ターミナル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ターミナル

qpe-embeddedkonsole-ja

  • qpe-embeddedkonsole-ja_1.6.0-jinput3_arm.ipkをインストール
  • 「アプリケーションをVGA(480×640)の画面に最適化して実行する」のチェックを外す
  • 「ルート権限で実行する」にチェック
  • 「Fn」+「Q」でメニューを出し,Fontを「lcfont(20dot)」にする
  • 日本語入力の設定
    # vi /home/zaurus/.inputrc
    set convert-meta off
    set meta-flag on
    set output-meta on
    

と作成してコンソールを再起動。

  • キーバインド
    • 「Fn」+「1」 次のセッション(端末画面)に移動
    • 「Fn」+「2」 フルスクリーン
    • 「Fn」+「5」 新しいセッション(端末画面)を開く
    • 「Fn」+「Q」 設定メニュー
    • 「Fn」+「A」 ペースト
    • スタイラスで文字を選択 コピー
    • 「Shift」+「↑」「↓」 スクロール
    • 「Tab」 補完
    • 「↑」「↓」 履歴

起動時シェルの変更

root,telnet時でもbashにしておく。
/etc/passwdのバックアップを取り,以下のように変更。

root:x:0:0:root:/home/root:/bin/sh
……
zaurus:x:500:500:Zaurus User:/home/zaurus:/bin/sh

root:x:0:0:root:/home/root:/bin/bash
……
zaurus:x:500:500:Zaurus User:/home/zaurus:/bin/bash

rootのパスワードを設定

# passwd

で2回パスワードを入れる。


ref

  • Linuxザウルスの達人