主兵装であるライフルを失ったのはアリスにとっても誤算だった

しかし先の第一撃で敵の大まかな構成も把握できた

(敵は軽量4脚の格闘戦タイプ・・軽量化の為にバックユニットも装備していなかった)

センサーに優先度を音に絞り耳を澄ませる

スピーカーから聞こえる地面を磨る音とジェネレーターの駆動音から大まかな位置を確認する

その一方向にメインカメラを向け、岩陰から飛び出してくる4脚のACにミサイルをノーロックで撃ち込む

目標を持たずに撃ちだされたミサイルは大きく逸れる

ある物は遥か遠くへ、ある物は無関係な岩場へ、そしてある物は地面へ

地面に当たったミサイルは小規模な爆発を起こし地表を捲らせる

僅かな凹凸だが地上を高速で滑る4脚には―――




「チッ・・・脚を捕られた!」

姿勢制御システムが異常を知らせるアラートを鳴らす

(脚を持ち上げて移動をしなければ・・!)

しかし既に時は遅く、モニターには射突ブレードを振りかぶるACの姿があった



システムを巡航モードにしてオーバードブーストを起動する

日は既に暮れ世界を暁に染めていた

「何故、見逃したのですか?」

背後からフィオナが尋ねる。アリスは言葉を探るが何も浮かばなかった

「考えなんて無かった」

「・・変わってる人」

あるいは彼女の前で人を殺めたくなかったのかもしれない

所詮は綺麗事に過ぎないのだろう

彼の手は既に汚れきってるというのに


Maybe continued.....





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー