※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話 裏王様の冒険

宇宙には数多くの惑星が存在する。
そして、ここは惑星【イチイ】である。

この惑星を取り締まっているのは皇帝と呼ばれる人である。
その下にイチイ四天王と呼ばれる者たちがいる。
この物語の主人公はイチイ四天王の一人、裏王である・・・

― イチイ首都 コーテーパーク ― 
ブブブブブ ブブブブブ 緊急警報 緊急警報
兵士A「皆さん避難を!!」
兵士B「昨日に続いてまた攻めてきやがったのか!!」
兵士C「昨日は全力を尽くして撃退したが、もう…!!」
五台の戦闘機がコーテーパークに向かって砲撃を開始した!!
砲撃が市民に向かって飛んできたのだ!!
Aの人「キャー!!」

?「裏王波!!」

裏王波は砲撃を相殺した!!

兵士A「裏王殿!!帰ってきたのですね!!」
裏王様「あぁ…昨日はよく耐えてくれたな…
    俺以外の四天王はどうしたんだ?」
兵士B「それが…裏王殿以外の四天王は、他の惑星に救援に向かっているようです」
兵士C「この惑星にいて、連絡がついたのが裏王殿だけだったんです」
裏王様「大体分かった。こいつ等を片付けてから皇帝に挨拶でもするか!!」
裏王は、戦闘機に向かって構えた。
裏王様「裏王波!!」
いきなり四台の戦闘機を破壊した!!
兵士A「流石ー」
裏王様「挨拶代わりだ」

ズドオォン

裏王様「何だ!?」
残り一台の戦闘機が、地上に向かって何かを落とした!!

?「グォオオオオ!!」
『惑星【セカン】の凶暴な生物、怪物だぁ!!行けぇ!!』
戦闘機からスピーカー越しに声が聞こえた。

裏王様「フン!!裏王波!!」

『グアアアアア!!』
裏王様は残り一台の戦闘機を破壊した。

裏王様「さて、残りは怪物…お前だけだ」

怪物「グオオオオオ!!」

裏王様「裏王波!!」
シュッ!!
裏王様「避けた!?」
兵士A「裏王殿!!後ろ!!」
裏王様「!?」
怪物「グオオオオオ!!」
怪物は歯を飛ばしてきた!!
裏王様「ぐ!!」
裏王は肩にダメージを食らった!!
兵士B「裏王殿!!」
裏王様「これぐらい屁でもないわ!!裏王波!!」
裏王波は怪物に命中した!!
怪物「グアアアアア!!」
怪物は倒れた。
裏王様「やった…な」

周りから歓声がわいた。

裏王様「さて…この怪物はどうするかな」
兵士C「処分しましょうか?」
裏王様「いや、俺のペットにしよう」
兵士A「ペットですか…」

Aの人「裏王様!!」
裏王様「おや、さっきの…」
Aの人「助けていただいてありがとうございます!!」
裏王様「当然のことをしたまでだ。」
Aの人「かっこいい…」

裏王様「さて…皇帝のいる城に向かおうか」
兵士B「そうですね」