※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お前がユーノスクライアか」


視界が回復する。顔を上げればユーノの前方に一人の男が立っていた。
外套から何から、全てが黒で覆われている。その顔には深い皺が刻まれているが、それは歳月を経たからではなく深い苦悩によるものだ。
その中で、眼だけがぎらぎらと鋭く光っている。それはまるで真理を求める哲学者のようだ、とユーノはぼんやりと思った。
男を認識するまでは気配すら感じなかったというのに、一度認識すれば息が苦しくなるほどの重圧を放つ。そんな奇妙な存在だった。

「傷が深い。このまま放置しておけば半日と持たぬだろう」

それは、困る。
ユーノはこの地に散らばったロストロギアを回収しなければならない。自分から志願しておいてロクに任務もこなせず死亡、では笑い話にすらならない。
なんとしても、どんな手段を講じてでもジュエルシードを回収し、封印を施さなければ――――

「助けてほしいか」

再び重い声が聞こえる。相手を圧倒するだけかと思われたその言葉は、しかしこの上なく欲しかった一言でもある
現地での協力者。今のユーノにはそれが必要不可欠だった。
当然危険を伴う仕事だ。命の保証もできない。だが、この男ならあるいは、とそう直感した。
そして、その催眠じみた問いに、ユーノは知らず頷いていた。

「承諾した。その願い、叶えよう」

男は無造作にユーノを拾い上げ、そのまま彼を外套の中へしまいこもうとする。
だがその前に―――彼は一つだけ問うた。

「あなたは、何ですか?」

その質問に、男はつまらなさげに答えた。

「魔術師――――荒耶宗蓮」

言葉は神託のように、重く路地裏に響き渡った。