Samba


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Samba

/hdd2/usr/lib/samba/smb.confのバックアップを作成し,編集する。
まず[global]で以下の変更をする。
ワークグループ名を指定する場合は,「WORKGROUP」から書き換える。

workgroup = WORKGROUP

ログファイルを出力する場合は,「/usr/lib/samba/smb.log」などに出力するとよい。

log file = /dev/null

以下を追加する。

hosts allow = 192.168.0. 192.168.1. 192.168.129. 127.0.0.1

ネットワーク接続できる機器を増やすため,「interfaces = usbd0」をコメントアウトし,「eth0」「wlan0」を追加する。

#       interfaces = usbd0
        interfaces = usbd0 eth0 wlan0

次に,ルートディレクトリも共有するため,[root]を追加する。

[root]
        comment = root dir
        path = /
        short preserve case = no
        guest ok = yes
        force user = root


SL-C3000をネットに接続し,ターミナルからSambaを起動する。
以下のコマンドで起動・終了。

# /etc/rc.d/init.d/samba start 
# /etc/rc.d/init.d/samba stop 

そしてWindowsに認識させる。
マイネットワーク>ワークグループのコンピュータを表示する。
Samba~(Zaurus)が出ればOK。
でなければ,アドレスバーに「\\Zaurus」と入れてEnter。

Sambaの自動起動

ネットワーク接続時にSambaが自動起動するようにする。
/home/etc/pcmcia/networkを編集する。
バックアップを取り,91行目からの記述を変更する。

case "$ACTION" in

'start')
    ifup
    start_fn $DEVICE
    ;;

'stop')
    stop_fn $DEVICE
    ifdown
    ;;

case "$ACTION" in

'start')
    ifup
    start_fn $DEVICE
        /etc/rc.d/init.d/samba start
    ;;

'stop')
        /etc/rc.d/init.d/samba stop
    stop_fn $DEVICE
    ifdown
    ;;

ネットワークを再接続して確認する。

Vista(HomePremium)からSambaにアクセスする

LAN Manager 認証レベル チェンジャー for Vistaをインストールする。
「3 : NTLMv2 応答のみ送信する 」から
「2 : NTLM 応答のみ送信する」または「1 : LM と NTLM を送信する 」にレベルを下げる。
(HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa : LmCompatibilityLevelの値を3から2または1に変えるのと同じ。)
が,現在のところ接続できていない……


ref