※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

淀み無く透き通った、綺麗な空。
雲一つない快晴。その果てに、人類にとっての脅威が存在するなどと誰が思うだろうか。
見えないから、知らないから人々は暮らす。
それを知った時、人々はどういう行動を取るのだろうか。
神の怒りとも言えるものが、空から降る。
人々は、何処へ行くのだろうか。

三代企業の一つ。ミラージュ本社ビル。
そこから遠く離れた名も無き森。
そこから少し離れた場所で一つ、しかし大規模な爆発が起きた。
ACのコアを一撃で射抜けるほどの威力を持った銃器の暴発。
そして大量のミサイルを積んだコンテナに、次いで誘爆。
ACを丸ごと吹き飛ばすに十分足りる大爆発が、起きた。
爆発した機体の、コア部分だけはどうにか無事だった。だが、あくまで原型を留めていたというレベル。
搭乗者であるルークも、きちんと原型を留めていた。
しかし、見るからに無事ではない。生きている事が不思議なくらいの傷を、負っている。
「ルーク…」
クレリスが悲しみと驚きを未だに隠せない表情で、そのままの声で語りかけた。
止めどなく溢れる血。明らかに骨折している四肢。瀕死と呼ぶのに相応しい状態だった。
「カリム…駄目だ…目が…何も…見えない」
彼がこれまでどんな事をしてきたのか、クレリスには解っている。
解っていても尚、やはり愛した男を死なせたくはない。

「ルーク…」
名前を呼ぶことくらいしか、今の彼女には出来なかった。
血を止める事も出来ない、命を助けるなど思うだけ無駄である。
ひざに乗せたルークの顔は真っ赤に染まり、今まさに息絶えようとしていた。
「お前…助ける為に…協力してくれたんだ…あの、機械…教えてくれたんだ」
途切れ途切れに言葉を吐く、一緒に、血も吐く。
「……」
言葉が出ない。程なく、彼は死ぬだろう事が容易に理解出来た。
「————」
最後の言葉だった。数多のレイヴンを殺害し、世を混沌に陥れた男が今、息絶えた。
悲惨な最期だった。或いは、当然の報いなのかもしれない。
クレリスは彼の最後の言葉を、死ぬ間際の長い言葉をしっかりと言葉に刻み込んだ。
涙は、流れなかった。

彼女のAC:URUGUを鉄橋まで運んだ輸送機が、降り立った。
ほぼ同時に、ローレンの乗るアスガルドもクレリスの元へとやって来た。
「…これは…何があったんだ…」
コクピットハッチから這いずりでたローレンが、自分の視点から見た惨状に声を上げた。
直ぐに地面へと降り立つ。輸送機もまた、降り立つ。
ローレンとプリマがほぼ同時にクレリスの元へ駆け寄った。
「クレリスちゃん!」
「あ…クレリスさん!」
思わず呼び慣れた名で叫ぶプリマと、なんと呼べばよいか混乱した挙げ句さん付けでよんでローレン。
向かえたのは、ルークを抱きしめるクレリス。
美しい黒髪は今や彼の血で真っ赤に染まり、パイロットスーツも鮮血に染まっている。
体中の血が溢れでたような、まさに戦慄の光景だった。
二人とも、駆け寄ったは良いが何と声をかければ良いのかが解らない。
口を開いたのは、クレリスだった。
「アリアに、伝えないといけない。あと…クリフにも連絡しないと」

走りながらクレリスから連絡を受けたアリアは、目的地に到達した。
最上階目指して走り出したい気分だったが、そこまで走ると時間がかかりすぎる。
大人しくエレベーターで昇る。
受付嬢は見るからに婦警という出で立ちの女性が、いきなり走り込んで来て驚愕した。
声をかける事も出来ないまま、彼女の「社長室はどこ!?」という言葉に、素直に答えた。
そして今、彼女は一つのドアの前に立つ。
栗色の髪の髪留めが外れ、常のポニーテールではない。
走って来ただけあって、乱れていたが呼吸だけを整えてドアを開いた。
コスモス・カンパニー社長室。レリック氏がこの先に、居る。
全ての元凶が、此処に居る。
今まさに世界を脅かし続けるものを、所持している男が此処に居る。
そして今これから彼女は、彼の陰謀を水泡と帰す為に扉を開けた。

ノックもせずに突然入って来た来客者に、社長レリック氏は一切驚かなかった。
アリアに背を向けた状態で大窓から外を、市街地を見下ろすように眺めていた。
「ようこそ、君は…アリア=リーフオルト君か?」
スーツ姿の背中から、声がした。淡々とした、表情の無い声。
「何もかもお見通し、ですか…」
「いいや、来る可能性があるとすれば君しかいない。それだけのことだ」
相変わらず、大窓から市街地を眺めている。
「私が来た理由は…」
「私を逮捕、か。残念だ…」
そう言うと、彼はゆっくり踵を返した。
眼鏡をかけた、意外にも若い男。初対面ではないが、アリアにはその記憶が無い。
「全てうまくいっていた…そう、ルークがきちんと…死んでくれないから」
無表情を無理矢理笑わせたような、奇妙な笑顔で彼は語りだした。

「非常に、残念だ。もう少しで、もう少しで…完成するのに…」
本当に残念そうに、声を絞り出す。そして傍らの椅子に手をかけ、座る。
「多目的人工衛星…良い響きじゃないか。本当に、多目的だ」
「正しくは衛星砲台、ね」
クレリスからの情報とカヅコの占い、ローレンの手品の手法全てが彼女に真実を悟らせた。
「レイヴンを殺して回るなんて回りくどい事をしておいて、しっかり準備を進めておく…」
「その通り。あれさえ完成すれば、世界は私のものになった」
アリアは銃を構えるでもなく、側にあった机の上に腰掛けた。
「人を機械化する装置とか、ACを貫ける狙撃銃とか…そんなものを作れる技術があるのに、なんで?」
このアリアの言葉で、レリック社長は大笑いした。
アリアは怪訝な顔をしたが、彼は構わず続けた。
「随分と単純で、簡単な質問だ。言ったろう、私は世界そのものが欲しかった」
「世界征服がしたかったの?」
「幼稚な夢だと?だが、私にはそれを可能にするだけの技術と、力があった」
確かに、とアリアは短く答える。
「じゃあ…そうね、貴方の罪状は…世界征服未遂の罪、かしら?」

「未遂か、そう…未遂だ。まだ…アレは完成していない。もう少し、もう少し時間があればよかった」
レリック社長は大げさに両手を掲げ、そして下ろした。
「優秀なレイヴンを味方につけ、レイヴンを殺させる。平和という餌で」
アリアの言葉にレリックは大きく頷いた。
「そして最後には、ルークにも死んでもらう。証拠諸共、吹き飛んでもらう予定だった」
「そしてそれが、失敗した。と」
アリアはわざと皮肉を込めて言った。彼は、何も反応しない。
「薬莢を残し、ステルス機能を一瞬だけ切り離し、見つけさせ…焦らせる」
全ては彼の手の内の出来事だった。
クレリスの身体も、ルークの意思も、レオンの行為も、カールの死も。
瀕死のクレリスを助け、ルークを引き込む。
最初はまったくの偶然だった、優秀な手駒たる人物を偶然にも、手に入れた。
レオンという男を利用してレイヴンを殺させ、最後には殺す。
「あれはルークのアイディアだ。あの場所で、あの窓を開けると銃弾が撃ち込まれる」
「あらかじめセットしておいた銃から一発、ね」
「回収して処分さえしてしまえば、狙撃手の居ない狙撃の完成だ。だがこれは…」
「この会社に不信感を抱かせる事になったわけだけど、ほんの少数の人間にね」

「取るに足らない些事だ。カールの死でそれは完全に取り去れた」
レリックは社長は嬉々として語っている。既に野望はついえた状態であるにもかかわらず。
「…私が…カールを殺さなかったら…どうなってたの?」
「勿論、カールを罠にかけて殺す。そして君たちにヒントを与える」
アリアはきつく眉根を寄せた。
対するレリックはそれを歯牙にもかけない。
「さぁ…私の衛星砲は…これからどうなる?」
「技術提供者のクリフって人、知ってるわよね?その人が、どうにかする。ってさ」
レリックは、静かに立ち上がった。
最中「彼なら…」と静かに呟いた。
「問答は終わりみたいね…聞こえる?足音」
直ぐに、捜査団が社長室へと飛び込んで来た。
レリックはアリアを見て、両手を上げそして一言だけ言葉を告げた。
「本当に…残念だ」
軽く笑い返して、机から降りたアリアも言葉を返した。
「さようなら」

一連のレイヴン殺害事件は幕を閉じた。
主犯格のルークの死、そして黒幕のコスモス・カンパニーのレリック社長の逮捕。
全ては世界征服と言う途方もない個人の野望の成り行きだった。
犠牲者は多く、レイヴンの数は激減していた。
勿論企業そのものも力が衰え、世は混沌とした状態に陥った。
全ては一人の男の手の上で人々が踊った結果だとは、にわかには信じがたい。
多目的人工衛星という偽装を完璧に通し、前代未聞の兵器を宇宙に堂々と放った。
今も尚、それは人々の頭上を一定の速度で動いている。
未完成のまま、それは漂う。

アリアは疲れた面持ちで廊下を歩く。
一連の功績を表彰され、昇進した。それに加え、賞まで貰った。
先ほど迄の授与式で、彼女は真面目な態度を取り続けたため変に疲れているのだ。
壁一面がそのままガラス張りで、ビル街を一望出来る。
あれからクレリスと連絡が取れていない。プリマもローレンも、行方を知らないと言う。
アリアに最後のルークの言葉として伝えた電話を最後に、姿を消した。
探すあてもないまま、日々は過ぎて行った。
(何処で…何をしてるんだろう)
ただ純粋に、会いたい。何をするつもりもない、ただ、会いたかった。
「はぁ…」
「ため息?どうしたの?」
傍らのプリマが顔を覗き込んだ、表彰式に一緒に来てくれた。
「ううん、何でも無い」
そう、とプリマは傍らにあった丸い椅子に座る。それから、直ぐに立ち上がり言った。
「何か飲み物買って来るね」
プリマの後ろ姿を、アリアはずっと見つめていた。

不意に、背後から声がした。
振り向けば、そこに一人の男が居た。
「ローレン…」
「おめでとう、アリア」
ローレンはアリアに笑いかけた。なんとなく、安心感が得られた。
「…こんなもの、私には意味ないんだけどね」
胸の勲章を見て、すぐにローレンに向き直る。
「…まぁ、あって困るものじゃないさ。っと、そうだ」
ほい、と手を差し伸べた。瞬間、その手にどこからか花束が現れた。
アリアは手品好きの彼に慣れたので、今更大げさに驚きはしない。
「…ありがとう」
「うーん…元気無いなぁ。やっぱり彼女の事が気にかかるのか?」
彼女、とはクレリスの事。
その通り、と答えようとしたアリアは、しかし遮られた。
携帯電話が着信を告げた。
アリアは急いでそれを取り出した。確信があった。相手はクレリスだという、確信が。

強風が吹く、ビルの屋上で一人の少女が携帯電話を片手に立っている。
通常出入りすら出来ない市街地でもひと際高いビルの上に、少女が一人居る。
普通ではあり得ない光景だ。
常人では、吹き荒む風の中でまともに立っては居られない。
「アリア、色々世話になったのにこんな形でお礼をしてごめんなさい」
クレリスは強風に身じろぎもせず立っている。実に毅然と。
「私は…日の当たらない場所で、動く。…うん、この身体が機能し続ける限り」
彼女の身体は、機械で出来ている。
半永久的に、生き続ける事が出来る。
「また会う事があったら…うん、一緒にアイスクリームを食べよう」
それを最後に、彼女は電話を切った。
この世界に生きる人々が、彼女の眼下非常に小さくせわしなく動いている。
この先には、沢山のレイヴンが今もACを操っているのだろう。
善くも悪くも、世界は元に戻った。
今が平和なのかは、彼女には解らない。
ただ空を見上げ、一言呟いた。
「私は探し続けるよ、ルーク」
                        -fin-




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー