※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「職員の中にそんな人がいるなんて、一体どうなってるんですか!」
熱くなってテーブルを思い切り叩いてしまった。

ガシャン

衝撃でテーブルの上に飾られていた壷が落ちて割れた。
やっちまったよ…
「すいません、つい熱くなってしまって、壷は弁償します。」

「君は何という事を…」
部屋の空気が変わった。

「この壷にどれほど価値があるのか分かっているのかね?」
学園長が凄い形相で睨んでくる。
さっきまでとはまるで別人だ。

「やっぱり高いんですよね…?」
「君ごときが弁償できる代物ではない。
 仕方がないなので、体で払ってもらいましょう。」
ええ、どういう事だ?

「連れ行きなさい。」
学園長が言った瞬間、何処からともなく黒服の男たちが現れて、俺を取り押さえた。

「うわ、何をする止めろ!」
暴れながらウィン・D先生に助けを求めたが
ただ見ているだけで助けてくそうな気配は微塵もない。
どうして…

俺は口と鼻を布で塞がれて意識を失った。





★その19

目が覚めると、手術台の上に縛り付けられていた…


-END-





★隊長とトロットの説教部屋★

隊長「これが今度の実験体か。」
トロット「はい、資料では元学生だとか。」

隊長「なるほど、例のルートからか。」
トロット「負債は相当な額だったそうですよ。」

隊長「夢敗れたりか。フッ、だがこの実験で生まれ変わるさ。」
トロット「生きていれば、ですが。」
隊長「ま、そういうことだな。では始めよう。」

トロット「ノリで続けちゃいましたけど、コレはどういう事なんですか?隊長。」
隊長「簡単に言うと弁償の代わりに売り飛ばされて、人体実験の被験者にされる。」

隊長「元ネタを知りたければ、初代か2で50,000c以上借金をしてみろ。」
トロット「なるほど、メモメモ…」

隊長「ちなみに名前を奪われたり、記憶を消されたり、喋り方が片言になってる可能性が高い。」
トロット「洋平君が片言になって帰ってきたら、セレンさんとベアトリスちゃん驚くだろうな…」

隊長「自業自得だ。そもそも家に帰れるのかすら分からん。」
トロット「学園は危険がいっぱいですね、隊長。」

隊長「迂闊な行動は慎めというのが今回の教訓だ。」
トロット「勉強になりますね、隊長。」

隊長「さあ戻れ、今度は壷を割るなよ。」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー