※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お兄ちゃん起きて!」という澄んだ少女の声で目が覚めた。
薄く目を開けば、カーテンの隙間から真っ赤な太陽が俺を見つめている。
朝が来たのだ。
枕元ではいまだに「お兄ちゃん起きて!」と目覚まし時計が叫んでいた。頭から突き出たスイッチを叩いてやると、「ぶぎゅ」と可愛い声を上げて静まった。
右の手で汗まみれの顔を拭い、布団を撥ね除ける。
洗面所に行って、捻った蛇口から吐き出された冷たい水で顔を洗い、正面の鏡を見ると、俺の背後ではツインテールの小柄な少女が向日葵のような笑顔を咲かせていた。
 ――頭が痛い。俺はいったい何をしているんだ?
 味気ない緑色のドアの前には、パンとミルクが置いてあった。
 食欲が出ないので無視した。一緒に数錠の薬も傍にあったが、やはり飲む気にならない。
 今朝ぐらい飲まなくたって大丈夫だろう。
 逆様の人間が張り付けられたクローゼットを開き、パイロットスーツを取り出し、寝間着から着替える。
 そのままベッドに座って待機していると、携帯電話が愛らしい嬌声で「お兄ちゃんお兄ちゃんはお兄ちゃんお兄ちゃん!」と喧しく怒鳴り立てた。
 慌てて出て見ると、クール・ビューティな感じの少女の、なんとも照れたような声で囁かれた。
『一時間後にミッションがあるわ。用意しておいて』
「はい」
 電話は切れた。
 やがてポニーテールの背の高い利発そうな顔の美少女が部屋に入ってきた。
 Yシャツの胸元は大きく開かれ、短いプリーツスカートからは真っ白い肌が覗いている。
 
 ――この娘、以前は男に見えていたのだがwwwwwでも別に良いやwwwwww
 
「お兄ちゃんったら、まだ準備出来てないの?」
「いいえ」
「そっか。良かった」
 彼女は笑った。
 俺はポニーテール娘の後ろに付いて部屋から出た。
 つまり、これからミッションなのだ。
 しかしこのまま彼女のフトモモを見ていたい。
 
 ACのコックピットは少女期特有の甘い香りで満たされていた。
 ――正直たまらんwwwwwwwwwww
 もたれかかると、「んっんっ」と喘ぎ声のようなものが聞こえて、甘い香りが一層強く臭い立ち込めた。
 ――うへはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 操縦桿を握り締める。
 レバーを弾くとモニタに光が灯った。
 シートからケーブルを引っ張り出す。後頭部のデバイスへ接続する。
 なにか凄まじい快感が背筋を突き抜ける。性的な意味で。
 ――超気持ち良いwwwwwwwwww
 ACのなか、あったかいなりぃ……。
 モニタに格納庫のドアが開かれる。
 出撃wwwwwwwwwwうはwwwww

 戦闘があったけど、別に面白くもなかったので全略。

 部屋に帰ると、俺は『お兄ちゃん大好きだよ。えへへ』と甘えてくる人型パソコンを起動し、メールを打った。
 もはや俺には何もわからない。
 ――だがそれがいい!
 頭痛が酷かった。
 なにせ全てが美少女に見えるのだwwwwwwwww
 ――俺は何かをされた。
 ――俺は、確か、手術を受けて!
 ――いやっほおおおおおおおおおおおおおお! 
 ありがとうムラクモ・ミレニアムwwwwwwちょっと前まで恨んでたけどwwwwwwwwwwwwwww
 ――俺は手術を受け続けていた。最初の数回の手術では、もうなんか全部グロ肉に見えるようなってやばかったけど。
 背後から抱きついてきた無表情な少女の首筋を舐め上げる。
 切なげな声が聞こえた。
 ――でも今ではこんな感じwwwwwwwwwwww
 うれしいのうwwwうれしいのうwwwwwwwww
 ――実際は少女じゃないし存在してないし、全部幻で俺の妄想なんだけどwwwwwwwwwwwwwwww
 ――でも感触あれば幻でも何の問題もないwwwwwwwwwwwwwww
 ここは天国だパライソだwwwwwwwwwwもう最高wwwwwwwwwwwww
 全てを書き換えられている人間でなくなっている。
 だがナニカサレルのも悪い話じゃないwwwwwwwwwwwwwwwww
 親の名前とか思い出せないけど正直どうでもいいwwwwwwwwwwwwww
 手術が決まったときはどうしようかと思ったけどwwwwwwwwww
 うはwwwwwww俺勝ち組wwwwwwwwwwwwwww
 ――そうだ、もうすぐポニテ娘がやってくる!
 本当はおっさんなんだけど、今の俺には美少女に見えるんだから困るwwwwww
 なんとなく身だしなみを整えないといけない気がして、俺は洗面所に向かった。
 鏡には頬を赤らめた黒髪ロングの薄い胸をした少女が全裸で立っている。
 これ俺wwwwwwww
 うはwwwwww俺テラ美少女wwwwwwwwwww
 なんて素晴らしい幻覚なんだwwwwwwwww
 ――そうだ、俺は人間ではなくなってしまった……。
 マジでありがとうムラクモwwwwwwwwwwwwww
 ありがとう強化手術wwwwwwwwwwwwwwww
 ドアが控えめにノックされる。
 ――来た!
 俺は髪を整えて、急いでドアへと向かった。


 ――色々あったけど、俺、この手術が好きです。



補足:この披験体は描画技術に優れ、己の幻である美少女たちのスケッチを大量に描いた。
これは女っ気が少ない研究所では非常に重宝され、彼の名は現在でも英雄として職員たちに語り継がれている。
さぁ、君もナニカサレナイか?

 




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー