トップページ/2006年03月21日/NextTrain形式のXML化

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
NextTrainのデータ形式は便利なのですが、いくつか欠点があると思ってます。
  • 「駅名」「行き先」などの情報を、プログラムが認識できない。
  • 急行、特急など、頻出するアトリビュート集合を、共通規約として定義しておきたい。
  • 「アトリビュート」の有効範囲が曖昧。現在のところ、ファイル内のある行で宣言したアトリビュートは、その行以降有効であり、もし同一のアルファベット(キー)に対して有効なアトリビュートが再定義された場合、それ以降再定義が有効になる、という実装が多いようです。
  • アトリビュートの種類が52種類に制限されている。
  • 文字コードが事実上Shift JISになっている。
    • Unicodeに対応しておけば、フランス語、ドイツ語、中国語などもいけそう。

このあたりを踏まえ、NextTrain形式をXML化すると嬉しいのではないかと考えています。最近仕事の関係でRDFについても読み漁っているのですが、RDFで表現しても面白いかも。

例えば、こんな感じでしょうか。
http://newsoc.homeip.net/vnt/tokyo2atami_ver2.xml
バイト数は増えてしまいますが。


カテゴリ: [NextTrain] - &trackback- 2006年03月21日 23:16:20
名前: コメント:
#blognavi
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|