILE0
シャイアンがスレ立ててない件

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:29:58.44 ID:b89u3M62O
>>1
乙です☆

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:31:29.97 ID:68wXfg0z0
かわいいブーンのAAマダー?


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:33:50.94 ID:FQFj5hKM0
スレ立てないで落とすんだったら970辺りが立てた方がいい

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:34:18.79 ID:9dNtdPneO
うわ恥ずかしいw
何も考えずテンプレに割り込んでしまったww
菊があったら挿りたいぜ…

14 :シャイアン ◆sjPepK8Mso :2006/09/17(日) 16:34:51.63 ID:fRWF58T+0
すまない。980とってることに気付かんとアレしてた。本当にすまない

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:34:59.10 ID:PgYR+b0B0
またバーギコに台湾の人がw
おい、早く加勢してくれ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:35:33.57 ID:GwpZ4pWh0
助けるつもりなどもとよりない…!

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:36:51.70 ID:IpLhRILE0
はじめて入ったんだがどうすればいい?

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:37:43.82 ID:9dNtdPneO
>>15
ヒント:AMIDA語で

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:39:14.30 ID:IpLhRILE0
台湾人に追跡されるww

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:39:23.92 ID:b89u3M62O
>>17
ああ……まずはAMIDA鍋だ……

21 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 16:43:17.13 ID:Kzvhi9pT0
ふー

22 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 16:44:06.36 ID:Kzvhi9pT0
ああ、>>1乙かれさんです

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:45:33.85 ID:zFHiFcDZ0
>>1

シャイアンには失望しそうになったがゲド中だったなら許せるかもwww

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:45:37.86 ID:GwpZ4pWh0
自分で立てて気がついた

AMIDAは幼女なのか…メスしかいないのか…

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:48:32.57 ID:IpLhRILE0
バーギコ入れなくなったw

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:48:46.68 ID:dtg/YlJY0
名前はそうだな…如月 阿弥陀ちゃん?

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:51:24.47 ID:PgYR+b0B0
>>26
ハニーフラッシュしそうな名前だな
AMIDAの核には空中元素固定装置が内蔵されているのかもしれない

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:54:05.63 ID:IpLhRILE0
バーギコから落ちるのも台風のせいか?

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:54:27.77 ID:d4tukDUT0
>>1

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:54:44.54 ID:b89u3M62O
>>27
美幼女に変身できちゃうわけですね(*゚д゚*)

31 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 16:57:14.15 ID:Kzvhi9pT0
>>28
今ン所八人もいるからねぇ。
混んでるんじゃないか?

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 16:59:36.64 ID:3vSh86g50
>>31
8人程度ではなんともならない
一時期は20人以上収容したこともあるからなバーギコは

33 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 17:00:26.27 ID:Kzvhi9pT0
>>32
じゃあやっぱり原因は他にあるのか

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:05:12.51 ID:b89u3M62O
あれ?! ライカたんがエアブラストのサブアーキテクトに?!



じょ、冗談だよな……?

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:06:44.02 ID:d4tukDUT0
しりとり企画して一周も回らなかったのはいい思い出

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:08:13.34 ID:iyUJdkla0
>>34
そのイベントの後アグレストを呪い殺そうと思った

37 :シャイアン ◆sjPepK8Mso :2006/09/17(日) 17:14:47.41 ID:fRWF58T+0
いやまあなんていうかホントスマンな。今度からレス番はちゃんと確認するようにするよ。
SS書いてくる。撤退

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:18:06.00 ID:b89u3M62O
>>36
い、今ごろはきっとアグレストの野郎に……
(#^ω^)ビキバキジジジギュウイイイン

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:19:01.81 ID:iyUJdkla0
俺ならu-AC(ぱるたん)に颯爽と乗り込んで誘拐がてら施設ぶち壊すね

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:25:34.36 ID:hWuU6xYA0
AC4の妄想で初めてのSS書いたんだが投下してOK?

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:26:36.44 ID:IpLhRILE0
>>40
wktk

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:28:19.48 ID:b89u3M62O
>>40
かむかむ


こ、今度はベアトリスたんとケージくんでつか……(´;ω;`)

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:28:25.91 ID:zc3G6uol0
>>40
GO!

44 :40:2006/09/17(日) 17:29:41.29 ID:hWuU6xYA0
AC4の世界はLRの数年後という設定で・・・じゃあ今から投下する
SS書くの初めてなんで文章の誤りとか矛盾があったら指摘してくれ

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:30:02.14 ID:GwpZ4pWh0
数年後というより数十年後のほうがいいと思う

46 :40:2006/09/17(日) 17:30:12.36 ID:hWuU6xYA0
 その男は、今一機のローゼンタール製ネクストACに乗り、今回の調査対象である古い都市の廃墟へと向かっていた。
ネクストAC使いとしての適正を認められ、晴れてローゼンタール社のネクストACを支給されてから既に半年がたっている。
いまや彼は社の中でもかなりの実力者であると言えた。もはやノーマルACなど彼の敵ではない。
一週間前、反企業のテロリストを討伐する任務が与えられた時、彼は十五機もの敵ACを一瞬で破壊した。
彼は自分の腕に確かな自身を抱き始めていた。

それゆえ、今回彼に送られてきた任務は少なからず彼のプライドを傷つける物だった。
「旧地下施設調査」。かつてバーテックスと呼ばれる武装集団が使用していた施設だが、今では無人の廃墟である。
その時代の技術よりも現代の技術のほうが格段に優れているのだし、もはやそれを調査する必要性は無いに等しかった。
たとえ調査をするにしても、そのためにはノーマルACすら必要では無いだろう。
もはや完全に第一線から消え去ったMTで十分だ。それを、ネクストAC乗りにやらせるとは。
「本社は一体何を考えているんだ・・・」
彼は呟き、面倒くさそうに地下へと降りていった。


47 :40:2006/09/17(日) 17:30:50.44 ID:hWuU6xYA0
案の定、そこにはたった一機の敵影すら見えなかったし、たいした物資もなかった。
彼が既に予想していたことだったし、これ以上調べても無駄だとわかっていた。
しかし、任務は任務である。一応施設の隅々まで調べてみることにした。
やはり何も無い。所々に戦闘の跡があるものの、それ以外は特に変わったところはなかった。
資料によると、後ひとつの空洞を調べれば終わりらしい。彼は破壊された通気孔から、施設の最深部へと降りていった。

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:31:17.51 ID:IpLhRILE0
支援

49 :40:2006/09/17(日) 17:31:47.06 ID:hWuU6xYA0
そこの雰囲気は、他とは何かが違った。
今は機能が停止しているが、かつては恐るべき力を持っていたのではないかと思われる施設。
明らかに現代の技術で作られたものではない、人知を超えた存在――
彼は背筋が寒くなり、すぐにこの空洞の調査を終え、帰還しようと思った。

その空洞で、彼は一機の残骸となった青い機体を発見した。ネクストACとは違う。もちろんノーマルACでもない。
既存の兵器とは似ても似つかない、異形の機体。それからは、この空洞と同じ力を感じた。
完全に破壊されてはいるものの、今にも起動し、襲い掛かってきそうな感覚がした。
(連中が知りたかったのはこれなのか・・・)
彼はそう理解した。彼はその機体の画像を保存すると、足早にこの空洞から出ようとした。
その瞬間、彼の背後に何者かが降り立った。

50 :40:2006/09/17(日) 17:32:34.11 ID:hWuU6xYA0
背筋が凍る思いとは、まさにこのことだろう。
(この青い機体はまだ他にもあって、それが目覚めてしまったんだ)
彼はそう直感した。
(この機体で勝てるのか?あの、見るからに恐ろしい死の神に?)
この時彼は初めて自分が障害物をどけるように倒してきたテロリストたちの気持ちを理解した。
あの青い悪魔と対峙する事を覚悟しつつ、彼は振り向いた。

そこにいたのは、人知を超えた殺戮兵器などではなく、たった一機のノーマルACだった。
(ノーマルAC?なぜこんなところに?)
彼は疑問を覚えると共に安堵感を味わった。
自分がこの施設を調査することがテロリストにばれて、刺客が送られてきたのだろうか。
なんにしろ、最悪の事態を想定していた彼にとってそれは単なるジョークでしかなかった。
(運の無い奴だ・・・ 普段だったら命だけは助けてやるところだが、今の俺は虫の居所が悪いんだ。)

51 :40:2006/09/17(日) 17:33:18.75 ID:hWuU6xYA0
そう思っていた矢先、彼に敵から通信が入った。あらゆる戦場をくぐりぬけ、あらゆる悲しみを知った男の声だった。
「ネクストACか・・・ 大した装備ではあるが・・・ 所詮貴様も一勢力の犬でしかないということだな」
彼は疑問に思った。この男はノーマルACに乗りながら、自分をまったく恐れていない。
よほど腕に自信があるのか、それとも単に強がっているだけなのか。彼は後者であると思ったが、
敵の声からは強がっているような様子は微塵も無い。
(それじゃあ単に、ネクストACの力を知らないだけかな・・・)
そう考えると、相手が哀れに思えてきた。そして、返事をした。
「自分と相手のの実力も見極めずにえらく知ったような口をきくじゃないか。
一勢力の犬だと?貴様だってどこかの弱小勢力の一員なんだろ?
同じ犬でも、お前は雑種で、俺は高級犬だな。何を血迷ってたったの一機で俺に勝負を挑むのかは知らないが、
忠告してやる。やめておけ。今手を引くならお前には会わなかったことにしてやろう」
彼はそう言い放った。

52 :40:2006/09/17(日) 17:34:29.64 ID:hWuU6xYA0
すぐに返事が来た。相変わらず、相手を見下したような口調だった。
「思い上がっているのは貴様のほうだな。お前は二つの選択肢を示したが、お前に用意してやれる道はひとつしかない。」
「戦い、そして死ぬがいい」
相手があくまでも戦う気であるのを悟った彼は、プライマルアーマーを展開し、右手のレーザーライフルを構えた。

彼が敵をロックオンしようとした時、既に敵は彼の視野から出ていた。機体の右側に、無数のミサイルが迫る。
しかし、そのミサイルが彼の機体に命中することは無い。ノーマルACのマイクロミサイルなど、プライマルアーマーの前では
何の意味も持たないのだ。
(いくら強がっても所詮はノーマル、それにあの機体は全て数世代前のパーツで構成されている・・・ 
やはり自分の実力を過信した馬鹿だったか・・・)
彼は勝利を確信した。一瞬のうちに視野から消え、右側に回りこむ技術は賞賛に値するが、
ノーマルACがどれだけのスピードを出そうがネクストの旋回速度と射撃精度の前では無意味だ。
彼はレーダーで敵ACを確認し、一瞬で旋回し敵をサイト内に捕らえ、レーザーライフルを発射した。
だが、当たらない。スピードで避けたのではない。相手はこちらの攻撃のタイミングや弾道、弾速を完全に予測して、
ぎりぎり当たらないように避けている。


53 :40:2006/09/17(日) 17:35:15.91 ID:hWuU6xYA0
(確かにかなりの実力はあるようだな・・・ しかしいつまでも完璧に避けられはしないだろう。少しでも操作を誤った時、
俺のレーザーライフルが確実にお前の機体を貫く。ネクストACの高出力レーザーライフルの前では、
お前の機体の装甲なんて紙みたいな物なんだよ)
そう思った矢先、再びミサイルの雨が降ってきた。もちろん、彼の機体に命中することは無い。
が、一瞬の出来事で、彼はまたしても敵機を見失ってしまった。
次に彼が敵機を認識した時、敵は彼に密着し、左腕のレーザーブレードを振っていた。
さすがのプライマルアーマーも、かつて「月光」と呼ばれた最強の剣撃を防ぐことはできなかった。
彼の機体の左腕部が損傷する。彼が反撃に出ようとした時には既に、敵は急後退し距離をとっていた。

54 :40:2006/09/17(日) 17:35:54.69 ID:hWuU6xYA0
(これが本当にノーマルACなのか?)
彼は衝撃を受けた。今まで動く的としか思っていなかったノーマルACに、完全に翻弄されているのだ。
かつてイクバールグループのネクストACと死闘を繰り広げたとき、高速で移動し、近距離で立体的な動きをし、
一方的に攻撃してくる戦法の前にかなりの苦戦を強いられたが、その時ですら、このような展開にはならなかった。
何より今回の相手の機体はあらゆるスペックでこちらより劣っているのだ。
彼は相手にある種の尊敬の念すら抱いた。そして、頭で考える前に相手に問いかけていた。
「あんたは一体何者なんだ!なぜノーマルでネクストに対してこんなことができるんだ」

答えを期待してはいなかったが、相手は返答した。
「俺は・・・ そう、もはやこの言葉が示す人物は俺一人だ・・・
そして、その言葉が俺の全てを表している。」


55 :40:2006/09/17(日) 17:36:28.97 ID:hWuU6xYA0
しばらくの沈黙。
「俺はレイヴンだ。」
彼は言い放った。
「それが、お前の一つ目の問いに対する答えであり、お前の二つ目の問いに対する答えでもある。」
「そしてそれゆえ・・・俺は誰にも負けることは無い。レイヴンを倒せるのは・・・レイヴンだけだ。」

レイヴン。
最強の人型兵器、アーマード・コアに乗り、報酬によって依頼を遂行し、何にも与しない傭兵。
かつての、特攻兵器の襲来と、その後のバーテックスとアライアンスの抗争により完全に消滅したと思われていた
伝説の存在。

56 :40:2006/09/17(日) 17:37:59.54 ID:hWuU6xYA0
彼は、いつしか自らをレイヴンと名乗る男に憧れていた。
絶望的な装備の差を物ともせず、自分を圧倒する者。
ここで死んでも構わない――
彼はそう思った。
しかし、この男に覚えていて欲しい。自分を、かつて彼と死闘を繰り広げたレイヴンたちと同じく、
自分を一人の戦士として記憶して欲しい。そのことが、この世に存在する最高の栄誉であるように思えた。

彼はレイヴンに立ち向かった。
全ての邪念を捨て、ただ相手のみを見て。
彼はプライマルアーマーを切った。このようなものはもはや、戦いの邪魔でしかない。
機体の性能など、意味が無い。
今となってはそんなものは単に心に隙を作るだけだ。

心でレイヴンを捕らえ、撃つ。
今はただ、この男と戦っているという事実だけが重要なのだ。
過去も、未来も、どうでもいい。
自分が孤児だったことも、ゴミ貯めのような環境で育ったことも。
功績が認められ、もうすぐより重要な部隊へと配属されることも。

相手の左肩をレーザーライフルが捕らえたことも。
頭部がハンドレールガンで吹き飛ばされたことも。

57 :40:2006/09/17(日) 17:38:37.33 ID:hWuU6xYA0
ミサイルの雨の中、彼はひたすら正しい道を通って、レイヴンへと向かっていった。
あと30メートル。
20メートル。
(相手のコアにレーザーライフルを突きつけることができるか?)
10メートル。
(だめだ、相手のほうが早い――)
彼がレーザーライフルを突きつける前に、彼のコアにハンドレールガンが突きつけられた。
(俺の負けだ―― 彼は俺のことを覚えてくれるだろうか――)
彼は引き金が引かれる瞬間を待った。

58 :40:2006/09/17(日) 17:39:23.95 ID:hWuU6xYA0
少なくとも、30秒が経過した。相手はまだ引き金を引いていない。
(俺には殺す価値すらないというのか――)
それは、彼にとって全てを否定されたということだった。
このまま生きながらえても、二度と誰とも戦うことはできない。
負け犬として生きながらえるのか――
それだけは嫌だった。自らが憧れた最強の戦士に、殺す価値も無いと判断される。
それならば、ここで殺されたほうが何百倍もましだ。
藁をもすがるような気持ちで、彼は相手に問いかけた。

「なぜ、殺さない・・・?」
彼の心は既に、絶望的な答えに対する態勢を整えていた。
が、しかし、レイヴンから発せられた答えはあまりにも意外だった。

「お前はまだ、死ぬには惜しい・・・」
最強の戦士に似つかわしく無い発言だった。ある意味彼は失望したとすら言えた。
しかしそれに続く言葉は、彼にとってさらに意外だった。

59 :40:2006/09/17(日) 17:40:05.26 ID:hWuU6xYA0
「この戦いは、相打ちで終わらせるべきではない。」
相打ちだと?彼は状況を理解できなかった。
しばらくしてやっと、自分が相手のコアにブレードを突きつけていることに気づいた。
それは、今まで培ってきた経験や、彼の腕がしたことではない。
彼の戦士としての本能が無意識のうちにやったことだった。

「お前とはまた戦うことになる。俺が一体どういう戦いを望んでいるか、
今のお前にはわかるだろう。」
レイヴンは続けた。
「その時俺が勝つか・・・ それともお前が俺を倒し、おまえ自身が『最後のレイヴン』となり得るか・・・」
「とにかく、今この瞬間再びレイヴンは二人になった。」
「お前がこれからどのような成長を遂げるのか・・・ 楽しみだ」
そういうと、彼は背を向け、去っていった。

60 :40:2006/09/17(日) 17:40:48.41 ID:hWuU6xYA0
もはや最後のレイヴンでなくなった彼は、かつて戦ったレイヴンたちに思いを馳せた。
エヴァンジェ、ジャック・O。
彼らは皆、自らの生きる意味を求めて戦っていた。
そして・・・

彼は右手に持つハンドレールガンに目をやった。
(これでいいのだろう・・・ ジナイーダ・・・)
彼女は死に際に、自分が何のために生きているのかわかったと言った。
人は皆、生きている限り自らの生きる意味を探し続ける。
(ジナイーダ・・・ お前のいっていた言葉の意味が、これでわかった・・・)

「シーラ、聞こえるか?これより帰還する」
そういうと、彼は暁の光の中に消えていった。

61 :40:2006/09/17(日) 17:41:30.58 ID:hWuU6xYA0
取り残されたもう一人のレイヴン。
伝説の存在に憧れ、認められた彼にとって、なすべきことはひとつだった。
彼がローゼンタール社に戻ることはもう無い。
ネクストACを売り払い、新しくノーマルACを手に入れた。
機体の強さではない、レイヴンとしての真の強さは、性能に頼るようでは身につかない。
あの男を超えるためには、あの男と同じ土俵に立つ必要がある。
ローゼンタールを裏切った彼には、おそらくこれから数多くの刺客が送られてくるだろう。
その中には、別のネクストACもいるだろう。
だが、その全てに打ち勝たなくては、あの男に挑む資格はない。
レイヴンとして生きる限り、どんな時にでも死を覚悟しなければならない。
しかし彼は確信していた。あのレイヴンと雌雄を決する前に、自分が死ぬことは決して無いと。
レイヴンを倒せるのは、レイヴンだけなのだ。

依然として、企業同士の争いはエスカレートを続けている。
この世界では、企業が全ての力を握っていた。
ただひとつの例外を除いて。

報酬によって依頼を遂行し、何にも与しない傭兵、「レイヴン」
今この世界には、二人のレイヴンがいる。
以前そうであったように、これからもまた、時代は彼らを中心にして回っていくのだ。


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:43:34.87 ID:IpLhRILE0
そろそろ、終わりかな?

63 :40:2006/09/17(日) 17:43:40.49 ID:hWuU6xYA0
ここまで。
今後AC4の情報が公開されるにつれてどんどん矛盾が出てくるんだろうな・・
てか実はまだラスジナ倒した事無いorz
だからLRの設定も矛盾してるかも

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:44:19.88 ID:IpLhRILE0
>>63
GJだっぜ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:45:45.80 ID:68wXfg0z0
出会い系サイトがうpろだになっててバロスwwwwwwwwwwwwたまには役に立つなwwwww


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:45:46.86 ID:bbAYxQ3I0
LR主人公カコヨス

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 17:58:13.56 ID:d4tukDUT0
>>63
いわゆる一つの燃え要素としては成功だったぜ?


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 18:08:34.89 ID:N+bTeZCi0
そういうストーリーだったら俺買っちゃうよ?1000%買っちゃうよ?

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 18:22:29.77 ID:8p1V0/YX0
保守

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 18:37:04.12 ID:zFHiFcDZ0
おとすわけには~……zzzZZZ

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 18:41:55.29 ID:9dNtdPneO
保守だな

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 18:54:26.34 ID:DPeWzFaC0
ヒート・カタオカマン

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 18:55:22.90 ID:GwpZ4pWh0
保守

74 :72:2006/09/17(日) 18:58:04.90 ID:DPeWzFaC0
俺は、すごい誤爆をしてしまったようだ…

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 18:59:38.71 ID:9dNtdPneO
>>74
よくわからないが

ある意味GJ

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:00:29.49 ID:8p1V0/YX0
>>74
やるじゃないか

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:01:01.44 ID:cH0f2c0C0
>>74
いいだろう、私が相手になる

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:10:13.44 ID:IvgBTvkXO
ここはただの誤爆が来るべき場所ではない

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:20:08.61 ID:wMq5gtBp0
 我輩はAMIDAである。名前はまだ無い。どこで生まれたかはとんと見当がつかん。
いや、ここには我輩と同じ様なAMIDAが沢山居る、そしてその中には生まれたてのAMIDAもいるから
おそらく我輩はここで生まれたのだろう。
今日も今日とて培養層の中で我輩の同胞と一緒にのんびり暮らしている。

我々の暮らしぶりを観察している集団がいる、キサラギとかイザナギとかいったか。
まぁ「彼ら」とでも言っておこうか。彼らは皆白衣である、我輩の見ていない処では違うのだろうが
それすらも日ごろの彼らの様子を見ている限り怪しいものだ。観察する分には問題ないのだが
彼らは我々をみて性的興奮をしているのだ、しかも深夜、一人っきりになった培養層を見下ろす研究室で
自慰行為に及ぶ者すらいる、我々に見られているという自覚がないのだろうか、むしろ彼らにしてみると
我々に見られている方が興奮するのだろうまったくの変態である、我輩――正確には我々だろうがを見て
そこまでされるのは精神衛生上好ましくない。

そんなストレスを発散するため我輩は時々研究所内を探索するのが楽しみである、もちろん培養層から
出るのは厳罰であるからこっそりと彼らの見ていない隙を狙っては培養層の隅に設けられたダクトに
入り込む、ダクトの入り口には金網があるが欠陥工事なのか取り外し可能となっている。
このダクトは研究所中に繋がっているらしく我輩でも全体を把握できない、そしてダクトからみる所内は
我輩の好奇心と探求心を呼び覚ますのに十分すぎるほど面白い、第一ブランチにあるAC設計・開発部門
を覗くことの出来るダクトは我輩のお気に入りの場所である。

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:21:34.33 ID:IvgBTvkXO
つか人INEEEEEEEEEEE!!!!
日曜日に一日中LRやってる俺KIMEEEEEEEEEEEE

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:24:21.61 ID:9dNtdPneO
>>80
いないな。
て言うか俺も似たようなもん。

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:25:11.05 ID:yiM2jUb+0
ACのプラモのSYURAテラカッコヨスwwwwwww

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:25:28.97 ID:IpLhRILE0
>>80
今日1日かけて
ラノベ11冊読んでた俺よりマシだと思うよ

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:26:36.92 ID:b89u3M62O
>>83
11冊wwwwwwwwwそんなに何読んでたんだよwwwwwwww

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:26:55.01 ID:9dNtdPneO
なにげに>>79GJ。
>>82
俺もホシス

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:27:13.39 ID:IvgBTvkXO
つかAMIDAに思考回路あるのか?

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:28:17.51 ID:IpLhRILE0
>>84
シャナ2~12
なぜか13が売ってなかった

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:29:26.12 ID:N+bTeZCi0
シャナかよw

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:30:26.75 ID:b89u3M62O
>>86
あれだけのサイズだ、脳みそもビッグに違いない
>>87
シャナか……シャナ可愛いよシャナ

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:34:07.50 ID:IvgBTvkXO
てかね、COM相手にOB→ブレードがどうしても決まらないんだ

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:34:09.52 ID:IzBe/8H50
俺なんて一日中ルシャナ組み立ててたよ。
やっと頭が出来た。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:34:34.22 ID:IpLhRILE0
最初シャナ見たとき
灼眼のルシャナに見えた

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:38:33.29 ID:cH0f2c0C0
>>92
キサラギの社員さんお疲れ様です

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:39:50.34 ID:icst5U5xO
我が輩はAMIDAである続きキボン

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:45:54.44 ID:IvgBTvkXO
A・MI・DA!A・MI・DA!

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:51:37.40 ID:EvrTs7oMO
>>63
遅くなったが、格好良いぜえぇぇぇぇ!!

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:53:24.32 ID:GwpZ4pWh0
AMIDAの漬物

天然のAMIDA(養殖より美味)を味噌に数週間ほど漬け込むだけで濃厚な味わいが
楽しめます。

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:56:21.84 ID:IvgBTvkXO
AMIDAは体長何mだろ?

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:56:38.83 ID:5SitMNFK0
彼の事か
ああ 知っている
話せば長い
そう 古い話だ
君は知らないだろうが―
レイヴンは3つに分けられる
秩序を守ろうとする者
変革を求めるもの
どちらでも無い者
この3つだ
彼は―
彼は『若きカリスマ』と呼ばれたレイヴン
『尻』をよく振る男

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:57:30.55 ID:GwpZ4pWh0
↑そいつはゲドと呼ばれていた--

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:58:30.23 ID:GwpZ4pWh0
>>98
ACを10メートルと考えて画面から判断するんだ(横幅は知らんけど)

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 19:59:24.09 ID:/umC6QOB0
>>94
規制喰らって書き込めなくなったらしい
避難所に投下済みとの事

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:04:27.43 ID:4AxF9nxB0
我が家の電力供給施設が破壊されそうである


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:08:28.81 ID:GToccfmz0
>>99
円卓の奇尻

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:13:25.20 ID:/caxWnGp0
>>103

報酬はいくらだい?

106 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 20:23:35.75 ID:Kzvhi9pT0
>>40
やや亀レスだがGJ!
とても初めてとは思えない出来に乾杯。

いい感じにSSレイヴンが増えてきたなぁ。
負けてられないな。って訳で、俺も投下するよ。レイヴン、支援を頼みたいが、よろしいか?

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:25:30.44 ID:/caxWnGp0
ソフトの値段どうなるんだろうな、一万超え?

108 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 20:25:43.68 ID:Kzvhi9pT0
 突然の予定変更を告げる通信から半時間。
 シザース・フォレストを南進していたキャリアは、踵を返して北へのルートを進んでいた。

 白い雪を激しく巻き上げる吹雪に、黒い工業排煙が雑じりあう奇妙なコントラストは、
何も知らなければ幻想的かつ、やや不気味に映るが、実体を知っていれば嫌悪を抱くだろう。
 排煙と雪の結晶が雑ざり、黒色の雪となって振る現象は、
キャリアを走らせるオーレンにとっては害悪の象徴として映っていた。

 降り積もる黒色の雪は、通常の白い雪と混じり合い、斑点のようにフロントウインドウを汚してしまうからだ。
ワイパーを動かして汚れを払おうとしても、そう簡単には落ちない。
 その上、極寒の気温が洗浄液を凍り付かせてしまう。普段から往来の少ない車道である事だけが救いであった。

 近年発生した地殻変動により、シザース・フォレスト北部の気候は大きく変化を遂げた。
今では氷河すら流れる極寒の地となり、かつての森林は消え失せてしまっている。
 南部に発生している濃霧も、気候の変化によるものだと言われており、
北部へ近付くにつれて立ち枯れる木々が目立ち、森林から生気が感じられなくなってゆく。

 濃霧以上に視界を遮る吹雪に、オーレンは陰鬱な表情で溜め息をもらした。

109 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 20:26:25.07 ID:Kzvhi9pT0
 シザース・フォレスト北部の、作戦領域からわずかに離れた合流ポイント。
 レイヴンズアークからの缶詰を受け取る事になったシルキー達は、缶詰を載せた輸送ヘリを待っている。
吹雪の止む気配は全く無く、運転席のフロントウインドウは白と黒の雪によって殆ど視界を遮られている。

 ヘッドセットを首元へと下ろし、横窓からかすかに見える外の景色へと視線を向けると、
強さを増していく吹雪の影響により、周辺は既に斑模様の雪原と化していた。
白と黒のマーブルチョコをばら撒いた上、潰して回ったような雪原はとても銀世界とは呼べない風景を彩っていた。

 そんな景色に見入る暇すら与えんと、通信のコール音が運転席に鳴り響く。
 慌ててヘッドセットを直して通信用のモニターを立ち上げると、灰色に霞んだ映像が映し出された。
 周波数は見慣れた物で、シルキーのACから発せられているものだった。
「何です? お嬢さん」
 灰色に霞んだモニターの中で、シルキーはいつものように煙草を吹かしていた。
彼女はいつでも二本一緒に吸うので、狭いコクピットは紫煙ですぐにいっぱいになってしまう。
 整備班のヤニ取りに疲れた顔が脳裏に浮かび、オーレンは何とも言えない倦怠感に包まれる。

「……相変わらず凄いですね。煙でなんにも見えませんよ」
「見えなくて、何か困る事でもあるの?」
「パイロットスーツの着用が確認できません」
 力強く言い放ったオーレンに納得した様子で、シルキーは煙草を口でくわえ直すと緊急換気用のスイッチを押した。
 みるみる鮮明になってゆくモニターの映像には、確かにパイロットスーツを着たシルキーが映っている。
頭にはしっかりとヘッドセットとバイザーが乗せられている。


110 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 20:26:58.44 ID:Kzvhi9pT0
 パイロットスーツは、元々特殊環境下における作業用に開発された物へ改良が加えられたものであり、
今ではレイヴンはもちろん、MT乗りなども常用している。
 特殊環境下作業用の名残とも言える、簡易生命維持装置や、マスクを用いた携帯型酸素ボンベ機能も有している。
 また、戦闘・作業両用に用いられるパワードスーツの開発母体でもある。
 
「確認しました。今回使用するACのデータを送ります」
「ちゃんと説明してね」
 手元のコンソールを立ち上げ、今回使用するACのデータを送る。
 装備の詳細だけならばデータの転送だけで事足りるのだが、彼女達の仕事はそれだけでは終わらない。
多種多様な実戦データを得るためには、意識的に行なわなければならない事も多いのだ。

「とりあえず、フレームに関しては大きな変化は無いので省略しますね」
「そうなの? 結構形は変わってたけど」
「覚える事が減って、いいじゃないですか」
 思わず口から出た言葉に、オーレンは一瞬戸惑う。
軽い気持ちで出てしまった本音に、シルキーを怒らせてしまったのではないか、と。
 シルキーは黙ったままだ。紫煙で表情は見えず、オーレンは見えない表情を懸念して言葉を途切れさせてしまう。
 減棒か、追加労働か、それとも私刑だろうか。何にせよ、彼女を怒らせて良い事など何一つ無い。
「……それで? 続きはどうしたのよ」


111 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 20:27:49.41 ID:Kzvhi9pT0
 怒っている、というよりは呆れたような声色だ。
 先程までの感情を素早く心の引き出しへと引っ込ませ、意識をコンソールへと向ける。
素早くキーボードに指を滑らせ、武装データを表示させた。
「えっと、武装の方は……と。ああ、よかったですね、お嬢さん。
今日の武装はお嬢さんの好きなアレですよ。きっと、班長達が気を使ってくれたんでしょうね」
 モニターに表示されるデータを見て、思わず声が弾む。
 今回使用されるACの腕部武装は、左右共にシルキー愛用の品だった。
この事を伝えれば、彼女はきっと機嫌を良くしてくれるに違いない。

 そんなオーレンの浅はかな期待は、吹雪を切り払うように響いた轟音によってかき消された。

「予定ポイントに到達。ACを投下と同時に離脱する」
 上空に現れたヘリから降下してきたACが、着地時に吹かしたブースターによって、
眼前の雪とフロントウインドウの汚れは一瞬で消え去っていった。

 目の前に降り立つACは、無骨なフォルムを持つ重量二脚型――合流予定の缶詰だ。
 目立った武装が右腕部のパルスガンに加えて軽量型ブレードのみという構成に、新人らしさを残す。
扱う火器を絞った上で、集中的に習熟を深めていくレイヴンは珍しくはない。
 レイヴンという職業が誕生してから長い月日が経ち、ある程度のセオリーも今では数多く存在する。
目の前のACの構成も、戦術から機体の構成まで多種多様に存在する内の一つなのだろう。


112 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 20:28:27.11 ID:Kzvhi9pT0
「オーレン君、何やってるの!? 早く起こしなさいよ。荷物は届いたんでしょう?」
「えっ、起動準備は終わったんですか?」
「終わったわよ!」
 降り立ったACに目を奪われ、本来の業務に戻ろうとしないオーレンに怒号が叩きつけられる。
 急に耳へ飛び込んできた大音量の怒号に、ヘッドセットを外して放り投げたい感情を抑えながら、
オーレンはキャリアのコンテナを起こすための操作を入力した。

 ACを積んだコンテナの上面部と側面部が開かれ、シルキーのACが吹雪の中へと晒されると、
コンテナの底面部が車両の最後部を支点として90度せりあがり、横たわっていたACは直立の形となった。
「固定用アーム、開放します」
 合図と共に、ACをコンテナの底面に固定していた機械アームはその拘束を解き、
開放されたACは遂にキャリアから離れ、斑模様の雪原へと降り立った。
 起動完了を示すように頭部カメラがまたたき、ジェネレーターが本格的な稼動を始める。
出力は移動モードの基準値を満たし、CPUはシステムの完全起動を告げた。
「ん。異常無し、と。武装の細かい説明は移動中でいいよ」

「わかりました。コールサインの確認を……レイヴン、そちらのコールサインは?」
 コンテナを元に戻しつつ、オーレンは作戦中にそれぞれの識別に用いる
コールサインを確認しようと、前方のACへ向けて通信を入れた。


113 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 20:29:00.97 ID:Kzvhi9pT0
(――おすとりっちガ赤イダッテ? ナニカ悪イ物デモ食ベタンダヨ、キット)

「レイヴン?聞こえますか?」
「……ああ、すまない。ヴィーダー、だ。そう呼んでくれ」
(何だ? 今のは……?)
 突如頭の中に響いた、“ノイズ”の様な感覚に、ACヴィーダーを駆るレイヴン、ツヴァイトは困惑した。
 通信にノイズが入るのはよくある話だが、今の感覚は自分の頭の中へ直接送られた物だとしか思えず、
まるで幻聴のようなその“ノイズ”に、ツヴァイトは困惑する事しか出来なかった。

「お嬢さんの方はレイビット、ですからね」
「またそれぇ!? この機体は“とんべらそらつき”だって何回言えば……!」
「それは後にしてくださいッ! レイヴンはもう行っちゃいましたよ」
 二人が呼称という些細な事で揉めている間に、ヴィーダーは遥か先の吹雪へと身を投じていた。
重量級の外見に反して中々の機動力を有しているようだ。

 斑色の吹雪が吹き荒れる中、二機のACは北へと歩を進めた。

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:29:14.15 ID:YY9SWWTc0
こちらシューティングスター、支援は任せろ!

115 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 20:30:02.62 ID:Kzvhi9pT0
以上です。ありがとうございました。

自動保守が使用できてるスレもあるみたいだし、さるさんは緩和されたのかな?

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:32:00.59 ID:yiM2jUb+0
重量級の機体ってALIE?

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:32:25.31 ID:YY9SWWTc0
あ、ありのまま今おこったことを話すぜ
「支援したと思ったら終わっていた」
なにをいって(ボボボボボカーン

>>115
乙です

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:33:48.30 ID:IpLhRILE0
>>115

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:34:36.54 ID:/caxWnGp0
だいたいゲームのボスってデカイ、高火力、HP高いdayona

120 :唯一ネ申FA‐MAS ◆x6eOofpZMo :2006/09/17(日) 20:35:01.63 ID:Kzvhi9pT0
>>116
えっと、一応書いてある通り「ヴィーダー」ですね。今は。
>>117
ありがとうッ!正直ちょっぴり心細かったんでうれしかった。

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:39:15.00 ID:EghhUoEY0
今北いんだすとりあるー

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:43:51.46 ID:YY9SWWTc0
>>121
SS投下
微妙な過疎
支援したら終わってた

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:48:37.17 ID:EghhUoEY0
>>122
把握した
>>115
少々遅れたがGJです!


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:51:16.50 ID:DPeWzFaC0
>>165
その通りだ。

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:51:57.27 ID:iyUJdkla0
>>124
お前もうわざとだろwwwwwwwwwwww

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:53:13.63 ID:DPeWzFaC0
>>125
orz

もうこのスレ閉じるわ・・・

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:57:58.55 ID:yiM2jUb+0
>>120
把握

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 20:58:49.32 ID:EghhUoEY0
>>124がどこのすれ見てるのか探してる俺暇人

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 21:00:30.01 ID:DPeWzFaC0
>>128
某実況スレさ。
実況見ながらSS読んでた。んで実況見ながらレスしたらこっちに書いてしまったのさ。
もう死んだほうがいいよね。

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/17(日) 21:04:01.53 ID:EghhUoEY0
>>129
コルナードベイシティではよくあること。気にするな






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー