※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

超アンカー列伝:装甲機兵ダンガンガー外伝 =紳士な騎士は爆炎とともに進めッ!!=

 世界はふたたび闇に落ちようとしていた。
 ジャウザーは企業連合アライアンス戦闘部隊の一員である。
 すなわち、其は正義なり……と彼は思っている。
 そして同時に、なにものも答える事の出来ない自分への疑問を抱いていた。
 吾は、何故此処にいるのだろう。そしてなにを本当はしなければ成らないのだろう。
 しかし、それは、霧散する事になる。
 あらゆる全て、生きるもの死ぬもの、命が元より無いものまでをもけしクズとする悪鬼――ネクスト。
 死んだはずの奴等がふたたび生き返り、人類を苦しめようとしているのだ。
 首謀者は『ジャック・O』。有名な国家軍ラキスタ小隊の元指揮官。
 もっとも彼は死んだはず。然し、今は生きているのだ。そして、ジャウザーの愛する人類を――根絶やしにしようとしている。
 これをどうするべきか。そしてわかるのだ。自分が誰が為に、何を成すべきなのか。
         ラブアンドデストロイ
 其レハ即チ―― 絶 対 防 衛 ナ リ 。


 ――――《依頼受諾、アライアンス本部》―――

 今回に限り、私たちは君だけにワンマンコンタクトをとる。
 しっているだろうかも知れないが、いまや人類全体を脅かす憎きヤツが存在する。
 その名は、『ジャック・O』。エース部隊ラキスタの元指揮官だ。
 彼が何故生き返ったのか。あれほど有能であったのに何故、戦乱をふたたび巻き起こすのか解らない。
 そしてこんな任務を君に持ってきた。――敵情視察だ。
 この任務をは君に託すのは他でもない。
 ふふふ、我々は知っているのだよ。君はKOUGAの里の出だろう。そうだ。君はNINJAだ。
 隠しても無くせない、そのにおいが教えてくれたのよう。
 だから、君は必ず成功させると信じている。
 KOUGA-NINJAの誇りを掛けて、いざ参られたし!!

 ―――――――――――――――――――――――

 


 慟哭の夜。闇。殺害の悲鳴は秘の如く、高々たらずとも、殺戮しせり。
 アラユルモノを砕くことを真情とする者。
 敵を撃滅。撃滅撃滅突き堕とし、全ての胸裏を一体と化す者は此処に在り。
 その名はジャウザー。
 ハイパーNINJA=ジャウザー。いざ参らんと!!

 機体と身体を繋ぐケーブルを切断、マヌアル操作に切り替える。
 マヌアルに切り替えたら、武器類のチェックをする。
 隠密モードは起動済みだ。
 ふふんと笑い、一歩踏み出すとそこは落とし穴であった。

 「あーれー!」

 ジャウザーは落ちていってしまう。三十秒くらいしたら、べたんと音がした。

 「いたたたた……うお!」

 びっくらこいたジャウザーがみたものとは、

 「ぼらぁのおしり、きもちいいよぅー」
 「バスカー、きみのスナイパーライフルとハンドガンの絶妙マッチは最高だよぅ」
 「ああ、次はハーピーだ……」
 「がってんしょうち!」

 バスカーとぼらがつながっている所だった。

 「いきなりこれはないでしょうって!」

 ジャウザーが、この後どうしよう、勃起でもしてみようかしら、とか考えている時、
 ふと、見上げると、裸に剥かれたじなが頭を下にしてぶら下がっていた。やっぱり貧乳だった。

 「ふがー! ふがふが」

 口にはギャグボールがはめられており、目は開けたままに固定されていた。
 血走った瞳は涙に溢れており、下で起こっているものを見せられていた。

 「なんというひどい事を……」

 ジャウザーはすぐさま彼女を拘束から解いてやり、上着を肩に掛けてやった。

 「だいじょうぶかい、じな?」
 「ううぅ……こわかったよぅ!」
 「もう大丈夫だからね、拙者が来たからもう安心だ」
 「うん! うん!」

 こっくりこっくりと肯くじな。その目には先ほどの屈辱の涙はすでに流れ去っていた。

 「さあ、すぐにかえろう……この反応は!!」
 「ふはははは、我こそはジャック・O……ではなくて変装したズベンデース! またはシリアナル教の教祖ぉー!」
 「なんという騙して悪いが。 すぐさま本部にれんらくっと……。時間がかかるからズベンも少し休んでていいよ?」
 「放置とかどんだけwww実は生き返ったジャックは俺の変装だったりwwww」

 そのやり取りを、恍惚といった目でみるじな。
 彼女は今、猛烈に恋してた。じなは惚れっぽかった。
 愛するあまり、すぐさまそこでオナニーした。

 「あふん、あふん、あふん」

 絶頂に達して果ててしまうと、疲れて寝てしまった。
 そしてふたたび起きたじながみたものとは!!

 「アナルの底は見えました」
 「アッー!」

 ズベンとジャウザーがつながっている所だった。
 いやまてよくみるとジャウザーの後ろにぼらが繋がっていてデビルトレインだった。略してデビトレ。
 そこでじなは正気を取り戻した。名前はじなからジナイーダへと戻った。
 
 「ちょっと! ダンガンガーの話ってシリアスじゃなかったけ!? まあいいかシリ・アヌスだしキモチー☆っ!」

 そんな彼女にとんとんと肩を叩くもの在りて、そいつは、俺だった。

 『ごめんねジナ。 この話なかった事にするから、どいてくんない?』
 「まぢ?チョー気持ちーんだけどwwww」
 『すまんこすもす(^ω^)』
 「まぢ?チョー気持ちーんだけどwwww」

 「ししまい」







 




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー