※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これにてクーゲルシュライバー・セヴンビークスのSSは終わり。
あとがき、という名の妄想と反省を書き連ねる。

アルスは管理者の手に落ちて命を落とした事になってます。
フルヴァンは全てが終わった後に、跡だけ見た事に。
管理者彼の機体に残った戦闘履歴からアルスをデータ化
スタードラゴンを量産し、レイヴン排除の駒として利用。
その傍ら、スタードラゴンと戦ったレイヴンの情報も取得。
そして兵器を作って、その中に本体を押し込める。
姿としてはパルヴァライザーに近いものを想像して頂ければ。

この世界はNXの少し前、って事になってます。
リウェッタが念願かないレイヴンとなる少し間、ナービスが新資源を発見。
要するに(妄想ではあるが)リウェッタがNX主人公となります。
そして排除君を倒し、特攻兵機の襲来を直撃。
重傷を負い、記憶を失いつつ頭に残った「戦い」だけを元に再度レイヴンへ。
名前を失った彼女はジナイーダと名乗りファシネイターを駆る存在へ。

管理者の「準備」は特攻兵機生産。
後にジャック・Oにインターネサインと名付けられたアレです。
脳である管理者こそ失えど、体であるインターネサインは活動を続ける訳ですが。

本来ならモリ・カドルも登場させる予定だった。
ディオの過去の話、記憶の無い孤児の時のお話。
その中でモリ・カドルとなる少年を登場させようと思ってた。
そして彼を本編に少しだけ登場させ、リウェッタ(ジナイーダ)と接触させよう…なんて。

あくまでこれは俺のSSを肥大化させた妄想であることを了承して下さいまし。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー