※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SymbianOS

  • 英Symbianが開発を行っている携帯電話向けOS
  • もともとPsionが開発したPDA用OS「EPOC」を引き継ぐ形でSymbian OS v6.0がリリースされた

DFRD(Device Family Reference Design)

  • Symbian OSを搭載するデバイスの構成やユーザーインタフェース(UI)の特性を定めたもの。
  • Symbian OS v6で定義されていたが、v7以降ではDFRDという言葉はつかわれていない。
  • 下記3種類がある。
  • カーネル、グラフィックエンジン、ファイルサーバなどのコアの機能はGT(Generic Technology)と呼ばれ、共通に使用される

種類 説明
Crystal コミュニケータ型デバイス向け。QWERTYキーボード、大きな横長のディスプレイ(解像度640×200ドットの1/2VGA、またはVGA)を持つ電話向けに設計されている。
Pearl 片手で操作する一般的な携帯電話向け。数字キーやソフトキーなどを備え、小さな縦長のディスプレイ(1/8VGA)を持つ電話向けに設計されている。
Quartz ペンベースの電話向け。入力装置としてキーボードではなくペンを備え、比較的大きな縦長ディスプレイ(QVGA)を持つ電話向けに設計されている。

v7以降

  • v7以降は各団体が独自に開発を行っている
  • とりあえずNokiaが開発しているものは以下

種類 説明
S60 DFRDのPearlをベースとしており、片手操作用途の携帯電話に搭載されている。
Series80 DFRDのCrystalがベースで、横長の画面やQWERTYキーボードという特性を持つ端末に搭載されている。
Series90 Series 90搭載端末としてはNokia 7700があるが、パートナー企業とのメディアサービス試験用にのみ使用され、現在商用で利用できるSeries 90端末は存在しないらしい

S60にも色々あって


種類 説明
v2 FP2 日本市場向けに発売された702NKと702NK IIは、両方ともSymbian OS v8、S60 v2 FP(Feature Pack)2を採用している。S60は、このFP2で初めて日本語に対応した。
v2 FP3 S60の画面サイズは176x208固定であったが、S60 v2 FP3からは複数の画面サイズに対応。これに合わせた新テクノロジーとして、FP3以降はスケーラブルUIが採用されている
v3 2005年2月にリリースされたSymbian v9に対応している。Eシリーズ、Nシリーズの一部機種に搭載されている
  

最近の更新

取得中です。