★その108

「なあ、頼んでみようぜ。」
真っ暗な場所…

「今度こそ、いい依頼を持ってきてくれるさ!」
真っ黒な影がしつこく話し掛けてくる。

「学園長に頼んでみようぜ。」
俺と同じ姿をした影が…

「あの時の報酬はぜ~んぶ、修理費でとんじまったからな。
 グローランサーをジノーヴィースタイルに換装したいだろ?
 稼ごうぜ!1人殺すのも、2人殺すのも同じじゃないか。」
これは夢だ。同じ様な夢を何度も見る。

「あ~1人じゃないかもな。あの規模の機動兵器だ。2、3人は殺したか?
 もっと乗ってたかもしれない。そうだろ?」
何度も、何度も、何度も…

「トルーパーさんを助ける為に何人も殺せたんだ。
 金の為にも殺せるさ、ステップアップしようぜ!」
それとこれとは違うだろ…

「違わないね。お前の勝手な倫理観なだけで、本当は何も違わない。」
違う…守る為の戦いは違う。
「自分に近しい人間を守る為には殺してもいいんだ。偽善的~!ヘドが出る。」
そうじゃない…

「トルーパーさんがレジーナの親父さんでよかったよな~
 感動の再会を見て安心しただろ?拠り所が欲しかったんだよな?
 自分は間違っていない。これでよかったって思いたかったんだ。
 自身の行いが正当であると思い込む為にあの娘をダシに使ったんだよ。」

うるさい…黙れ…

「ふぅ…先が思いやられるね。」
傭兵以外の道だってある。
「せっかく見込みがあるって言われたレイヴンを諦めるのか?
 止めてどうする?他に取り得なんてないくせに。」

アリーナ専門になるっていう選択肢もあるだろ。
「アリーナ専門だって?相手に怪我をさせないように
 殺さないように気を使いながら戦うのか?そんな余裕あるのかね~」

じゃあ、どうすればいいんだよ…

「この混沌とした世界でこの先生きのこる為には非情さが必要だ。
 街は危険で満ち溢れている。傭兵業を抜きにしてもな。
 嫌でも火の粉が降りかかってくるんだ。
 自分だけじゃなく、いつか大切なものを守れずに失う。
 そうならない為に、躊躇わず殺せるようになっておけ。」

それが…答えか…

「お前はもう踏み出したんだ。逃げられないぞ―――」

ガバッ

「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ…」
やっとの事で悪夢から開放された。全身が汗で濡れていて寒い。
「ちくしょう…」
今日のはかなり酷かったな、最低だ…

コン、コン

ノックと同時に部屋に入ってきたのはベアトリスだった。
「兄さん、いつまで寝てるのよ。」
「おはよう…」

ベアトリスが起こしにきてくれるなんて、珍しいな。
今何時だろう?
「げッ!?登校時間がとっくに過ぎてる。遅刻だ!ベアトリスはいいのか?遅出か?」

「なに言ってるのよ。今日は休日。」
「へっ?」
「午前中はみんなでお父さんとお母さんの墓参りに行く約束でしょ?」
「そ、そうだっけ?」

「もう、しっかりしてよ。」

★その109

墓地に向かう車中でセレン姉さんに「最近のお前はだらしないぞ。」と言われた。
砂漠で何があったのか…みんな知らない。校外学習と偽って出かけたからな。
あの一件を知っているのは学園長、トルーパーさん、レジーナの3人だけだ。

勝手に決めて、嘘までついて行って、1人で悩んで…
かなり後悔していた。今さら相談する事もできない。
3人にはACを手に入れて腑抜けたと思われている事だろう。

墓地に着いてから墓をきれいにし、ヴァーナルフラワーで買った花を供えた。
手を合わせながら心の中で問いかける。
父さん、母さん、俺はどうすればいいと思う?
墓石に問いかけても、当然答えは返ってこない。

2人は俺が傭兵になる事に賛成してくれるだろうか?
父さんは喜びそうだな。生きてたら親子二代でACを並べたりしたかもしれない。
母さんは嫌がりそう。何故かは知らないがACの事を嫌っていたから…

「そろそろ行くぞ。」
姉さんの声で現実に引き戻された。

なにやってるんだろうな、俺は…
死んだ両親に助けを求めたりしてさ。

ごめんね、今度はもうちょっとシャキっとしてから来るよ。父さん、母さん…

★その110

墓参りから帰って自室に引き篭もった。
「はぁ…」
何もする気が起きない。

最近はずっとこうだ。余暇を持て余している。
グチグチ悩みながらベッドの上でゴロゴロしているだけの無為な時間を過ごしていた。
学校やバイトに行って、何かする事が決まっている方が気が紛れていい。
そういや今日は夕方からバイト入れてたっけ。早く夕方にならないもんか…

コン、コン

「開いてるよ。」
「失礼します。」
朝起こす時以外でアイビスが部屋に訪ねて来るのは珍しいな。

「何か用?」
口に出した瞬間、自分の言葉に棘がある事に気付いた。
イライラをこいつにぶつけても仕方ないのに…
俺は思春期のガキかよ。

「あの、夕食にリクエストでもあればと思いまして…」
ほれみろ、何も悪くないアイビスが申し訳無さそうにしてるじゃないか。
八つ当たりするな馬鹿者。

「今日はバイトに行くから夕食はいらないんだ。言うの忘れてた、ごめん。」
「そうですか…」
あ~あ、重ねて最低野郎だな。

「あ、アイビス…最近調子どうよ?」
「良好です。」
「そ、そっか…」
なに言ってんだ、俺は。

「ヨウヘイさんはあまりよくなさそうですね。」
「えっ…ああ…そんな事…ないよ。」
思い切って相談してみるか?いや、しかし、でも、やはり、その…
ああ、もう!自分が鬱陶しい。

「あのさ、ちょっと聞いて欲しい話があるんだけど、いいかな?」
「はい。」
「俺の友達がさ、人は殺したくないけどレイヴンになりたいって言ってるんだ。
 凄く変だろ?その…どう言ってアドバイスしてやればいいと思う?」

「その友達というのはヨウヘイさんの事ですね。」
ギクッ!
「ち、違う、違う。友達だってば!」

「……………」
ううっ…こうもジトっとした目で見られては…
「すいません、俺の事です…」

「このところ様子がおかしかったのは、それを悩んでいたのですか?」
「はい…」
もういいや、全部正直に話してみよう。

___1時間後。

学園長に言われたこと。
砂漠で初めて人を殺したこと。
あれから悪夢に悩まされていること。
ACで戦っている時にとても充実感を感じていること。
包み隠さず全てアイビスに話した。

自分でも驚くぐらい思っている事を素直に話せたと思う。
アイビスは聞き上手というやつなのかもしれない。
そして溜め込んだ物を吐き出したおかげで、少しラクになった。
「どう思う?」

「質問を質問で返します。もう答えは自分の中に存在するのではないですか?」
確かにある、あるにはあるんだが…
出来る限り人を殺さない傭兵、でもそれは―――
「それは難しいんだよ。とてつもなく…」

「確かにヨウヘイさんの理想は難しいです。
 同じ様な考えを持ったレイヴンが過去に何人か存在しました。
 それを貫き通した者は戦死し、挫折した者が生き残りました。
 そのまま大成した者は記録にありません。」

やっぱり無理なんじゃないか…
「でもヨウヘイさんも無理と決まった訳ではありません。」
「えっ?」

「まだ卒業するまでに時間があります。強くなってください、今よりももっと強く。
 自分の理想を、我がままを突き通せる程に強くなってください。」

自分も大切なものも守り通して、その上出来る限り殺さないなんて
無理かもしれない。でも諦めるのは…まだ早いかもしれない。

「相手を殺さずに倒すのが3倍の労力と10倍の危険を伴うのなら
 常人の10倍強くなる必要があります。」

「俺に出来るかな…」
「保障はありません。」

「クッ…ククッ…はははははははははっ!」
「?」
「アイビスは容赦ないな。」
「??」

「そこは嘘でもいいから”出来る”って言うところだろ。」
「無責任な肯定はしません。でもお手伝いする事は可能です。
 あなたが自分の理想に近づけるように…」

馬鹿だと謗られ罵られるかもしれない。だが殺したくないものは殺したくない。
あの学園長でさえ有り得ないと言った茨の道だ。並大抵じゃままならないぞ。
途中で挫折するかもしれない。でもいいじゃないか、行ける所まで行ってみるさ。

強くなろう、我がままを突き通せる程に強く。

★その111

外は曇っていたが、俺の心は晴れやかだった。
鬱屈とした気持ちはどこかに吹き飛び、こんなにも身体が軽い。
猛スピードで自転車を漕いで、風を切りならがBARテックスに向かった。

 ・
 ・
 ・

店に到着した俺は勢いよく事務所兼スタッフルームのドアを開けた。
「おはようございます!」
「おは・・・よう・・・」

部屋の中にいたのはンジャムジさんだけだった。休憩中かな?
「ジャック・・・カウンターに・・・でてる・・・」
「了解しました!」
ちゃっちゃと着替えてマスターを手伝いに行こう。

「おまえ・・・なやむの・・・やめたか・・・」
「はい!ご心配をかけました。」
俺はさっと頭を下げてカウンターに移動した。

「マスター、おはようございます!」
「おはよう。早いじゃないか…」
「そうですか?」

「なるほどな…」
「なんです?」
「なんでもないさ。それよりちょうどよかった。あちらの紳士が君をご指名だ。」

紳士が俺を指名?一体誰だ?
マスターが示す先にいたのは―――
「トルーパーさん!?」
まだ包帯の取れていない彼がカウンターの隅に座っていた。

「びっくりしましたよ。怪我はもう大丈夫なんですか?」
「ああ。」
「アルコールいいんですか?」
「ああ。」
相変わらずな感じに少しほっとした。

「よくここが分かりましたね。」
「娘に聞いたんだが…迷惑だったか?」
「いえ、レジーナと上手くいってるみたいで安心しました。」

「そうでもない。戻ってくるよう言ってみたが撥ね付けられたよ。
 けじめをつけたいそうだ。」
レジーナも頑固だなぁ…まあ、そこそこ上手くいってるのかな?
残念そうに笑うトルーパーさんはどこか嬉しそうだ。

「こんな事を言いに来たんじゃなかったな。あの時は…すまなかった。」
「謝らないでくださいよ。後悔はありません。」
「君は引き返す事を選択していた…」

「あれでよかったと思っています。いえ、俺がああしたかったんです。」
「しかし…」
「出来るだけ殺さないレイヴンになると決めました。その為に強くなるって。」
「そうか…」

それ以降、トルーパーさんは何も言わなかった。
カウンターの隅で静かにグラスを傾け
帰り際に「娘と仲良くしてやってくれ。」と言って彼は店を出た。

★その112

「雨、降ってきたみたいですね。」
「そう・・・だな・・・」
BARテックスは地下にあるせいで、小降りの雨だと気付かないが
大降りだとザーっという雨水の流れる音が聞こえる。

「お客さん来ませんね。」
「そう・・・だな・・・」
辺鄙な所にあるせいで大雨が降ると客足がますます遠のくのであった。

店員が3人並んで暇そうにグラスを磨いているショットバーはそうそうないだろう。
結局、4時間近くグラス磨きをしてしまった。うちのグラスはどれもピカピカだ…
これでいいのかBARテックス?

「君はそろそろあがりたまえ。」
「えっ?まだ少し早くないですか?」
「表に立っているお嬢さんは君を待っているんじゃないか?」

マスターに言われて気付いた。店の曇りガラスに人のシルエットが映っている。
う~ん、あの形は…アイビス?ああ、そうか!
家を出る時に傘を持って行けって言われたのに、持ってくるの忘れた。
わざわざ持ってきてくれたのか…

「でも…」
「この雨だ。今日は我々も早仕舞いするよ。あがりたまえ。」
「おつかれ・・・さま・・・」
「じゃあお言葉に甘えて、お先に失礼します。」
手早く帰り支度を済ませて表に急いだ。

いつもの仏頂面で傘を2本持った彼女がそこにいた。
「お待たせ。」
「早かったですね。」

「サンキュ、でもわざわざ来てくれるとは思わなかったよ。」
「これから忙しくなるのに風邪をひかれては困ります。」
「そうだな。」

「帰りましょう。」
「歩きで来たの?」
「はい。」
傘が2本に自転車が1台か…

「二人乗りで帰ろう。」
「自転車の二人乗りは危険です。」
「安全運転で帰るさ。」

「私…その…重いですよ?」
「知ってるよ~!それに脚力には多少の自信があるから大丈夫。」
「……………」
少し不服そうな表情をしながらも、彼女は自転車の後ろに乗った。

「傘は頼んだ。しっかりさしててくれよ。」
「了解しました。」
「落っこちないようにしっかり掴まった?」
「はい。」

よし、いざ発進―――――お、重い。
平地でこれほどペダルが重くなるものなのか…

「ぐぐ…重い…アイビス体重何キロあるんだ?」
「女性に体重を尋ねるのは失礼だと思います。」
「ははッ、違いない。」





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー