※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「よいしょぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」
朝から奇声を上げながら男は乱暴に椅子へ座った。
木製のテーブルには大きなドンブリのような器とこれまた巨大なスプーン
紙パックの牛乳とシリアルが乱雑に置かれている
「どおおぉぉぉぉりゃぁぁぁぁぁ!!」
大きな器に、砂糖のような白い粉に塗れたシリアルを盛大に注ぎ込み
間髪居れず紙パックの牛乳を開封して、少しテーブルに零れるのも気にせず、一気に中身をぶちまけた
「だあああぁぁぁぁっしゃぁぁぁぁぁ!!」
空になった牛乳の紙パックをゴミ箱へ全力で投げるが、ゴミ箱には入らなかった。
彼の心はもう目の前にある朝食にあり、入っていようが、いなかろうが、どうでもよかっただろう。

大きなスプーンで大きく開けた口に朝食を運ぶ。
ほどなくしてシリアルが咀嚼される軽快な音が部屋に響いた。

一口目を飲み込むと、男は満足そうに、満面の笑みを浮かべる。
「やっぱりかぁぁぁぁぁぁ!!」
その後は叫ぶ事もなく、黙々と凄い勢いで朝食を貪った。


GAの目覚まし男こと、チャンピオン・チャンプスの朝。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー