※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

屈強な男3人の相手なんか無理だ。こっちも袋詰めにされかねん。
警察に任せよう。

トゥルルルルルルル、トゥルルルルルルル、トゥルルルルルルル…

早く繋がってくれ。

ガチャ

「はい、不路夢市警です。」
繋がった。

「すいません、緊急事態なんです。人が拉致されそうで
 人身売買、いや臓器を売り飛ばすつもりかもしれない。」
「落ち着いてください。まず―――」

ドゴッ!

突然、後頭部に激痛が走った。何か鈍器で殴られたかのような。
倒れながら後ろを振り向くと、そこには鉄パイプを持った男が立っていた。

しまった、他にも仲間がいたのか…くそっ…
駄目だ…意識が…遠のいて…





★その41

「うっ…うう…」
頭が痛い。頭痛で目が覚めた。

ここは…どこだ?
狭い部屋だ。出口らしきものは見当たらない。
一面だけガラス張りの壁だ。その向こう側で白衣を着た男がニヤニヤ笑っている。
「やあ、お目覚めかい?槍杉洋平君。」

「あんたは誰だ、何故俺の事を…」
男は俺の学生手帳をヒラヒラさせている。抜き取られたのか。
「ふざけるな、ここは何処だ。さっさと開放しろ!」

「うーん、残念ながらそれは出来ない。君には我々の研究材料になってもらう。」
「ふざけるなぁ!」

「君の事を調べさせてもらったよ、なかなか面白い逸材だ。
 我々が有効活用してあげよう。」
「ふざけるなぁーーー!」

ドン、ドン、ドン、ドン

「あっはっはっはっはっ!このガラスは素手で叩いたぐらいじゃ割れないよ?」
「ふざけるな…」

「栄えある研究の礎になれるんだ。悪い話じゃないと思うんだけどな。」
「ふざ…けるな…」

こんなのって、ありかよ…


-END-





★隊長とトロットの説教部屋★

隊長「あーあって感じだな。」
トロット「この展開は悲惨ですね、隊長。」

隊長「まあ、背後に気を配れなかった貴様のミスでもあるがな。」
トロット「学園だけじゃなく、不路夢市も滅茶苦茶危険な所ですね、隊長。」

隊長「忘れたのか、トロット?ACの世界は普通に暮らしていても危険がいっぱいだ。」
トロット「民間車両を踏み潰しに来るACとかも居ますもんね。」

トロット「というか、この白衣の男凄いムカツクんですけど…」
隊長「オーメル仲介人に近いものを感じるな。」

トロット「こんなに笑えない展開がこのSSで来るとは予想外です、隊長。」
隊長「笑えない展開もたまにはいいだろう?」

隊長「さあ、戻ってやり直せ。」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー