※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:不明護国の華将軍

二つ名:護国の華将軍/夢姉の嫁

能力:現在不明

性別:女性

種族:亡霊(精霊)

所有物:護国刀

黒髪で蓬莱山輝夜と似たような服装をしている女性。

過去に一度死亡しており現在は、藤原妹紅の所持する武器『護国刀』の『精霊』として式神出雲と共に刀の内部『天地の境界線』で暮らしている。

東方鳳凰伝後半の『陸の鳳凰』にて登場。関係者と見られる『藤魄寺夢子』を探しに刀の制御下を外れ、気配のあった迷いの竹林へ向かうも道に迷ったり、式神出雲に勝手な行動をしていたという判断をされ、殺人げんこつを食らう羽目になっていたり    と、熱い心を持っていながら空回りして失敗したりもする。これも生前から同じなのだろうか…?

※精霊については『刀の精霊』を参照。


戦闘能力

極めて好戦的な性格なため攻撃力も防御力も高く、特に回避に特化している。

最大の特徴は、幻想郷の戦闘流儀である『スペルカード』を一切所持していない。というところ。この特徴により護国の華将軍は水無月真黒との戦闘で会話中の隙きだけを利用し真黒をボロクソにしている。


性格

戦の時代を生き抜いた歴戦の侍のためか、死した今でもその性格は勇猛で勇ましく、冷静な判断力と、無限大の力による突破力を使う。人間関係はそこそこよく、敵意さえなければ普通の女子ではある。一見すごく厳しい鬼教官のようなイメージを受けるが、実際は過保護っぽく、紅闇覚醒を使用しようとする人たちを止めようとしてきた慈しみさも持ち合わせている。人間として被害者を抑えたいという優しい。


スペルカード

彼女自身の流儀無視の効果によってスペルカードは存在しない。本人曰く「それぽく技名を考えただけ」の攻撃内容

  • 陸符「大地の声」
  • 海符「海の声」
  • 空符「空の声」
  • 雨符「冷徹なる静寂」
  • 雷符「ライジングサンダーブレイク」
  • 雪符「静かなる白」
  • 氷符「空からの氷撃」
  • 創造「無から来た斬幕」
  • 破壊「自然から来た斬幕」
  • 揺符「地の怒り」
  • 風符「風神の通る道」
  • 噴符「大地の命」
  • 波符「大地を削水撃」
  • 渦符「直立円滑水」

紅闇覚醒(こうあんかくせい)

元は護国の華将軍の持つ『護国刀』に宿る制御システム。

数多の身体を引き裂き血を浴び続けた結果。怨念が宿りいつしか磨かずとも血が流れ出し刀が磨かれ、刃は砕けず零れず、紫色に輝く妖刀へと進化していったため、手にした者が『強者』と認められなければ所持者は妖刀に魂を吸い取られ、その身体は護国刀の物と化す。

紅闇覚醒の正体は『魂を吸い取られた状態』と言うことである。

原因こそ不明だが、その制御プログラムに『強者』と認められなかったものは『血飛沫怨刃』と呼ばれる能力を与えられ、禍々しい姿へと変貌し、殺人衝動に駆られ、ただ目の前の敵すべてを滅ぼさんとする妖怪へと変えてしまう…。現在の犠牲者は「藤原妹紅(光内蛍)」と「藤魄寺夢子」、「lunaprism085」の三人だけである。


生前

すべては謎に包まれている…

式神出雲、藤原妹紅(光内蛍)、藤魄寺夢子との関係が高いようだ…


登場作品

  • 東方鳳凰伝
  • 東方狂愛証
  • 東方幽魔異変
  • 護国戦記※短編小説=メインヒロイン2