*アーマード・コア Side Story  Lost Ravens    
 オタクの妄想でしかないことは各自ご承知の上での閲覧してください。
 前述の理由により、公式ではない設定の捏造がとてつもなく目立ちます。
 過ぎた捏造が嫌いな方は閲覧に注意してください。
 時間があれば誤字脱字の訂正していくとの事を書いてありましたが、
 これ以上の訂正はなされないと思ったほうが良いです。
 あとシーラの性格が変。
 シリーズ根幹に流れる中二病には注意。

 -プロローグ 以前以後の境界線
  遂にある場所に追い詰められたジャックO。
  彼にもう逃げ場はない。
  アライアンスから依頼を受け、レイヴン・ノブレス=オブリージュはジャックの討伐を開始する。
  彼の目的が何であったのか、レイヴンには知る由も無い。





 -第一話 リベンジ アンド ペイ その四
  ジナイーダが受けたアライアンスからの依頼。ある施設の制圧がその目的だった。
  あまりにもあっけない防衛力に拍子抜けするジナイーダだったが、最深部ではある人物が待ち受けていた。





 -第二話 砂漠の中で その四
  たった一日でレイヴンが全滅し、政府機関の代理となったアライアンスはその日を一日戦争と名付けた。
  生き残った数少ないレイヴンの一人、ノブレスは専属オペレーターのシーラと共に砂漠の街に流れ着く。



 -第三話 迷争 その三
  交わされた決闘の約束。所詮、レイヴンは戦いばかりにかまけてしまう大馬鹿者だ。
  シーラは当然のようにノブレスの勝利を祈るが、見づからの主の勝利を祈らないものもいた。
  そして、戦いの最中にジナイーダはあるメッセージを受け取る


 -第四話 Who is foolish? その二
  邪魔が入ることによって、戦いに決着が付く事はなかった。
  ジャウザーの提案する反抗作戦に協力する事をノブレスは約束する。
  ジナイーダはメッセージに突き動かされ、アライアンスを目指すことを決意する。
  作戦決行は明日だ。





 -第五話 強襲 その四
  開始されたアライアンスへの反抗作戦。
  ノブレス達だけでなく、誰かが測ったように行方不明だったりムファイヤーまでもが本部に姿を見せる。
  そして、体をなくした男は動き始める。
  ※今まで以上の中二病に注意。





 -最終話 マイムマイム その五
  かって、世界はインターネサインの作り出す特攻兵器によって炎に包まれた。
  そしてそのインターネサインの守護者はまだ力を残している。  
  目的を果たすべく、守護者はその力を解き放った。


 -エピローグ 汲み上げられた水
  インターネサインが破壊されてからしばしの時が過ぎ、街は元の姿を取り戻していく。
  インターネサインの残骸を印とするようになった街に、生き残ったレイヴンたちが集まった。  


 -番外編 アンダースタンド。A and B
  ジャックのノブレスに対するかまかけ編。


 -番外編 回り灯籠  その二
  一日戦争の折、遂に活動を始めたパルヴァライザー。
  そんな機械にだって、過去はあるのだ。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー