※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ここは・・・」

インターネサインの崩壊の音を聞き彼の意識は途切れた。

機体の負荷限界は既に臨界点を突破し身体へのダメージも既に手遅れだった。

それなのに――

「橋・・・これは海か・・・?」

紅く染まる空―どこまでも伸びる、橋、空。世界の終点を思わせた。

「美しい・・」

海中に沈みかけた旧時代を思わせるビルも、朽ちかけ、今にも崩れそうな程なのに

「それさえもこの世界に溶け込んでいる――死後の世界とは、なかなか乙なものだな」

機体も、身体も、どこにも異常がない。彼、ジャック・Oは果ての見えぬこの橋に機体を奔らせる。




「侵入者確認。識別コード該当無し。外見からハイエンドノーマル1機と推定」

ラインアーク管制室にアラートが鳴り響く。今までに企業による威力偵察は何度かあった

それでいても今度は何だ。目標は突然現れた上にハイエンドノーマル1機とのこと

「ハイエンドノーマル・・まさかレイヴンがまだ残っていようとはな・・」

先日襲撃を受けてノーマル部隊が壊滅しているラインアークとしては、防衛戦力が「彼」しかいなかった

過剰戦力ではあるが止むを得ない。回線を開き、「彼」の専属オペレーターに出動を要請する

「フィオナ・イェルネフェルト。侵入者だ。ホワイトグリントは出せるか」

短い溜息の後、美しい声が返事をする

「また・・ですか。問題はありません。210秒後には出撃できます」

通信は一方的に切られた






「大丈夫?無理しないでね・・」

「彼」の頬にそっと触れる。

「――――。」

「そう、早く帰ってきてね」

その声は既に消え、彼女にしか通じない声となっていた。

「彼」を蝕む毒は既に声帯を焼き、五臓六腑を散々に痛めつけていた。

何故、こんなにも打ちひしがれながらも戦うのか。本当は知っている。私の為なんだと。

祖父が残した技術が世界を争いへと導いたのだと知っている。それを使用する巨悪を打ち倒すことが私の為だと信じている。

ずっと言えないでいるけど、実はそんなことはどうでもいい。ただ「彼」さえ生きていてくれれば、それでいいんだ

でも止めることは出来ない。戦うことに喜びを感じているようには見えない。だけど戦いこそが彼の人生なのだと、そう思うから。

「気をつけて、帰ってきてね」

ただ彼を送り出す事しか出来ない。そんな自分が嫌になる。






―目標を確認。重量2脚型ハイエンドノーマルと断定―

―機体構成を確認。現存企業に該当無し。旧国家属に類似するパーツ群確認―

―照合開始・・・該当無し。未確認機と断定、警告に移る―

「こちらホワイトグリント、オペレーター、フィオナ・イェルネフェルトです。貴方はラインアークの主権領域に侵入しています。すぐに引き返しなさい」







白い閃光が目の前に降り立つ。停止してからようやくACだと分かる速さだった。

見たことも無い機体だが・・彼らが言うにはここはラインアークという者の領域らしい。

「死後の国ではなかったのか・・」

しかし引き返せと言われてもどこに引き返せばいいのか、ジャックには分かりかねることだった。

『さもなくば、実力で排除します』

(つくづくレイヴンなのだな、私は・・)

こうしてまた戦うということに喜びを感じる。生きているという証なのだ。

ここがどこか分からない、それでも私がいたということを、彼らが覚えていてくれればそれでいい

ハイレーザーのトリガーを絞り白い機体に撃ち込む







こうなる事は分かっている。それでも「彼」の負担が少しでも減る可能性があるなら、と。

警告は無視されたが、時代遅れの機体なら「彼」の敵ではない。

早く帰ってくるであろう「彼」の為に、コーヒーでも用意してあげようかと彼女は考え――

そこでまた自己嫌悪に陥る。「彼」が戦っている時に何を考えているんだ。万が一もないだろうが、それでも万全の状態で戦えるようにするのがオペレーターの

仕事ではないか。

「どうして、私はこうなんだ・・・」





「彼」は懐かしさを感じていた。FCSの予測を逆手に取る回避運動。相手の移動先を読んでの射撃。どれもレイヴン時代に持っていた技術だ。

―ノーマル乗りとは違うな、やはり―

それでも機動力の差は歴然だった。ミサイル・ハイレーザー・グレネード、装備は多岐に及ぶがどれも「彼」を捉えることは無かった。

それに比べ彼の射撃は着実に敵の四肢を打ち抜いていった。重厚な装甲ではあるが、もはや限界だろう。

はかなげな駆動音を響かせ、敵は何を思うのか。何をこうも動かすのか。

思想する「彼」についにハイレーザーが届く。






ついに捉えた。が寸前で光が弱まったように見えた。敵を球状に包む何かがある。あれを崩せば―

――I wanna blood, fall down――

既に限界を超えている。APは当に尽きた。セーフティは切る。どこまで動けるかは分からない。

――I can`t blood, fall down――

グレネードが命中する。敵を包む球体が霧散する。淡い翠の光が風にのってたゆたう。

機体を保護するスクリーンがあるということは、本体の装甲を薄い筈、もう一度ハイレーザーを叩き込めば或いは勝負は分からないだろう。

眼前からフッ、フッと消える機体をレーダーに捕らえながらその一撃を加える為にトリガーに指を当てる。

そのジャックの眼前に黒い点が見えた。点は別れ、16の黒い牙はジャックに向かっていった。

――You said "blood fall down of You"――







目覚めた時、ベッドの上だった。

四方をガラスに囲まれている。目の前のガラスが左右に開き、車椅子の男とスーツ姿の女が入ってくる。

「レイヴン、気分はどう?」

「全身くまなく痛むな・・」

そう、と女は呟きノートを取り出す。

「貴方がラインアークに攻め込んだ理由は?」

唐突な質問だった。だがジャックは答える言葉を持ち合わせていない

「分からない。気がつくとあそこに居たのだ」

そんな事、と食ってかかろうとする女を男が手で制した

「――――。」

強化人間の耳を持ってしても聞き取れなかった。しかし女は聞き取れているようで、代弁した

「「君と俺、共にレイヴンだ。言葉は要らない。だろう?」と彼は言っています」

「―――。」「「暫くはここでゆっくりしていくといい」と。」

どうやら、まだ生かされているようだ。そして戦いの最中思ったことを口にする

「私を雇ってみる気はないか」

女は面喰らったような顔をしたが直ぐに真顔に戻り「何故ですか?」と聞き返す

「私は何故あそこに居たのかも分からない。全壊した機体も、生を終えたこの身体も、何故あそこに元の姿を取り戻せたのか、分からない」

「何を言って・・」

ジャックは続ける

「しかし、ここで何か私に出来る事があるから、この世界に来たのだろう。それを探させてくれ」

それを聞いた男は笑顔を見せて女に何か言った

「「アブ・マーシュに君のネクストACを作らせよう」、って何を考えてるの!?」

女が通訳しながら驚く、こんな表情も出来るのかと、実に活き活きしている

「貴方だって実は危なかったじゃないの!PA吹き飛ばされて!」

怒鳴り続けて最期には涙ぐみながら「心配したんだから」と呟く。男は苦笑しながら女を連れて出て行く。

最期にこちらを一度振り向いて一言言った。今度は聞き取ることが出来た

『またな、レイヴン』


続く?




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー