※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルガトンネルにアライアンスの輸送車両が進入した、前線に物資を送るつもりなのだろうか
そしてその先にいる何か
車両運転手「なんだあれは…さらに大きな輸送車両じゃないか!」
しかし彼は見落としていた、巨大な輸送車両の前に何体かの何かがいたことを
車両運転手「しかし何処の車両なんだ……な、何だ!……」
その何かの大群は一斉に攻撃を開始し、アライアンスの輸送車両を瞬く間に蜂の巣にしてしまったのだ

11:00
モリ・カドルとゴールディ・ゴードンはアライアンスの指令により
ルガトンネルで消息を絶った輸送車両を襲撃したと思われる
敵勢力の駆逐に向かった
ゴードン「まさかこんな奴と組む事になるとは……俺も運のない男だ」
モリ「そ、そんなこと言わないでくれよ、ヘコむじゃないか!」
ルガトンネルにてモリとゴードンはこの世のものとは思えない光景を目にすることになる

モリ&ゴードン「な…何なんだこれは!」
蜂の巣になった輸送車両、数え切れないほどの謎の兵器
謎の兵器群はモリ一行を確認、嵐のような攻撃を始めた
すぐにトンネルから飛び出す二機のAC
モリ「何なんだよあれは!」
ゴードン「解らん、ただ一つ解ることと言えば」
ゴードン「奴らがアッザムに似ていることだけだ!」
モリとゴードンはトンネルの外からチクチクとアッザムもどきの数を減らしていく
しかし、アッザムもどきの大群はどうやらその数を減らすことを知らないようだ
モリ「この攻撃……どうやってかわせばいいんだよ!」
ゴードン「そういうときは身を隠すんだ!」
激戦の途中、モリはあることを思い出す
モリ「あ…そうだ、これでも喰らいやがれ!」
モリは両肩のグレネードを乱射、アッザムもどきの殲滅に成功した
(本当は乱射できんがな!)
ゴードン「何故それを使わなかった!(怒)」
モリ「い…いや…だって……何だあれは!」
その奥には巨大な輸送車両の姿が……
ゴードン「な…何だあれは!」
その輸送車両からアッザムもどきがこぼれたのをゴードンは見逃さなかった
ゴードン「モリ、奴を追うぞ!」
モリ「ちょ…ちょっと待ってくれよ!」

後半に続く




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー