※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レベルアップ
PCはセッションが終了する毎にレベルを1上昇させることができる。
レベルが1上昇すると経験点を取得でき、それを用いてキャラクターを成長させることができる。

レッジェ
レベルアップすると、任意のレッジェを一つ選び、一つレベルを上げることができる。
キャラクターシートのレッジェの記入欄のレベルの欄の数字を一つ上昇させること。
それに伴い、レッジェ修正も変更される。

経験点
特定の条件を満たすと、経験点が発生する。
PL、あるいはGMは、みずからが得た経験点をPCに対して消費して、そのPCを成長させることが出来る。
ただし、経験点の使い方には制限が存在するので注意が必要である。
経験点は使い捨てで、一度消費したらなくなってしまう。
そのときのGMに依頼してレコードシートやセッションシートの経験点欄を書き換えて貰うこと。
このように消費した経験点を示すシート類はキチンと保管しておくことをおすすめする。


  • 経験点の発生
 経験点は特定の条件を満たすことで発生する。
 以下の条件を満たすと決められた量の経験点が発生する。

1:セッション終了後にレベルアップする
 PCはセッションが無事終了すると、アフタープレイでレベルアップすることが出来る。
 そのとき経験点は10点発生する。
 ただし、エンディングフェイズでの帰還判定の際、ダイスを二倍振りすると経験点は5点しか発生しない。
 また、この条件で発生した経験点はそのPCに対してのみ使用できる。

2:ファンブルを振る
 PCがファンブルを振った場合、経験点が1点発生する。
 この経験点はそのPLのPCであるのならどのPCに対して使っても構わない。

3:無事にアフタープレイまで運営する
 無事にセッションが終了した場合、アフタープレイでGMに対して経験点が発生する。
 セッション中にPL達が得た経験点と、セッション後に各PCがレベルアップして得られる経験点の合計値を3で割った値(切り捨て)がGMが得る経験点である。
 ただし、プレイヤーの人数が二人以下の場合はプレイヤーの人数で割ること。

  • 経験点の使い方

1:フェノメノを取得する(2点)
 経験点を2点消費すると、そのPCが所持しているレッジェに属しているフェノメノを取得することが出来る。
 このとき、もともと取得しているものと同じフェノメノを取得すると、そのフェノメノレベルが+1される。
 ただし、フェノメノレベルには上限があり、その上限を超えてフェノメノレベルを上昇させることは出来ない。

2:能力基本値を上昇させる(3点)
 指定した能力基本値を1点上昇させることが出来る。
 ただし、PCのレベルが1上昇するたびに一つだけしか能力値を上げられない。
 レベルを上げない場合は能力値を上げることは出来ない。
 これによって戦闘値が一緒に変化する場合もあるので、結果をキャラクターシートに書いておくこと。

3:常備化ポイントを得る(1点)
 アイテムの常備化ポイントは、1点消費する毎に20点得ることが出来る。
 常備化ポイントには特に上限は存在しない。

4:運命の固定化(1点)
 プレイ中に得た運命を次のシナリオ以降でもその関係を保ったままにすることが出来る。
 ただし、PCが取得できる運命の上限は7つなので、それを超えて運命を取得することはできない。