げんしけん用語辞典@Wiki 腕組み

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【解説】
 いつの間にか笹原のトレードマークになっている腕組みについて考える。

しかし1巻で腕組みをしているのは常に斑目。しかも6話中部室で座る4話全てで腕組み。
2巻でも頭2話で腕組み、骨折が完治したら即腕組み。恵子の話になってようやく笹原が初腕組み。
3巻でもやはり斑目の独壇場、1話と6話だけだけど。
4巻…も斑目だ。春日部さんとクガピー?も参加。
5巻で会議中腕組んでるのは斑目だけ
6巻……斑目さん相変わらず、恵子の進路発表で笹原が久しぶりに組む
7巻で急に笹原が腕組みまくり、勧誘中、部室談義中、コミフェス中ずっと、でもそれ以降無し

結論、斑目に比べると笹原の腕組み歴は短いが、斑目が細い腕で胸の下のほうで組むのであまり目立たないのに対し、笹原の方が腕が太く、深く組むので存在感がある。笹原の腕組みは初期は恵子に対する威嚇の線が強かった。

【コメント】