げんしけん用語辞典@Wiki 一目惚れ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【巻数】
1巻

【ページ数】
101ページ

【解説】
鳩山「いやぁ一目惚れだそうです」
(略)
明夫「だってよー いかにも外見で判断してますって感じで……」「わっかんねーよな……」「何でよく知りもしねぇ相手を んな簡単に好きになれんのかな……」(五年生2巻86ページ)

明夫「んな簡単に人の事好き好き言う奴なんか信用できるか」「傲慢で相手の事なんかこれっぽっちも考えてねえ」(同125ページ)

[既視感の正体は一目惚れと呼ばれるもの](同194ページ)。

いや意味わかんね。斑目的には一目惚れは却下で幼なじみはオッケーらしい。てゆうか木尾士目的にはなのか。

【コメント】