telnet


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

telnet

LAN経由

/etc/inetd.confのバックアップをとる。
アクセス制御にTCPwrapperを使うので,40行目(With tcpdの方)をコメントアウトする。

# telnet stream tcp nowait root /usr/sbin/tcpd in.telnetd 

telnet stream tcp nowait root /usr/sbin/tcpd in.telnetd 

TCPwrapperを使う。
アクセス拒否の設定ファイルを作成する。

# vi /etc/hosts.deny 
all: all 

アクセス許可の設定ファイルを作成する。

# vi /etc/hosts.allow 
all: 192.168.0. 
all: 192.168.1. 
all: localhost 127.0. 

telnetデーモンを再起動。

# /etc/rc.d/init.d/inet restart 

TeraTermでログインすると「zaurus login:」と出るので,「zaurus」と入力すればOK。

USB経由

(あとで編集する予定)
ZaurusにアクセスするWindowsでコマンドプロンプトを起動し,
> ipconfig /all
でローカルネットワークのIPアドレスが出現するので,
それを/etc/hosts.allowに記述すればOK
今回は,all: 192.168.1.を追加
そして,SL-C3000の方も,設定>PCリンク>PC連携方式>通信方式をUSB接続(ネットワーク)にする
USBで接続して

# ifconfig &br

でusbd0のIPアドレスを,TeraTermのtelnetに入力すればOK
これでUSB接続のみでWindowsからSL-C3000のターミナルにログインできる