彼、ンジャムジには様々な噂話がある
特に目が行くのはやはりジャック・Oとの関係だろう
ンジャムジとジャックはアーク解散前に既に友人関係であったことは周囲の人間の証言で裏づけされている。
彼らを引き寄せたのは何だったのか、あの動乱が終わった今となっては確かめる術はない。
しかし彼らのACを整備していた人間や、関わりを持つ人間からもたらされた情報がある
察するにこんなところであろうか

「クッ・・軽装な装備にここまで削られるとはな・・」
傷だらけだが力強く動いてみせる重量ニ脚のACが砂漠を奔る
完全な油断だった。こんな戦略的価値の無い土地にACがいるとは思わなかった。
一度トップアタックを取られたせいでレーダーが使えない。
マシンガンタイプの武器が四門。恐らくはCR-WA69MGだろう
しかしあの跳躍力は軽量関節機だろうか。何にせよアークの登録にはない機体だ。
「しかし・・いい腕だな」

旧世代の遺物を探しに来る連中は少なくない
尤もこの土地にそんな物なんてありはしない
だがそんな連中の隙をついて武器を奪い、殺し、MTを奪い、殺し、やがてACをも破壊した
そうやって破壊してきたACの残骸から使えるものを集めてこの機体が動いている
下衆な真似、かもしれないが。全ては村の民族を護るため。
「今のは よかった 次の奇襲で 終わりだ・・」

逆関節機が岩陰から跳躍し、またも重量ニ脚機の頭上を取る
腕部マシンガンの発射数を4から2に切り替えてピンポイントで射撃を用意する
あとはトリガーを引くだけ、そんな時に先ほどとは何か違う。
そんな違和感が逆関節機のレイヴンは感じた。
理由はすぐに分かった。背部ミサイルハッチが開いている。だが今更と彼はトリガーを引き絞った。
一方重量ニ脚機からもミサイルが「垂直に」撃ち出された。
ミサイルはマシンガンにより何発も撃ち落されたが、その牙を掻い潜り2発が命中した

「弾装が・・」
「勝負あったな。大人しく投降すれば悪いようにはしない。」
重量ニ脚機の横に逆関節機が着地し、膝をつく
「抵抗は できん 私の負けだ」
逆関節機のコアのハッチを空けて浅黒い肌の男が出てくる。
「だが約束しろ 村には 手を出さないと さも無くば この機体 爆破する お前も ただでは済まん」
なるほど、と重量ニ脚機のレイヴンは合点した
「安心していい。私は村を襲いに来た訳ではないんだ」
遺跡を企業よりも早く発見し、アークが保護する。それがレイヴンの目的であった
残念ながら遺跡・遺物は見つからなかったが、収穫はありそうだ
「私はジャック・O。君の名前は?」
「名前 俺は ンジャムジ」
「ンジャムジ。私の主宰するアークに来ないか。そこで報酬を得られれば村は豊かになるぞ」
ジャックの誘いは唐突だった。ンジャムジにしてみればたった今殺そうとした男がそんな事を言うものなので
「クフ・・ハハハ・・ハーッハッハ!!」
あまりに奇妙な男だ。殺そうとした男に自分の所に来いとは
「面白い 男だな いいだろう」
空は白みを帯びて二機のACを染める。日が昇る頃にはンジャムジはアークの正式なレイヴンとなっているだろう

これが二人の最初の会合とされている
尤も、これは周囲の人間ではなく当事者しか知りえないことなのだが
完全な機能は取り戻していなくても観測者はしっかり見ていたようだ
後にジャックはンジャムジをあの男の当て馬に使うが、その時ジャックが何を思ったのかは知る由もない
さて、時間だ。私もやり過ぎたあの男に制裁を加えるべく動かなくてはならない。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー