もっとも実力が関係します。

序盤に欲しいもの(左側特に重要)

パンチ グローブ ルーイ ライン キック スピード ボム ファイア

基本的に全体的に集めるのがいいと思います。

パンチ⇒初専門。だいたいの確率で相手を倒せる。


グローブ⇒初専門。だいたいの確率で相手を倒せる。


ルーイ⇒欲しいのは青か赤。逆に全然使えないのが緑。

青だったら初することなるべく死なないように大切に扱うこと。

赤だったら敵を攻めたいところだが絶対にルーイを殺さない。

えっ、茶色は使えるの?って方いると思いますがまぁまぁ使えます

詳しくは中盤で・・


ライン⇒なかなか使える部類だと思いますがボムがないと役に立ちません。

使い方はおもに逃げ道の確保ぐらいです。

これも中盤で使えます。


キック⇒個人的には使えないかな。横サドのときとかに相手を入れないこと
ぐらいかな。


スピード⇒序盤の攻防ではもっとも必要なもの。(もちろんパンチがあった

らパンチのほうがいい)スピードが2段階ぐらい離れていたら勝ち目ないです。


ボム⇒1個は取っとかないと攻防で不利になる。2個あったら上手い具合に敵を倒せます。


ファイア⇒1個あれば逃げ道確保に使える。フルファイアは使いにくいかな。


考察論


まず、死ぬな!

パターン別考察・・・


  • パターン1

自分が中じゃなくてどっち側に掘っても相手がいる場合。

非常にピンチです。なかなか生き残りにくいです。このときはまず、とにかく急いで掘ること。

そしてグローブかパンチなどがでたらなんとかなります。大概はでないので

そのときは腹をくくって中に入り込むか自力で逃げ道を確保するのかいいです。

尚、左上のときは絶対的に中に攻めたほうがいいです。(例外あり)


  • パターン2

自分が中じゃなくて味方が中にいて、敵が向かいにいる場合。

とにかく急いで敵のほうに掘っていったほうがいいです。ちなみにここで半

分も掘れてなかったら味方の方にも掘っていますw

そこからその味方と逃げ道の確保に入ります。向かいの敵とは無理に戦う必要ありません。


  • パターン3

自分が中じゃなくてどっち側に掘っても味方がいる場合。

基本的にパターン2とほぼ同じ。逃げ道を確保しながらゆっくり破壊すればいいです。


  • パターン4

自分が中でどっち側に掘っても相手がいる場合。

ほぼ生き残れませんw単純計算3分の1の確率で生き残れます。左側のときは

サドが落ちてきたら上の方を破壊すればいいです。

たまに無理して外に出ようとする人がいますがほとんど無駄なんであきらめてくださいw

逆にむこうから攻めてきたらもうけもんです。アイテムをいただいで進路をふさぎましょう。

どうにしろ生き残る確立は3分の1です。

  • パターン5

自分が中で片方に味方がいる場合。

まず全速力で相手に向かって掘ります。(あけないように)あとは味方に向かって掘る。

あとはパターン2,3と同じ。


  • パターン6

自分が中じゃなくて、中には敵、向かいには味方がいる場合。

まず敵のいる方へ掘ったあと、味方の方へと掘る。

  • 共通してること

回転サド対策をしておくこと。


好戦論


これが弱い人は壁Gも弱いといえます。よって自分も壁G弱いですw


まず重要なのは立ち止まらないことです。とくにボムの上でとまったら死んでしまいます。

次に重要なのは相手を追いかける形を取らないことです。ボムを置きながら追いかけると死んでしまいます。

なかなか厳しい世界です。


ではどんなアイテムがあったら有利なのか?

ボムアップ1個か2個⇒これあればほぼ倒せます。(相手が初心者ならば)

対処法は自分からボムをおかずに逃げることです。


スピード⇒相手より高ければボムとのコンビでまず倒せます。

対処法はトリッキーな動きをすること。並んだら死んでしまいます。


パンチorキック⇒パンチあれば倒せます。キックあれば逃げれます。

対処法はないですwしいて言えばテロすることです。


赤ルイor青ルイ⇒これあって倒せない人はいないでしょうw

対処法はまずないwやっぱりテロが一番。


ボムが2個あればブロックを破壊しつつ防御できます。

ただしこれの欠点は向かいに味方がいないと脱出できません。


あと、敵がいたところに味方がきたらブロックを壊してあげましょう。


序盤で1人でも死ぬとあとが苦しいです。


中盤へのつなぎ


ここしっかりしないと生き残れないよ?

まずオススメする壊し方。



この黄色いところを壊すようにすると回転サドであとが楽です。

この方法を使うには火力3以上になるかボム2つ以上のラインボムを使うことです。

続きは次の中盤論にて・・・

back                                                     中盤論→