KobeTenken_3Ps@wiki

補助投影機班 > 天の川投影機部


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


概要

 夜空を横切るように存在する光の帯、天の川。その正体は内側から見た銀河の姿であり、膨大な数の星の集団です。本部門では、美しい天の川の輝きを再現する投影機の設計、製作を行っています。

現行機について

現行機の構造

画像を参照してください。(クリックで拡大します)
グラフィックス1.png

現行機の問題点

  1. 投影時にリスフィルムを挟んだ反対側に星が映らない。
  2. あくまで手作業で削った天の川の図のため、正確性に欠ける。
  3. 輝星投影機の完成により、投影機の固定が可能になったため、3方向の可動性が必要なくなった。
  4. ビーズが静電気を帯び、固まって下に落ちなくなってシャッターの役目を果たさない。

新投影機について

新投影機で目指すこと

 現行機の問題を反映して、
  1. →天の川を二つに分け、半球状の投影機を二つ作り南北に取り付ける。
  2. →OHPフィルムに天の川の正規データを印刷し、使用する。
  3. →もっとシンプルな外形構造に(≦新輝星投影機)
  4. →ビーズの素材を静電気を帯びにくい木などに変更する。

新投影機の制作

 詳細な材料・設計は現在考案中です。

このページに関するコメント, 意見は以下にどうぞ.
名前:
コメント:

更新履歴

取得中です。