※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここはウォルター資材保管区
目的は不明だがフライトナーズが活動している様だ
ACから見たら狭い通路を二機のACが通行している
「こちらアサルトドッグ、状況はどうだ」
「こちらガードドッグ、問題はない」
二機のACを見つめる謎の影、こいつもACだろうか?
「それにしても、ルガトンネルのディソーダーが全滅するとはな」
「どうせレイヴンでも送り込まれたんだろ?」
謎の影が二機のACに向かってくる、隊員、後ろ!後ろ!
「クライン隊長は火星とコンタクトは取れうわっ……」
一瞬のうちに真っ二つにされるアサルトドッグ、隊員Bはようやく敵の存在を認識する……お前らちゃんとレーダー見てたのか?
「こちらB小隊!き…聞こえるか、赤いACが……」
一刀両断された二機のAC、その上に立つ赤き影、事態は混迷の一途を辿っていた……

12:00 ウォルター資材保管区   BGM フライトナーズのテーマ AC2
「こちらは上層部からお前のサポートをするように頼まれたクレスト派の者だ、早速だが……」
ルガトンネルにてアッザムもどきもといディソーダーの殲滅に成功したモリは資材保管区の制圧を命じられた
「こんな迷路をどう制圧しろと言うんだよ!」
本部は手短に目標を説明する
「この資材保管区にはいくつかの中継地点がある、そこを確保してくれれば十分だ」
「そ…そんなこと言われたっていくつ確保すればいいんだよ!」
ウォルター資材保管区は確かに一度迷ったら出る事が出来ない迷路かもしれない
だが、ルートを網の目のように張り巡らせているためいろんな所に出口があると言える
「最低でも3つは確保して欲しい、迷ったときは出口を探せ、以上だ」
「了解……これは長い戦いになりそうだなぁ……」
探索して特に進展がないまま5分、モリはついに1つめの中継地点を発見したのだが……
「中継地点内部に熱源3、フライトナーズACだと思われる」
「そんな、よりによってAC三機だなんて!」
AC三機……普通では考えられない戦力差である
「安心しろ、フライトナーズ産ACは我らのACと比べて脆いことが判明している」
「そしてフライトナーズはレイヴンの実力がないと言うことも掴んでいる、しかし奴らの方がレイヴンの数が多い、慎重に戦えよ」
「かなり怖いけど……行くしかないか……」
一方、中継地点内部にて
そこには三機のACが待機していた
「こちらD小隊……何、B,E小隊全滅、どういう事だそれは!?」
隊長らしき人物が叫んでいる、もう一人が状況を報告する
「B小隊の最後の報告によると赤いACに殲滅された様です、こちらも撤退を考えた方が良いのでは……」
3人目が何かを発見したようだ
「こちらに熱源1、ACだと思われます!」
「何だと、至急戦闘態勢を取れ、しくじるなよ!」
中継地点に突入する一機の黒い死神、もう一機の赤い死神が居ることも知らずに

「敵ACはハンタータイプが一機、アサルトタイプが二機だ、こちら側のACとの性能差を考えるとまず負けることはないはずだ」
「わかった、今から突入する!」
中継地点の内部には本部の言った通りACが三機、本部の言うことが本当なら問題なく殲滅出来るだろう
「来たぞ、蜂の巣にしろ!」
容赦なく飛んでくるライフル&パルスの雨をいとも簡単に避けアサルトタイプにグレネードと言う名の鉄槌を叩き込む
「なっ攻撃を避け……」
爆散するアサルトタイプ、脆い……脆すぎる!
「くっ……この程度の損害は計算の内だ!」
ハンタータイプのパイロットはモリを見失ったのか辺りを見回している
「奴は何処に行った……う…嘘だろ…」
振り向いた先にはにはバラバラに切り刻まれたもう一機のアサルトタイプが転がっていた
黒い死神は残った一機の獲物にその鎌を向ける
「だ…誰か……助けてく……」
切り落とされる獲物のコア、部屋に残るのは黒い死神
「こちらピンチベック、中継地点の制圧に成功した」
「それでは次の中継地点に向かって貰おうか」
残るノルマは後二部屋、激戦は続く

「熱源が密集している所がある、恐らくそこが次の中継地点だ」
「ところでさっき制圧した中継地点はどうしたんだ?」
「安心してくれ、今クレストの85式改部隊が到着した、ACでも来ない限り撃破されることはないだろう」
85式改、MTとしては並外れた耐久力を持つ、これがキサラギ脅威のメカニズムなのだろうか
「この中継地点の中には何が?」
「熱源は三機、いずれもフライトナーズACだ」
フライトナーズが相手ならもう臆することはない
「わかった、突入する!」
その時、急に本部が待ったを掛ける
「待て、反対側から熱源が一つ………ACか!?」
その熱源は次々と三つの熱源を消して行く……本場のレイヴンか!?
「恐らくバーテックス側のレイヴンだろう……任務は一旦中止、即座にそのACを撃破しろ!」
AP、弾薬はまだ90%を切っていない、これなら行ける!
中継地点の中にはボロ雑巾と化した三機のAC、そして

赤い死神が……

そのACはまるで血を塗ったかのような赤いカラーリングが施されていた  BGM 9 MOA 2AA NX
ブレード、リニアライフル、マイクロミサイル、グレネード
そして肩にはなにやら格好良く9と書かれたエンブレムが貼ってある
何かいろいろと違うが旧世代はこの赤い死神をこう呼んでいた

ナインボール、ハスラー・ワンと……

お互いのグレネードが火を噴き、相手を捕らえられぬまま壁に激突する
「くそ、何なんだこいつは!」
「……………」
「このAC……データがないぞ!」
このACはこの日に活動しているレイヴン22人の中に含まれていない
「バーテックスのレイヴンでもないようだが……撃破してくれ」
ピンチベックの脇をリニアライフルが掠める
ナインボールはグレネードを驚異的な軌道でいとも簡単に避ける
「このACは通常の三倍の速度で動いているのか!?」
グレネードの応酬、しかしそのグレネードを二機は受け取ることは無かった
グレネードをモロに受け、ヒビが入る壁、崩壊する連絡通路、戦いは激化して行く
そしてこの戦いにも終わりが訪れようとしていた
「これでも…喰らえ!」
ナインボールに限界まで接近し、ブレードをナインボールのコアに突き刺した
崩れ落ちるナインボール、モリは最後の一言を聞き逃さなかった

「大きすぎる……修正が必要だ……」

赤い死神は爆散した、しかし、これで終わりなのだろうか
ピンチベックの弾薬は10%を切っている、作戦の継続は困難だろう
「今のAC……データには無かったのだが……作戦は中止、一旦帰還してくれ」
「了解、これより帰還します」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー