※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 地下都市レイヤードの機能は今は管理者の小脳部分で補ってはいるが、やはり大脳司令野が無いと、環境監理機構は上手く働かない。
 だからレイヤードは急速に寂れていって、誰もいなくなったゴーストタウンがたくさん出来た。
 しかしながらゴーストタウンとは言えども、不法住居者はそれなりにいた訳だ。
 存管理者時代(彼女は死んではいないが、形式的にそう呼ぶ事にする)には企業警察が摘発し、
 IDの確認、再登録をさせて、見知らぬ者等が徘徊せぬようにしていた。
 今は地下の大部分に警察機構なんて物は存在してないし、管理者に直結していたID管理機構も機能を停止している。
 この話にぶっちゃけあんまかんけいないけどね。一応説明するんだ。

 テン・コマンドメンツは、レイヴンだった。

 レイヴン。
 彼等は、『何者にも縛られぬ自由な存在』と広告打ってはいるが、事実とは裏腹だ。
 形式上はそうなっているが、実際レイヴンなど企業の駒であり、管理者の駒に過ぎない、ただの使いっパシリ。
 最後まで、他人の思惑通りに働いて死ぬ、忠犬なのだ。
 だが意志の自由はあった。働きは統制されていても、心は自由だった。
 だからレイヴンは自由な存在。大体そういう事になっていた。
 まあ、おれは、きっと死んでしまうって分かってるけど戦う、つまり馬鹿ばっかだと思うね。
 戦う意味を見出した殺し屋――かっこよく言うと、こんなかんじかな。
 
 テンコマはそんな役割でも、別によくって、他にやりたい仕事も無かったから、リクルート機構に勧められるままレイヴンになった。
 結構そういう漢字でレイヴンになったヤツは大勢いる。さっきと矛盾してるけどまあ、許してくれ。
 でも戦う理由はあった。そして彼は、今だって、理由を持っている。だから戦うのだ。死ぬまで。 

 テンコマは栓抜きでオレンジジュースの王冠をポンッと抜き、一気にラッパ飲みした。
 円卓の向かいに座る紫色した青年も、彼に倣って王冠を抜き、それをラッパ飲みにした。
 床には、何十本もの空き瓶が転がっている。みんなオレンジジュースだ。
 テンコマは酒なんぞではもう酔えない体なのだ。だからお酒よりおいしいジュースを好む。
 こんなアットホームな感じなのだが、彼らのいるところはそんなもんじゃあない。
 石で出来た、遺跡の真ん中に、彼らはいた。 

 パープルの青年――オーリーが言った。
 
 「テンコマのダンナ。そろそろ止めにしないかい」
 「どうせ貯めといても後に持っていけない代物だ。さっさと飲んでしまったほうがいいだろう」
 「しっかし、オレンジジュースばっかり、こう、飲んでたら、血がみんなオレンジジュースになっちまいそうで」
 「オレンジジュースこそ思考の品だ。俺はオレンジジュースが大好きなんだ……むぅ、もう、あと一本しか無い……」
 「あんなにあったのにもう一本ですかい」
 「キサラギマートの奥に隠されていただけだもんなあ」
 「ヘ!……これ、キサラギ製だったんですかい?」
 「ああ」
 「……ダンナのことだからクレスト製だと思ってましたよ」
 「クレストの食品は不味い。俺はクレストのそこが嫌いだ。ACとかは良いんだけどな。
  さて、最後の一本、俺が飲むか、お前が飲むか、どっちにしようか」
 「ダンナがお飲みくだせぇ。俺ぁ、もう腹がパンパンでェ」
 「ありがたい」

 テンコマはお礼を述べてから、栓抜きで王冠を抜いて、飲んだ。
 それはもう美味そうに。

 「……いるか?」
 「……ダンナが良いっていうのなら」
 「良いぞ」
 「ありがたい」

 テンコマは半分ほど飲んだキ印オレンジジュースをオーリーに渡す。
 オーリーもまた美味そうに飲んだ。

 「……後は、クローバーナイツが来るのを待つばかり、ですかねェ」
 「だな」
 「俺は、ダンナぁ、あんたが好きだからこの作戦にのったんですぜ。
  そうでもなけりゃぁ、こんな馬鹿げた、それも見返りなんて何にも無い……」
 「わかってるさ」
 「わかっているなら」
 「わかっているさ……これは愛の為だ」
 「愛って言ったって、俺のように、生きている人を愛してんならまだわかるけど、
  管理者を愛してるんだからってんで、そんなことするなんて、俺は……」
 「何度も彼女を守ってきた。近寄るヤツラはみんな殺してきた。
  だから今度もきっと出来る。《DOVE》はまだあそこでしか生きられないんだ
  外に連れ出してしまったら、彼女は、戻れなくなってしまう」
 「だから……彼女、なんてのはもう死んで」
 「死んでなんかいない!!」
 「……」

 テンコマは瓶をぎゅっと握り緊めて、

 「死んでなんか……いないんだよ、オーリー。彼女は、まだ……まだ、生きているんだよ。
  ……まあ、それにな、オーナーの意向には逆らえんだろう?
  お前には仕事の選択権があるが、俺にはもう無いんだ。だからって、いやな訳じゃあないがな」
 「……把握しやした」 

 ――警報が鳴る。

 「……来たか」
 「来ましたね」

 二人とも椅子から立ち上がった。
 どこかで爆発が起きたらしく、振動で天井から石の欠片が落ちてくる。
 オーリーは一瞬目を閉じて、テン・コマンドメンツに状況を告げる。

 「レーダーによると、敵は一機。たぶん移動速度からフロートMTか、AC」
 「多分ACだろう。
  まあ、ミラージュも本気モードという訳だ。手ごわいヤツが、送り込まれてきているだろう。
  気をつけろよ、やばくなったら奥につれて来てみんなで倒してやればいい。
  クローバーナイツが来れなくても、絶対にこっちが勝つ。勝ってみせようじゃないか」
 「ガッテンでェ! ダンナはくつろいでてくだせぇ。こっちで仕留めちまうんで安心してくだせェ!」 

 オーリーは何の変哲も無い石の壁を拳でリズミカルに叩くと、壁が割れ、秘密の通路が現われた。
 オーリーが通路に入ると、壁は元通りに閉じてしまった。
 
 「さて、俺も……行くか!」
 
 テンコマは、ぶっ壊れた大聖堂の奥へ進み、地下へのチューブエレベータに乗った。
 床の無いエレベータがぐんぐん下に下りて行く。
 管理者中枢=《DOVE》が眠るの元へ……。

 俺は彼女を見上げる。
 彼女の装甲に煤がこびり付いている。
 しかし払ってやることは、俺にはできぬ。
 俺の手は銃だ。鉄を穿つ、兵器だ。
 彼女に触れることは、許されぬ。
 もう誰もここへは来てはいけないんだ。
 彼女を殺しの道具には、ゼッタイにさせない……。

 『メインシステム、戦闘モード起動します』

 ―完―

 



いいわけ:
テンコマはサイプレスだった!
そして書いてあることが良く分からないのは、おれ自身もわからないのだったまる




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー