※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕の家族は殺された。
目の前で、圧倒的な暴力で殺された。
「…そうか、命はこうして亡くなるんだ」
泥の味に噎せ返る。嫌な味だ。

泥の味と、死の概念。それが数少ない思い出だ。
しかし、欠落した感情では、何も感じなかった。
だがこれだけは言える。

「殺す側に回れば、きっときっと楽しいんだろうな」
そういって、焼け野原を見上げた。




『今この場を借りて、アライアンス襲撃を宣言する』

ジャック・Oが高らかに声をあげる。
兵士達が意気揚々と拳を振り上げる。
それを何気なしに眺めていた。
何が楽しいのだろうか、何でそんな大声をあげるのだろうか。
この世は『殺す側』と『殺される側』しかいないと言うに。

泥の味を思い出した。
兵が集う場所を後にする。ここは、俺の居る場所ではない。
はやく戦場へいかねば。
焼け焦げる鉄の臭い、肉が焼ける香り、砕け散る兵器。
その全てが俺を癒し、満足させてくれる。

「Ω。どうした、何を、している」
片言で話しかけてくる男。ンジャムジの奴か。
「ひどく、辛そうな顔を、していた。薬草、もってくる、か?」

どうやら、泥の味が自分の形相を自然と険しくしていたらしい。
このような殺し屋の団体に、こんな気遣いが出来る男がいるとは。
「…大丈夫だ。気にするな」

ぽん、とンジャムジの肩を叩き、部屋へ向った。

「死相、出てる。気をつけろ、オメガ」
ンジャムジの予言は、彼には届かなかった。







『Ωよ。貴様はここで敵ACの相手をしろ』
「…了解」

そういって、ジャックからの通信が切れた。
心が躍る。今すぐ、このトリガーを弾きたい。
とにかく、とにかく、とにかく何かを殺したい。壊したい。

「は、ははは。楽しい、楽しい。
今日は絶好の殺人日和だ。はやくこい、はやくこい、はやくこい!」


ゲートが開く。
そこには、見慣れないACが佇んでいた。


(きた、キタきたキたきたきたキた!)
砕け散る理性の破片を、少しずつかき集める。
呼吸を整え、とにかく相手を殺すことだけを考える。


「そこまでだな」
完全に、自分が消えた。泥の味が消えた。

殺すか殺されるか。
この瞬間こそ、僕/私が求めた瞬間だ。

知りたいことは二つだけ。
殺す側の気持ちと、『殺される側の気持ち』だ。
十分に味わった殺す側の気持ち。
あとは、もう片方だけで満たされる。

「やすやすとここを明け渡すわけにはいかない」

さあ、試してみよう。
また相手を殺す高揚感が味わえるのか。
それとも、いまだ感じたことの無い殺される側の絶望を味わえるのか。


楽しみは、これからだ。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー