げんしけん用語辞典@Wiki 東京臨海高速鉄道

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【巻数】
1巻

【ページ数】
113ページ

【解説】
「東京臨海高速鉄道」は、「りんかい線」を運営する鉄道会社の名前。開業当時の名称は「臨海副都心線」で、2000年以後、現在は「りんかい線」の愛称で呼ばれている。

2002年11月まではJR大崎駅までの運行、埼京線への乗り入れが行われていなかったため、新木場駅~国際展示場駅間は正に「世界で最もオタク率の高い列車」だった。2002年12月以後、現在は新木場方面、大崎方面の両方向に乗客が分散され、以前のような混雑も見られなくなった。

【コメント】