※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『殺したい相手がいる。
 だからレイヴンになりたい』

ネットワーク上で始めて彼女に出会った時、私は彼女にそう言った。
あの日から、随分と経った。
闘争のみを繰り返してきた日々。
…それがやっと、終わりの時を迎えようとしている。

『WM-SMSS24』垂直発射式中型ミサイル。
『あいつ』を地獄へ繋ぎ止める、鎖。

『WC-IR24』大口径レーザーキャノン。
『あいつ』と現世の繋がりを断つ、刃。

『WG-1-KARASAWA』レーザーライフル。
『あいつ』を裁く、審判の光。

私から全てを奪った『あいつ』を…私の手で裁く。
「処刑場」への扉が開き、『処刑人』を進ませる。

…優しく、いつも自分より他人を気遣っていた母さん。
あの日も、母さんに手を引かれ、私はシェルターへと辿り着いた。
逃げ遅れた人を助ける為、母さんは火の中へと戻り…帰ってこなかった。

…厳しくも暖かい目で私を見守ってくれた、父さん。
仕事場で鍛えた強靭な体も、『あいつ』の生み出した破壊の前には無力だった。

姉さんは、結婚したばかりだった。
いつも口うるさい姉さんが結婚式で見せた涙は、とても幸せに満ちていた。
…まだ、一ヶ月も経っていない内に、あの笑顔と幸せは引き裂かれた。

全て、『あいつ』が、あの赤い悪魔が。

奪ったッ!

「力を持ち過ぎる者は全てを壊す。おまえもその一人だ」

壊す、引き裂く、砕く、殺す、殺す、殺す…貴様の存在そのものを。たとえ何度甦ろうとも。消し去る。

審判の時。

裁くのは、私だ。

ARMORED CORE ――MASTER OF ARENA――




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー