namazu


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

namazu

インストール

PerlApacheをインストールし,CGI実行できるようにしておく。
以下をA Way OutさんとZtenさんよりダウンロードし,この順でインストールする。

libdirhandle-perl_5.6.1-8.2_arm.ipk(本体メモリのみ)
libfile-perl_5.6.1-8.2_arm.ipk(本体メモリのみ)
libtime-perl_5.6.1-8.2_arm.ipk(本体メモリのみ)
libfile-mmagic-perl_1.12-1_arm.ipk(本体メモリのみ)
nkf_2.0.4-1_arm.ipk
kakasi_2.3.4-2_arm.ipk(本体メモリのみ)
namazu_2.0.14-1_arm.ipk


このうち,

libfile-perl_5.6.1-8.2_arm.ipk
libtime-perl_5.6.1-8.2_arm.ipk

については,perl_5.6.1-8.3-5_arm.ipkに既にパッケージされているのでパスする。
また,

nkf_2.0.4-1_arm.ipk

の代わりにコマンドラインにてnkf_2.0.7-1_arm.ipkをインストールしているのでパスする。


ちゃんとインストールされていれば,以下のコマンドでそれぞれコメントが出る。

$ namazu -v
$ kakasi -v
$ nkf -v


あと,なんかリンクがいるらしい。

# cd /opt/QtPalmtop/share
# ln -s /usr/share/kakasi kakasi

設定

namazuフォルダ「namazu」とインデックスフォルダ「index」を作る。

# mkdir /hdd3/Documents/namazu
# cd /home/www/htdocs/
# ln -s /hdd3/Documents/namazu namazu
# mkdir /hdd3/Documents/namazu/index

namazu.cgiをコピーする。

# cp /opt/QtPalmtop/libexec/namazu.cgi /hdd3/Documents/namazu/namazu.cgi

表示用ファイルを編集する。
/opt/QtPalmtop/share/namazu/templateから,以下のファイルをさきほどの/hdd3/Documents/namazu/indexにコピーする。

NMZ.body.ja	検索式の説明
NMZ.foot.ja	検索結果の末尾部分
NMZ.head.ja	検索結果の冒頭部分
NMZ.result.normal.ja	検索結果の表示書式
NMZ.result.short.ja	検索結果の表示書式
NMZ.tips.ja	検索のコツ

namazu.cgiの設定ファイルnamazurcを作る。
「namazurc-sample」を「namazurc」とコピーする。

# cd /opt/QtPalmtop/etc/namazu/
# cp namazurc-sample namazurc

namazurcを編集する。
14行目

#Index  /usr/local/var/namazu/index

Index /home/www/htdocs/namazu/index

21行目

#Template  /usr/local/var/namazu/index

Template  /home/www/htdocs/namazu/index

48行目

# Replace /home/foo/public_html/ http://www.foobar.jp/~foo/

Replace /home/www/htdocs/ http://localhost/

69行目

#Lang  ja

Lang  ja

82行目

#EmphasisTags "<strong class=\"keyword\">" "</strong>"

EmphasisTags "<strong style=\"background-color: #FF4970\">" "</strong>"

インデックス作成コマンドmknmzの設定ファイルを作る。
「mknmzrc-sample」を「mknmzrc」としてコピーする。

# cd /opt/QtPalmtop/etc/namazu/
# cp mknmzrc-sample mknmzrc


namazu.cgiを呼び出して動作を確認する。
http://localhost/namazu/namazu.cgi


namazuインデックスを作る

まずキャプチャしたhtmlデータを保存する場所を/hdd3に作り,リンクを貼る。

# mkdir /hdd3/Documents/ScrapBook
# cd /home/www/htdocs/
# ln -s /hdd3/Documents/ScrapBook ScrapBook

インデックスを作る。
その前に,namazuは実行した場所にインデックスを作成するので,移動する。

$ cd /home/www/htdocs/namazu/index/
$ mknmz /home/www/htdocs/ScrapBook/***/

※「/***/」にhtmlデータの入ったフォルダ名を入れる。
インデックスができたら,「http://localhost/namazu/namazu.cgi」から検索をして動作を確認する。


kakasi辞書の追加(不明な点多し,注意)

医学用語を追加する。
「kakasidict(EUCテキストファイル)」のファイル構造は,

[ひらがな][半角スペース][漢字][改行(LF)]

となっている。
これがインストール時に「kanwadict(バイナリファイル)」となって辞書ファイルとして使われる。
よって医学辞書もこれと同じデータを用意しないといけない。
医学用語変換辞書の手順②’をし,例としてmsmed12dictを用意する。
ここからkakasiのソースファイルkakasi-2.3.4.tar.gzをDLして展開する。
展開したフォルダの中にある「kakasidict」と用意した「msmed12dict」をC3000にコピーする。(ここでは/hdd3/Documents/にコピーした)
「kanwadict」は「/hdd2/usr/share/kakasi/kanwadict」と「/hdd1/usr/QtPalmtop.rom/etc/kanwadict」の2つがあるが,よく分からないので「/hdd2」の方を置き換えてみた。
置き換える前に「kanwadict.orig」とバックアップを取っておく。

# cd /hdd3/Documents/
# mkkanwa /hdd2/usr/share/kakasi/kanwadict kakasidict msmed12dict

辞書を入れ替えたらインデックスを作り直す必要があるらしい。(未確認)


ref