第三次企業間エリア争奪戦~VIPAC事変~Ver.1.40
GA陣営、VIP旅団陣営が4:3にわかれエリア(戦闘ステージ)の奪い合いをする企画です。

戦闘形式はバトルロイヤルでの殲滅戦。勝利した陣営がそのエリアを制圧できる。

奪い合うエリアは各陣営のリーダーが交互に決めてください。

各陣営の見分けが付くようにGA側はGAのエンブレムを旅団側は各自自由にエンブレム(GA陣営エンブ除く)を装備してください。

機体構成の基本は企業縛り。企業グループごとに縛ってください。

ここまでだと普通の企業戦なのでイレギュラー要素として独立傭兵1人とラインアーク1人を追加

さらに撃墜された場合、戦死扱いとし次から2戦終わるまで戦闘には参加できない。(各陣営共有のルール)

ただし、エリアオーバーでの撤退は生還扱いとし死亡扱いにはならない。

死亡者は死亡してから2戦終わるまで場外に出て試合を観戦する。その後復活する。

死亡者は本土襲撃時(防衛時)にのみ二戦見学せずに招集をかけることができます。

※本土襲撃戦
各グループの本土に設定された場所を襲撃された場合、そのグループに所属している人物のみ防衛に参加できる。
このとき防衛に失敗した場合、そのグループに参加していた人物は強制的に死亡扱いとする。


  • 独立傭兵のメリット
1)各陣営のどちらにも味方でき、両陣営を荒らすこともできる。 ただし、各陣営に雇われた場合は雇った陣営に攻撃不可
2)全ての企業のパーツの使用可
3)エンブレムを好きなものを使用可(GA、オーメル、ラインアークは禁止)

  • 独立傭兵のデメリット
1)企業固有のパーツの使用禁止(エリア争奪戦で1人だけ生き残っていた場合、一つ禁止パーツを解除できる。)
2)雇われた場合、自由に戦闘できない。
3)生き残っていた場合でもエリア取得にはならない。(陣地取りには参加できない。)
4)取得陣地が少ない企業の依頼は優先して受けなければならない

  • ラインアークのメリット
1)全ての企業のパーツの使用可。こちらは最初から全てのパーツを使うことが出来る。
2)一回だけ撃墜されても生還できる。

  • ラインアークのデメリット
1)全ての陣営が敵、とにかく生き残れ。
2)他陣営がラインアーク制圧時、その企業に従わなければならない。
3)この場合、勝利条件を満たしてもエリア制圧にはならない。
4)ラインアークのエンブレムを使用(強制)

※ラインアークの勝利条件
 ラインアークが勝利した場合VIPAC旅団の勝利扱いとする

  • GA陣営所属グループ<GA・インテリオル・オーメル>陣営所属者人数:各グループ1人ずつ配置+好きなグループに+1人

初期保有地:メガフロ、ラインアーク以外の全て

各グループ本土:GA・BIGBOX インテリオル・軍港 オーメル・メガフロ

企業固有パーツ(独立傭兵使用禁止パーツ)

<腕バズ、背ガト、社長砲、腕グレ、核、砂砲各種、重ショ、羽、レール各種、腕レザ> 

GA所属者 <>

  • VIP旅団陣営所属グループ(ラインアーク・オーメル)陣営所属人数:各グループに1人ずつ+機体縛りフリーを1人

初期保有地:メガフロ、ラインアーク

オーメル所属者<>

  • イレギュラー達
独立傭兵<>

  • ラインアーク<>
「エリア効果」
ラインアーク(各企業は1人しか参戦させられない。防衛側は独立傭兵を雇い二人で戦える)
クレイドル(制圧後、3回までラインアークの機体を使役できる。ただし、ここでの撤退=死亡となる。)





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー