「今日は仕事あるかな・・・」
そんなことを言いながら私はモニターを見る
どうせ今日も何も無いだろうなと思っていたが一件依頼があった
『物資受領』
ジャック・O直々の依頼だ
ジャック「ホルデス採掘場を本拠とする~」
「さて行くか・・・」
私は急いで仕事の支度をした
数分後、私はガレージに置いてあるACに乗ろうとしていた
私のACはどうやら昔『ヴィクセン』と呼ばれていたACに似ているらしい
まあそんなことはどうでもいい私は私だ

右腕に装備されたWR07M-PIXIE3、左腕に装備されたYWL03LB-TAROS
武器系統全てに異常は見られない
一応武器以外のチェックもしたが異常はない
「これなら生き残れるはずだ」
私は自分にそう言い聞かせるのであった

『メインシステム戦闘モード起動します』
物資を受け取りに行こうとした時通信が入った
ジャック「作戦変更だ物資が敵に奪われた急いであとを追ってくれ」
私は「了解した」と返答した
レーダーを見るとそれなりに敵の反応があるようだが所詮ACの敵ではない、手始めに逆節MT二機をブレードで葬り準備体操とした
「所詮MTなどこんなものか・・・」
他のMTも軽々と撃破し、物資があると思われる地点に向かう

『メインシステム戦闘モード起動します』
物資を受け取りに行こうとした時通信が入った
ジャック「作戦変更だ物資が敵に奪われた急いであとを追ってくれ」
私は「了解した」と返答した
レーダーを見るとそれなりに敵の反応があるようだが所詮ACの敵ではない、手始めに逆節MT二機をブレードで葬り準備体操とした
「所詮MTなどこんなものか・・・」
他のMTも軽々と撃破し、物資があると思われる地点に向かう

グリーンホーン「おっと先に通すわけにはいかないぜ」
「そうか、ならば殺すまで」
MTパイロット「ジャックめ・・・騙しやがったな!」
「何があったか知らないが消えてもらおう」
そう言って私は近くにいたMTをブレード斬殺した
グリーン「やられたか噂よりやるようだな」
「死んでもらおう」
相手はタンク型ACだ背後を取るのは簡単だった
グリーン「やっかいな野郎だ」

「・・・」
私は無言でブレードを振り下ろしホットスパーの左腕が吹き飛ばした
そして私はブレード攻撃で近づいたついでに右腕のマシンガンをホットスパーに向かって撃った
グリーン「ウソだろ・・・」
「死んだか・・・」
私はホットスパーが爆散するのを確認し、戦闘領域を離脱した
『作戦目標クリアシステム通常モードに移行します』
END





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー