※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 どうも納得がいかない。

 「ウンコードンーー!!ぱんつ、ぱmんmつーー!!」

 ん、ななnなぜ、僕が彼女にぱぱぱぱぱぱんつを持っていかなければいけない。

 「レイヴン、依頼だ」

 声色を変えるなwwwww。とかそれクレストっぽいし。

 「まあ、いいじゃない?」

 よくNEEEEEEEE

 「それにさ、私、今裸だし?」

 ええ、それはそれは。いぇえ?swswでででででwwwwww

 「ん?デデデデストローイ?」

 ででででで出て来ないで下さいwwwwwwwwうえぇwwwwwうぇwwww

 「でも持ってきてくれないでしょ?」

 「だから、行くよ?」 

 そぉい

 ―教訓―風呂場には予め、次の下着を用意して行きましょう―――


 ~@:ウンコードン=ハッテンバー、その成長の記録。其の壱~~



 あの夜から約半年。毎日のように紅い雨が降った。
 だが気味の悪いことに、今日は降らない。白熱する太陽が見える。何故だ。嫌な予感がする。

 「ラトテップ嬢。……これをどう思う?」

 僕は専属オペレータのニャル=ラトテップに訊く。

 「いや、ははは。今日はお外で洗濯物が干せますね。あとバーベキューなんかどうです?それとも……外であんな///」
 「し、しないよそんなこと!!」
 「まあ、そんな怒らず怒鳴らず、静まってください。いやマジで」
 「……」

 彼女は一応専属オペレータ。僕は今はフリーのレイヴン。昔はキサラギ研究所に。略してキ研。
 彼女はその時から僕に就いている。何故だろう。
 何故か分からない。だが本当は僕は安心している。在り難い。
 この時世。子供が一人でいるのにはちと寂しすぎる。
 甘えたい……そうしたいのだが恥ずかしい。

 「……」

 それが裏目に出て、彼女を傷つけているんじゃないかと思うと僕はぞっとする。
 死にたい。死んでしまいたい。
 彼女を傷つけるものは許さない。誰でも。自分でも。
 みんな、みんな破壊してやる。

 「……ありがとう……っ!」

 突如、僕の口から言葉が出た。意をしていない言葉。だがそれは思いの言葉、アリガトウ。

 聞いた彼女は笑う。柔らかな笑み。僕のたいせつな。 

 続けて彼女は僕の顔に自らの顔を近づけて、

 「……どういたしまして」

 本当に優しくささやいた。


 ――彼女を守り抜く。それは僕から僕に宛てた依頼。
 依頼は絶対遂行する。
 なぜなら僕は傭兵だからだ。

 レイヴン、ウンコードン=ハッテンバーだからだっ!!


                             【続く】










| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー