※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

      アンチクライストクロッセル
 天地に聳える荒神十字架。
 そこに人類の希望たるダンガンガーは打ち付けられ、朽ち果てる惑星の如く崩壊しようとしていた。
 もはや正義が悪にに負け、邪神からの最期の審判が降されたのだろうか、
 気味悪い紫のACフォックスアイの右手に唸る轟銃がダンガンガーに向けられ、

 ――――消滅の閃光が走った。

 そして完全消滅した……冗談ではなく確かに消滅した。そう、荒神十字架だけが!!

 天空が割れ、破壊神の光に照らされたダンガンガーは咆哮した。

 そしてその後ろには純白の悪魔が幻の様に見え、
   エ ン ブ レ ム 
 左肩の狐の紋章が腐敗した世界を粉砕しようとしていた。


『 @:終り無き戦いに終止符を打て!!我は悪魔の破壊神パルヴァライザーなり!! 』


 私は一度死んだ。よって人ではない、生ける屍、ゾンビーなのか。
 いや、生物ではないかもしれない。私はパルヴァライザーに取り込まれているのだから。

 だが今も私の意識ははっきりとしている。それがいつまでの続くのかは分からないが。
 しかし、私が私である限り、私がしなくてはならないことをやらなくてはならない。

 だから私は、寝かされていた冷たく凍ったカプセルを抜け出した。

 頭の中で何かが響く。
 インターネサインからの信号。《モドレ、戻ッテ来イ!!》
 我が身の大半を占めるパルヴァライザーの機械化細胞。《粉砕セヨ、ナニモカモヲ。打チ砕ケ、ナニヲカモヲ……撃チ砕ケ!!》

 そして、だれかが助けを求める声。《だれか、だれかエヴァンジェを救って、お願いッ!!》

 だから私は走る。硬く冷たく凍った鉄の廊下を、疾駆するのだ。
 私の意識が消えない内に。私しか出来ない事を成すために。
 「我はレイヴン。依頼を受け、その依頼を遂行するもの也。」

 私が目的地に着く。私の後ろから、何か物音がする。
 インターネサインが私を制御できないと踏んで送ってきたものであろう。
 だから、敵だ。私の往く先を邪魔するものはすべて消さなければならない。
 パルヴァライザー。パルヴァライザー。パルヴァライザー!!
 《粉砕セヨ。粉砕セヨ。粉砕セヨ!!》 

 我が身の大半を占めるパルヴァライザーの機械化細胞が叫ぶ。
 パルヴァライザー。パルヴァライザー。パルヴァライザー!!
 《粉砕セヨ。粉砕セヨ。粉砕セヨ!!》 私の、声を聞き、
 パルヴァライズ
 《粉砕セヨ、ナニモカモヲ。》 私の鼓動を聞き
 パルヴァライザー。パルヴァライザー。パルヴァライザー!!
 《粉砕セヨ。粉砕セヨ。粉砕セヨ!!》 私の意志を共に紡ぎ、
 パルヴァライズ
 《打チ砕ケ、ナニヲカモヲ、ナニヲカモヲ。》殺戮の戦場へと向かい、
 パルヴァライザー。パルヴァライザー。パルヴァライザー!!
 《粉砕セヨ。粉砕セヨ。粉砕セヨ!!》 悪き敵を粉砕せしめよ!!

 そして、私に植え付けられたパルヴァライザーの機械化細胞はインターネサインより開放され、私の僕と化した。

 パルヴァライザー。パルヴァライザー。パルヴァライザー!!
 《粉砕セヨ。粉砕セヨ。粉砕セヨ!!》 ワレハ貴殿ノシモベナリシ・・・!!
 パルヴァライザー。パルヴァライザー。パルヴァライザー!!
 《粉砕セヨ。粉砕セヨ。粉砕セヨ!!》 ワレハ烏ノ友トナリシ・・・・・!!!
 パルヴァライザー。パルヴァライザー。パルヴァライザー!!
 《粉砕セヨ。粉砕セヨ。粉砕セヨ!!》 ヨッテ、ワレハ道化ト成リシ、粉砕者ナリ!!!!

 私は依頼を遂行せしむるため、障害となるもの全てを粉砕せねばならない。
                                 パルヴァライズ
 全ては、依頼者のために。全ては、私の存在を守るために。私は邪魔者は粉砕する。

 私は目的地に着いた。
 朽ち果て凍りついた私の愛機フォックス・アイが其処に居た。
 コクピットを無理やりこじ開け搭乗する。
 そして操縦桿を握る。そして変化は起こった。
 私に植え付けられたパルヴァライザー機械化細胞が私の腕をバイパスとし、
 フォックス・アイへ流れ込み、私とフォックス・アイは合体を果たした。

 もう、元には戻れない。しかしそんなことは関係はないのだ。
 だから私は、各部推進用スラスターを起動する。

                ネプチューンダイナマス
 機体の心臓部、アトラスの中、海王気力放出機関が咆哮を上げる。
 《我ハ撃滅セシムルモノノ下僕ナリ。我ハ破壊神ノ下僕ナリ。我ハ道化ハ下僕ナリ》

 フォックスアイからの情報が頭に直接響き渡る。
 《作戦目標、敵勢力及び増援を求める声の粉砕。周辺地形データを更新―
             ジップインパルヴァライザーシステムイグニションデータ
 ―宇宙構造作成データの取得。圧縮済粉砕機構の起動データ取得。》
                 パルヴァライザーミッション
 《中央マルチスクリーンにレーダー及び粉砕領域表示。バイパスを経由し、脳裏に直接投影します。》
スーパーパルヴァライザーウエポンシステムイグニション         パルヴァライザーパワー          パーフェクトパルヴァライズ!!
 《超粉砕火器管制機構を起動。リミッター解除-全兵装の粉砕力の供給開始……超最終安全装置、完全粉砕!!》

 全ての準備は整った。だから私は告げる。
        イグニション!!!
 「戦闘システム、起動!!!」


       パルヴァライザー!
 白き狐は、純白の悪魔!
     パルヴァライザー!
 白き狐は、破壊神!
           パ ル ヴ ァ ラ イ ザ ー ! !
 白 き 狐 は 、粉 砕 す る も の な り!!



 「エヴァンジェよ。今こそ、アイに往ってやる!!」


 悪魔のジャック・O
 破壊神フォックスアイ      は、凍結した鉄を溶解させ、いざ飛び立った。
 粉砕するものパルヴァライザー







                                          続く




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー