ブリーフ戦士メイワのストーリー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西暦3015年。

宇宙に平和をもたらすとされる超能力少女シリアナはアナルズ軍の牢獄アナル・ホールに幽閉されていた。

シリアナを救い出せば、銀河連邦の領空はアナルズからの攻撃から逃れ
いくつもの星雲を貧困や環境汚染から救い出すことができる。
そこでブリーフ星の技術の粋を結集して作られたモビルスーツが、ブリーフ戦士メイワだ。
パイロットは激しい訓練に耐え、なおかつ隠れたエロボディの持ち主チツ・シオフッキー。
上官のウホイ・ヤラナイカの指揮の下、シリアナを救い出すために今日も戦う。


一方で、シリアナの超能力を使い辺境の貧しい星雲を統合し、軍国星団に仕立て上げようと目論む
エトロピア軍は、銀河連邦より先にシリアナを救い出そうと躍起になっている。
連邦軍のメイワに対抗して作られた最強の黒く光るモビルスーツ、それがエトロピア三世だ。
パイロットは冷徹な戦闘を得意とするクリトロ・ヴァギーナ。

パンモーロ星での作戦では連邦軍に勝利したが、シリアナを手に入れることはできなかった。

そして・・

アナルズ軍の謎の戦士エナ・マグラ。
連邦軍とエトロピア軍の戦闘にたびたび姿を現し戦闘をかく乱する。


一説によれば、彼女はシリアナの母・・・・


そして、今日もブリーフ星の夜が明ける。
添付ファイル