※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ジャック・・・どこへ行ったのだ・・・」

エヴァンジェは一人奔走する。

自らがドミナントと認めさせるため、彼は各地で戦いに明け暮れていた。

彼には好敵手と認めた3人のレイヴンがいた。しかしながら各雄とも行方が知れず。

一人残された男は虚しくも孤独な頂に君臨していた

「最強と謳われているものの・・」

エヴァンジェしかいなかっただけだ。

横に並ぶものがいなくなってしまった。只それだけだ。




そんな苦悶を抱える日々に転機が訪れる。

―ジャック・Oの居場所を教えてやる―

偽りの情報かもしれない、それでも行く。

エヴァンジェは退屈している。たとえ偽りでも退屈を紛らわせるなら・・・



期待と諦めを抱き目的地に赴く

目的地が近くになると通信が入った

「久しぶりだな、隊長殿」

「ゴールディ・ゴードンか・・俗物が、私に何の用だ」

ヒューっと茶化したようにゴードンが息を吹く。

「隊長、用があるのはアンタの方だろう?」

成程、コイツが情報の提供者というワケだな。

ということは

「ゴードン、誰に依頼された?」

「ハッ、何を言ってるのか分かりませんねぇ隊長殿」

エヴァンジェは落胆してみせるものの、その瞳に闘志を宿らせる。




目的地につくと銃弾が出迎えた

予想はしていたものの、予想通り過ぎてウンザリしてくる。

「俗物よ、お前一人でガレージから出てこれるなんて偉いモノだな」

「昔の俺とは違うのさ」

確かに動きからその自信がどこから来ているのか分かる

動きが違う。重量級ACの動きではない

「レイジングトレントⅨ・・・次世代ACとは素晴らしい物だなぁ!?」

今まで見たことの無いパーツで組まれたACは圧倒的な力でAC:オラクルを蹂躙していこうとしていた。

(どこの企業のACだ・・あまりに規格外な性能だ・・・)

「しかし・・・幾ら機体がよくとも、レイヴンとしての差!俗物とドミナントの差を思い知らせて見せよう!」






―脚部破損―

―左腕破損―

―頭部損壊―

―AP80%低下―



一方的に勝負は終わろうとしていた、所詮自分はドミナントでは無かったというのだろうか。

「情けないなぁ、ヒヨっ子」

「手こずっているようだな」

「存外そんなものか」

自らの死も受け入れようと言う時にエヴァンジェは見た。五機のACを

「 烏大老・・・?貴様死んだはずでは・・・」

「何、大人には大人の事情があるんだよ」

いずれも索敵に長けた外見をしているACが瞬く間にレイジングトレントを追い詰める。

「おい、冗談じゃねぇぞ・・お前、データにあるぞ・・・セロだな?」

聞いたことのないレイヴンだ。

「リンクスがどうして俺に銃を向けてるんだ?」

リンクス?何がなんだか状況が分からない。

「向こうの企業も一枚岩じゃあないんだ。こっちでもそうだろう?」

銃声―

破壊―

俗物の最後だった。




気がつくとベッドの上にいた

傍らには赤いつなぎの男がいた。

「気がついたか」

男が口を開く

「ああ、お前は?」

「私はゲド、レイヴンだ」

男は答える。逞しい肉体によく似合う笑顔で。

「聞いたことが無い名だ。」

「だろうな。この世界のレイヴンではないからな」

サラっと理解できないことを言われた。こいつ頭は大丈夫なのだろうか。

「驚くのも無理もない。しかし、この世界の技術では不可能なものを見ただろう?」

レイジングトレントのことだろうか、確かにすさまじい火力と機動力だった。

「詳しくはまだ解明されていない。しかし私のいたところは2週間前にこの世界とつながった」

ゲドが説明してはいるが頭に入ってこない。

「そういえばこの世界でジャックという男と出会ったな。彼はうまくやっているだろうか」

世界のジャックといえば、彼しかありえない

「ジャックは?ジャックにあったのか?」

ああ、彼は今ね、とまで呟き少し間が空く

「どこかの施設の地下で瀕死の重体だったのだがね、見つけたところを応急処置しようとしたんだが巻き込まれて」

振り返るように語った

「巻き込まれ・・・・。ジャックは今どこにいる?」

「彼はね、旅立ってしまったよ。」

どこに?旅立った?まさかジャックは既に・・・と言ったつもりも、声がでなかった。

「会いたいかい?では君も行くか?」




「ラインアークに」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー