※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パン!

ラナ・ニールセンの腕を勢いよく払い除けた。
「そんな胡散臭い話を信じるとでも?」

「そうか…」
使えない奴だと言わんばかりの視線が俺に注がれている。
本性を表しやがったな。

ネスト関係者か?何故姿を現した?目的は何だ?
ええい、今はそんな事はどうでもいいわ!捕まえてからゆっくりと吐かせてやる。
「どおりゃぁぁぁぁぁぁぁ!」

ゴス…

勢いよく飛び掛ったはいいが、即頭部に痛烈な蹴りを見舞われて俺は倒れた。
何だこの…金属でぶん殴られたような…衝撃は…
こいつ…人間じゃ…ない…駄目だ…意識が…

 ・
 ・
 ・

気が付くと家の前に立っていた。
「あれ?」
確か俺はバイトに行って…帰ってきたのか。

帰る途中の記憶がスッポリと抜け落ちてる。
まだボケる歳でもないし、こういう病気あったよな。
あ~やだやだ。今度病院にでも行った方がいいか?

とりあえず家の中に入ろう。
「ただいま~」

バタバタバタバタ…

「ヨウヘイさん、心配しました…」
「?」
「どこに行っていたのですか?」
「どこって…バイトだよ…」
アイビス???何を言っているんだ?

「今何時だと思っているのですか?」
「何時って…夜の1時ぐらいじゃないの?―――あれ?」
腕時計が壊れてる?針が指し示しているのは3時半過ぎだった。
ど、どういう事だ?

「ヨウヘイさん?」
「ちょ、ちょっと夜道を散歩しててさ。遅くなるのに連絡しなくてゴメン。」
「……………」
「な、なんか疲れたな…少しソファで休むよ。」

フラフラと居間に向かおうしたところ、後ろから視界を手で覆われた。
「な、なにふざけてるんだよ、アイビス。」
「必ず元に戻してみせます。」
「えっ?」

「後は任せてください…」
そこで俺の意識は途絶えた。


-END-





★隊長とトロットの説教部屋★

隊長「ナニカサレタようだな。」
トロット「ナニカサレちゃってますね、隊長。」

隊長「最終戦直前にまさかの退場。実に嘆かわしい。」
トロット「嘆かわしい限りです。」

トロット「でもコレ引っ掛けですよね?」
隊長「MOAをプレイした人ならラナ・ニールセンの正体は分かりきっているからな。」

隊長「ここに来たのは素直な奴か、裏の裏をかいて失敗した奴だろう。」
トロット「あえてBAD選択肢を選んでくれた心優しい人もいるかもしれまえんよ?」

隊長「それもあるな。さあ、戻ってやり直せ。」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー