※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オレの名前はサーファイア。街で噂の凄腕レイヴン。
今度の依頼主はクレスト。なんでも、研究施設が襲撃を受けているとか。
OK、俺様にかかれば一捻りよ。

現場に着くと、輸送機がもう一機?
クレストの現場担当がニコニコしながら近付いてきやがる。
聞けば、クレストの機体を使用してもらいたいとか。
ハッチが開くと、完全武装の逞しい中量二脚型ACがそこにいた!
やるじゃんクレスト。さあ、行くぜ!

で、動かしてびっくり。まず最高速172km/h。
原因はわかってる。背中のグレネード砲。
依頼主にゃ悪いがパージ…できねぇ、ロックされてる。なんて担当だ。
チッ、仕方ねぇ。
とりあえずこの丸い奴をぶった斬って……警告鳴ってる。
レッドゾーン付近から全回復に10秒はかかりやがる。なんだこれ。
外装だけかよ! 安物かよ!
ていうか何でミラージュ製なの。見た目だけ自社仕様ならいいの。
バカなの。

浮かべないんで敵が隙を見せたところでミサイル…当たらねぇよ!
ここでミラージュ製かよ! 軌道無茶苦茶だよ!
そこは初期ミサイルでいいよ! やっぱブレで斬るよ!
ザシュッ!
……あー初期ブレなんてこんなもんですよね。
コールハートこっち見んな。


そんなわけで、敵を全滅させた勇敢なMTに導かれた俺は研究所の奥にやってきたのだ!
敵AC確認。上から下までミラージュコーディネート。
なるほど、クレスト連中が自社機体にこだわるわけだ。
向こうは殺る気まんまん。こっちは頼りになるのが右手のマシンガンのみ。
そ こ か ら が 凄 か っ た

敵、俺ガン無視。どうやら戦力外と見たらしい。EOだけが俺に構ってくれる。
ハッ、一次ロックの射撃武器ごとき……避けられねぇ。
あ、フラジャイル死んだ。ごめん助けられんかった。だって歩行64km/hやし。
こっち向かってくる! 危ない! 素通りした! コールハート撃ってる!
優先度MT以下かよ!
ああ、コールハート粉微塵になって死んだ。
グレネードって怖いね。
俺の背中の? スタビライザーでしょ?

敵ACの奴、残った俺を「えーこいつかよ…」みたいな目で見てる。
生きてて御免なさい。
わかったよ。もういいよ。俺バリバリ撃つ。
あ、いけ……る……かも。いけ…いける!
やった、敵AC死んだ。マシンガンすげぇ!
見直した!
さすがクレ…これミラージュ製やん。

Fin.




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー